PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 日高2デイズエンデューロ 天国のコース

今年の日高のコースは例年以上に厳しかった。
走り応えがあり達成感も大きかった。

hidaka1.png

素晴らしいコースを動画であなたも走ってみよう!

それぞれが10分以上あってほぼ1周と長いのでのんびりと見てください。
どうせ中級クラスの下見走行ですw












| エンデューロ | 00:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 日高2デイズエンデューロ 参戦 前編

記憶が無くなる前に何とか年内アップ・・・


9/21、23に行われた日高2デイズエンデューロに今年も参戦してきた。


Day0

金曜の昼過ぎに会場の日高高原荘に着いた。

少なっ!
パドックとなる日高高原荘前の駐車場はいつもはトランポとテントで一杯だが、今年はガラガラ。
今年は全日本エンデューロ選手権のシリーズに入っていないのでポイントに関係ないし、
いつも来ていた赤ゼッケンの人たちは同じ時期にイタリアで行われるISDEに参加している。

「ポイントとか関係ない。でも日高が好きだから来る」
今年来ている人たちは僕も含めて日高のファンと言えるだろう。

サイクロンさんたちの分を適当に場所取りをしてさくっと受付と車検を済ませた。
DSCN1450.jpg

参加台数も少ないのでスタッフさんものんびりしている。
DSCN1456.jpg

そして夕方から日高高原荘で開会式が行われた。
IMG_7699.jpg

明日の朝から車検を受ける人が多いらしくパルクフェルメニは寂しい台数しかいなかった。
IMG_7701.jpg

そして我々は日高青少年の家にチェックインした。



Day1

朝から車検を受ける人たち。
IMG_0657_R.jpg

今日のタイム設定はBかあ。晴れているけどコースはやさしくないということだ。
IMG_7707_R.jpg

今年のコース。1日目。新しいルートも加わりどんなコースだろうとワクワクしてくる。
hidaka1.png

今年は39人の日高ファンが参加した。
DSC01397_R.jpg

そしてレースはスタート。
第一組はED-IAの和泉 拓選手とZIP社長
DSC01391_R.jpg

スタートしたらいきなりスキー場裏の山の中に連れ込まれたw
無題1
曲がりながら濡れた鉄の足場を渡る!
やばい、落ちるw

ぬかるみと轍と木の根に翻弄されたらもう眠気は吹き飛んだ。
無題2

草地のパリティーは轍だらけ

テレビ塔からの下りは左がほぼ崖の激細キャンバー走行(雨降ってたら地獄だな)
無題3

アラビアンホース牧場は相変わらず気持ちいい!
無題5

変化に富んだエンデューロテスト1は走ってて楽しい
無題7
と思ったら出口付近はぬかるんでる
無題8
誰かと思ったらフッキーさん!
無題9

エンデューロテストを抜けたところがTC1だ。そこそこのペースで走って15分近く余裕があった。
DSC01402_R.jpg


新コース部分も気が抜けない。
川渡りが何度もあり、川から出るところが特にやばい。

ぬかるみに木が敷いてあると思ったら簡単にはまるし
無題10

道が無かったりして気が抜けない。

やばい!過去5年の日高の中で一番厳しい。ちょっと気を抜くと簡単にトラップに引っかかってしまう。
しかし楽しい!
DSC01406_R.jpg

そして3周はあっという間に終わってしまった。

ワーキングタイムではタイヤ交換はせずに保安部品の修理。
そして無事にパルクフェルメにバイクを入れた。

CLUB クラスの我々より1周多いENDURO クラスのライダーが帰って来た。
それから始まるタイヤ交換祭り。
IMG_0683_R.jpg

IMG_0685_R.jpg

IMG_7726_R.jpg

IMG_7724_R.jpg

ISDE行きが目前に迫っているりんちゃんが手伝いに来ていた。今日これからイタリアへ向かうの!?
IMG_0690_R.jpg

嵐が過ぎるとパドックは急に静かになった。

僕たちは日高高原荘の温泉に入り、宿へ戻った。


フリーライドツアーに参加したサイクロンの女性スタッフさん。
川渡りで水没したそうな。
パドックで水抜き作業。
IMG_7713_R_201312300019241fd.jpg
「川の水は冷たかった~」だそうなw



続く・・・

| エンデューロ | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2ストパインパイン

今年の夏に2ストYZ250を買った。

DSCN2046.jpg

2ストは元から好きだし、昔は乗っていた。というか2ストしか無かったし。
あのパイィィィィン!と天井知らずに吹け上がるエンジン!
気持ちイイイイイイイン!
2スト乗りが体に染み付いているので4ストに乗ってもついついレブるまで回してしまう。
早くシフトアップした方がいいのは分かってるんだけどね。


で、久々に乗った2ストは、



恐ろしい!こ、こんな暴力的な加速だったっけ?
僕を振り落とさんばかりにグワー!と加速していく。
コーナーでパワーバンドに入ろうものならどこに飛んでいくか分からない。
しがみつくので精一杯。
ガチガチの硬いサスペンション。高い重心。

もう目が、体がまったくついていかない。
ええ?モトクロッサーってこんなに乗りにくかったっけ?
僕の中でベスト2ストは2000年頃のKX250だがそれはもうちょっとライダーにやさしい部分があった。
しかしこのYZ250はやさしさの微塵も感じられない。
モトクロスコースなら最高!と思えるのだが、僕が普段走るのはエンデューロ。
こいつと付き合っていくのか・・・
すぐに馴染めると思っていたがその日が来るのはかなり先になりそうだ。

と、とりあえず乗らなきゃ。たくさん乗ってYZに慣れなきゃ。




追記
ちなみにHOPの林間コースで同じ場所で加速する動画比較

CRF250X


YZ250


下がぬかるんでてホイルスピンしてるのにこの勢い!


| エンデューロ | 16:09 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あえて書く

個人のブログなので個人的な感想を書きます。


12月になってあちこちで忘年会などのパーティーが開かれてますね。
12/7に北海道MFJエンデューロ部の年間ランキング表彰式がススキノで行われました。

DSCN2155.jpg

会場のイタリアンレストランにはライダーや関係者、30名弱が集まり一年間の努力を称えました。
DSCN2166.jpg

僕はそれを白けた思いで見ていた。


「パーティーの差額はどこに行くんだろうね」
きっかけは友人の何気ない疑問だった。
差額?
そういえばレストランのパーティープラン3980円
MFJが示した会費4500円とMFJの方が520円高かった。
料理を追加したのかなと思い、メールで参加を申し込む時に同時に
軽い気持ちで差額について尋ねてみた。
数日して返って来たMFJからのメールには想像の斜め上をいくことが書かれていた。


>1名様出席で承ります。

この年間表彰式はMFJ北海道エンデューロ部会で運営しております。
パーティープラン+αの部分は、司会者や受付係の手配、賞品の手配にかかる経費等とご理解ください。

□============================================□
北海道モーターサイクルスポーツ協会 ○○ ○


え?

表彰式の時に渡す賞品をパーティー参加者からお金を取って買うの?
そういうのって主催する側が「良く頑張りました」って用意するものじゃないの?
セコイ!セコ過ぎるwwwwwwww

参加を止めようかと思ったけど、もう申し込んじゃったしお世話になってるチームの人たちが素晴らしい成績を残したので祝福したく参加することにした。

そして表彰式が開かれてみると司会者はMFJの人だし、受付はいつもレース場に来ている主催者側の女性だった。
メールで書かれているようなお金が掛かるプロの人じゃないのね。
友人は見事クラス年間ランキング1位になり盾と賞品のユニクロ製品もらって喜んでる。
いや、その賞品自分で買ったやつだからwwww

なんて言えねえwww


パーティーの締めに「エンデューロを盛り上げていきましょう!」と言っていたけど、こんな一般人の感覚とかけ離れた人たちに出来るのかと思った。

表彰式参加者からお金を集めて賞品を買ったというのなら残金はどうしたのか?
そのままMFJ北海道エンデューロ部が懐に入れたのか?
事前に参加者への説明も無く、領収書の開示も無いのならそう疑われても仕方が無いということを思わないのか?
まるで他人事。お役人気分。
「たった500円ちょっとのお金でギャーギャー言ってるお前の方がセコイ」と思われるかもしれない。
でもこういうのは金額の問題では無い。
信頼されるにはまず透明性がなければいけない。

現場で本当に頑張っている人たちが報われない。
ライダー人口はどんどん減っている。
MFJ北海道エンデューロ部に緊張感はあるのか。




| エンデューロ | 16:54 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 日高2デイズエンデューロ ファイナルクロス動画

毎年これだけは異常に燃える!
このためだけに厳しいコースを2日間走ってるようなものだ。
毎回いいところまで行くのに・・・

CLUB 1 クラス


今年は・・・





勝った!

| エンデューロ | 19:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 日高2デイズエンデューロの写真

9/21~22で行われた日高2デイズエンデューロに参戦してきました。
最高の天気。
美しい自然。
そして厳しいコース。

日高はやっぱり最高だった。
レポートはこれから書きますが、まずは日高で撮った写真をアップします。
IMG_1076_R.jpg
IMG_0941_R.jpg
IMG_7810_R.jpg

ウェブアルバムはこちら

| エンデューロ | 21:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 恵庭エンデューロ 参戦

無題

8/25に行われた恵庭エンデューロに参加してきた。


土曜日


土曜日の午後に家を出たら突然の豪雨。
CA3I0276.jpg
会場は大丈夫かなと心配したけど、恵庭はそんなに降ってなくパドックは水没は免れた。
まだ5時前だったけどたくさんのバイクが車検を終えてパルクフェルメに入っていた。
IMG_7565.jpg
奥に見えるコーステープはスキー場の斜面に設けられたSS-1。
直登&グネグネ下り。曲がるの難しそう・・・

可愛い女性たちがいるテントで受付を行って、早めに車検を受けた。
IMG_7563.jpg

もう恵庭のステッカーも6枚目か。
IMG_7566.jpg

1台場違いなバイクがあるけどw、それは雨先生!
IMG_7572_2013083123460636f.jpg
BMW・・・観戦ですよね?
IMG_7585.jpg
ぞくぞくと車検を受ける人たちが。
IMG_7573.jpg



8時前に高見道の人たちが来たのでそれから焼肉!

楽しいけど僕は夜勤明けだったので早めにダウン・・・


日曜日

朝から受付車検する人も多い。
IMG_7589_201309011131229b4.jpg
大人気の恵庭エンデューロは200台以上のエントリーがあった。
IMG_7595.jpg
やっぱり雨先生のKTM530ラリー仕様は二度見してまうw
IMG_7604.jpg

晴れてきた♪
オレンジのチームが大挙出場
IMG_7599.jpg

ライダースミーティング。
IMG_7623.jpg
時速100キロ以上出る林道レースですからね。真剣に話を聞くライダーたち。
IMG_7611.jpg
IMG_7697.jpg


パルクフェルメでスタートを待つライダーたち
DSC01369.jpg
レディースライダーも目の前の激坂クネクネSS-1を走ることになり、超ブルーな銀ちゃんw
DSC01368.jpg
9時過ぎに僕の組のスタートだ。(写真は2周目)
無題

スタートしたものの同時スタートのライダーにあっという間に追い抜かれ、
終いには30秒後にスタートしたライダーから抜かれる始末w
「おっとっと」下りの逆バンクヘアピン難しい。
ふう、やっとスキー場のSS-1が終わった。

そしたら公道を6~7分走ってSS-2へ移動。
無題2

タイムカードをもらってSS-2のスタートだ。(これは2周目)
無題3

5,4,3,2,1、GO!
広い林道を全開加速。
2,3,4速とシフトアップ。
ビュンビュンと路面が流れる。
グオーグオーと木々が飛んでいく。
そして森は緑一色へと融けていく。
無題4

しばらく走っていたら猫社長+YZ250がアウトから抜いてきた。
だいぶ後ろからスタートしたはずなのにもう来たか!
元気がいい走りでとてもついていけない。ぶっ飛びそう。
そしたらZIPの社長+KTM350フリーライドも抜いてきた。
しかし相変わらず元気が良すぎてコーナーオーバーランしたり、分岐を間違ったりしてすぐに追いつくw
だが彼が安定した走りを取り戻すとどんどんと小さくなっていった。

うーん、あんまりアクセル開ける気がしないのはなぜだろう。
エンジンは快調でレブるまで回るが、加速がやや緩慢でスピードが乗るのに時間がかかる。
スピードが出るレースだということで最高速を稼ぐ為にリヤスプロケットを2T小さくしたのが原因か。
アクセルとリヤタイヤの一体感が乏しい。

分岐が現れた。SA、Aクラスは左へ曲がりフルコースへ。それ以外はショートカットコースへ。
うええええ!路面はツルツルヌタヌタの黒土に変わりバイクが真っ直ぐ進まない。
コケないようにそーっとそーっと走ってやっと抜けた。
コースは合流するとBクラスの一団に飲み込まれた。
一緒になって爆走すると突然目の前に逆走してくるバイクがあった!
みんな手首をぐるぐる回し「UターンUターン」と合図している。
「ミスコースか・・・?」
とにかくこのまま走り続けると危険なのでみんな路肩に停止した。
「分岐あったっけ?」
「何も無かったよなあ」
みんな???と首を傾げている。
しばらくその場で待っていたが埒が明かないのでゆっくりゆっくり戻ることにした。
すると直線コースを通せんぼするように枯れ枝を置いてるマーシャルさんがいた。
あ!あの手前で左に曲がるんだったの?見ると細い枝道の横にオンコースマークがあった。
コーステープは千切れていた。
オーバーランしてテープを切ってそのまま放置していったライダーがいたために
後続が大量にミスコースしてしまったようだ。
マーシャルさんをよく見ると河村健ちゃん!マーシャルじゃないじゃん!参加ライダーじゃん!
このままでは危ないということでレース中にもかかわらずコースの処置をするなんてライダーの鑑!

赤ゼッケン#6のCRFがえらい勢いで抜いていった。右手の引き絞り具合が半端無い。
先にスタートしているはずなのにこんな所なんてどっかでミスコースしたか?
大きな水溜りを避けるルートを選択した彼は結果的に遠回りをすることになり僕の後ろでコースに戻ってきた。
まったくペースが違うので先に行ってもらうと彼は手を上げて抜いていった。

長い、長いコースだ。なかなかゴールは見えない。今回は狭い所が多い気がする。
年々トップギヤ吹け切りなんていう区間は短くなってきていると言おうかこま切れになってる。

バカっ速いBクラスのライダーに抜かれても動じることなく淡々と走り続ける。
Aクラスはコースが違うから比較できないんだよと負け惜しみをつぶやきながらw

最後に赤土ヌタヌタ下りの激轍部分を抜けたらやっとSS-2のゴールだ!
ふう、また舗装路を走ってスキー場まで戻る。これで1周かー。

2周目をちんたら走っていたら突然レブったエンジン音が聞こえた。
と思ったら白いハスクバーナがズバッと現れ、エンジンレブりながら左右に尻を振り、
そしてあっという間に見えなくなった。
なんじゃあ!あれは永木さんか!速すぎる!完全にモトクロス乗りだ!
2周目は順調に終わった。コースはもうミスコースの心配がないほどに対策されていた。
パドックでは何台ものバイクがパンク修理をしている。
走りやすい林道とはいえ石とか隠れてるからなあ。

2周目終わった時点で持ち時間は残り2時間。1周1.5時間くらい掛かるからあんまり余裕無いな。
給油だけ済ませて最後の3周目へGO!

1周60キロだとコースのあちこちで天気も違ってくる。雨が降ってきた。
あのヌタヌタが雨だと地獄になる。
かなりチュルチュルになっていたが通るのはSAとAクラスだけなのでコースも荒れず、転倒2回だけで抜けることができた。
フロントタイヤがおかしい。どうやらパンクしたようだ。
エンデューロタイヤはモトクロスタイヤみたいに一気に逃げていくことがないので驚いた。
石さえ用心すればこのまま走れそうだ。
ただでさえ薄暗い森の中はもう夜になったかと思うくらいに暗く、路面の凸凹さえよく見えない。

そして3周が終わった。ふー長かった。200キロの林道爆走レースは無事に終わった。
パドックは晴れていた。

IMG_7637.jpg
大きなラリー仕様で走った雨先生。
「ラジエター吹くくらい押した、押した」と大変だった様子。
「雨降ってきたから3周目走るの止めた」止めたんですかw
IMG_7630.jpg
居酒屋みたいなアマゾンピット!
IMG_7633.jpg
マフラー落っことしたKTMさん。ナンバーも脱落。奥のKXもナンバー無し。
DSC01375.jpg

200キロも林道走ればパンクしたりナンバー落としたりヘッドライト割れたりと、ダメージが大きいです。
僕のCRFは・・・大丈夫!CRF丈夫だわ!
DSC01372.jpg


んで表彰式。雨が降ってきた・・・
IMG_7652.jpg
IMG_7654.jpg
IMG_7664.jpg
IMG_7677.jpg
IMG_7681.jpg
優勝は谷口さん!ベストラップも谷口さん!

みなさんお疲れ様でした。
リザルト

僕ですか?ええ下から数えた方がメチャ早いですw

2周目の動画は前回の記事で載せてます。

これで北海道の夏のレースが終わりました。
次は秋シーズン・・・
IMG_7683.jpg







| エンデューロ | 01:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 恵庭エンデューロの動画

8/25に行われた恵庭エンデューロに参加してきました。
とりあえずそのツーリング(泣)レース動画をアップしました。







リザルトやっと出た

記事はもうちょっと後で・・・

| エンデューロ | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 ルスツXCの動画

7/28に出たルスツXCの動画です。
1周通しではなく、こま切れですが雰囲気は伝わるかな?
長いのもあれば短いのもあります。

スタート~


早速Bクラスに抜かれ・・・


猫社長の開けっぷりに驚き


3周目かな?登りに失敗したライダーたち


またもBクラスに抜かれ・・・


やっと1時間近く経過・・・


雨先生と加藤さん発見!



みなさんお疲れ様でした。

| エンデューロ | 23:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 ルスツXC 参戦

ルスツスキー場でバイクレース?

ルスツといえば北海道でも最大級のスキー場だ。
冬はたくさんのスキーヤーやボーダー、そしてあまり雪に馴染みが無い外国人までも大勢がやって来て北海道ならではのパウダースノーを堪能する。そして夏は夏で規模が大きい遊園地が営業されるところだ。

スキー場をバイクで走るなんていうのはオフロードバイク乗りならみんな夢想するだろうが、それがルスツで実現するとは思ってもみなかった。
考えてみれば夕張エンデューロはレースイスキー場の一部を使って行われるが、レースイとルスツスキー場は同じ会社だということに今気が付いた。
初めての開催地。それも大規模なスキー場でやるなんて聞いたらもうじっとしていられない。

コース全容(夕張XC-EDのサイトより)左回り
rusutsu.jpg

もう久しくレースに出ていない。最後に出たのは去年の10月以来か・・・え?9ヶ月振り?
今年のゼッケン番号なんてやっと知ったくらいだw
IMG_7371_201308181710461a7.jpg

7/28 天気は雨。ルスツに向かう時には土砂降りだった。あ~スキー場の坂登れるかな?
幸い会場に着いた時には雨は止んだがまたいつ降り出してもおかしくはない空だ。
告知期間があまり長くなかった割には多くのライダーが来ていた。

ああ、レース場で会ういつもの顔だ。同じ趣味の人たちと同じ空間にいるというのが心地いい。
コースはスキー場の山を丸ごと使った一周12キロのコースらしい。
おー緑と白の違いはあれど、見覚えがあるレストハウスだ。
IMG_7374_201308181712108ac.jpg

車検に並ぶライダーたち。
IMG_7368.jpg
中央でライダースミーティングを行う畑さん。
IMG_7380_20130818171452bde.jpg


下り斜面に各クラス横一列に並び左ヘアピンの後そこから登りだ。
前列のSAクラスがえらい勢いで山の向こうに消えていった。
無題

そして1分後に我々Aクラス。
完全なスタート失敗。ほぼ最後尾で後ろをついていく。
左右にちょっと曲がった後はアクセルはずーっと開けっ放し。
草の背が高くてコース幅は広くはないが、思ったよりグリップも良いしギャップも無いので安心して開けれる。
どこまで登りが続くんだ・・・と心配になってきたところでやっと下りになった。
うっ!苦手な一本ライン。先行車はどんどん小さくなっていった。

しばらく単独走行を続けていたら岩場で早速抜かれたw 
ええ?1分後にスタートしたBクラスがもう来たの?
DT200WR?そしてもう一台抜いていった。あれは内藤さん+CR250か。
様子見ながら走っていたら内藤さんは登りの入り口で転んでいた。張り切り過ぎw
DT200WRは登りのスピードが遅かったのでなんとか抜けた。
そしたらTomoさん+WR250Fが抜いていった。みんな速いなあ。しかし登りで失敗していたところを抜いた。
AクラスなのにBクラスの人たちと争っててどうするwww
ちょっと早めに1時間ちょっと経過したところで給油。もうピットインしなくて大丈夫かな?

レース中盤で飯田さん+YZ250Fが抜いてきた。とうとうSAクラスに周回遅れにされちゃった。
と思ったと同時に久保田さん+KTM350EXC-Fと猫社長+2ストYZ250が続いて抜いてきた。
すげー、3台でトップ争いしている!

長い登りで失敗して途中で止まっているバイクが多い。CRFは快調で登れない気がしない!

レースもそろそろ終盤だ。僕は転倒もなく坦々と走り続ける。一体何位くらいなんだろう。

登りでプスプスとガス欠気味な症状が出た。え?一回給油で済むと思ったのに。
あと1周はたぶん持たない。めっちゃ燃費悪いやん!
パドックに戻ると残り時間20分。だめだ。入れなきゃ。

坦々と走っていたらSA飯田さんがまた抜いていった。速過ぎ!これで2周遅れw 

これで終わりと思ってパドックまで来たらまさかの残り4分!
ええ、もう1周行くの?ガソリン持つかなぁ。

んで、無事にゴールしました。
ふー楽しかった。天気も何とか持ち、地獄を見ることもなかった。
しかしカチカチのドライだったら単調だったかもしれない。
いやスピード出すぎて返って危なかったかも。
スタート前までの雨がいいスパイスになった。
結構岩場で転んでいる人いたなあ。みんな飛ばし過ぎ!
軍曹なんてチャンバー潰してリタイヤだし!
IMG_7392_20130818224655634.jpg
IMG_7393.jpg

結局3時間ちょっとで140キロ走ってました。平均速度は45Km/hくらい!


そして表彰式。
写真だけ並べますw 左から1位
FUNクラス
IMG_7398.jpg
Bクラス
IMG_7399_2013081817255615b.jpg
Aクラス
IMG_7401.jpg
SAクラス
IMG_7403_201308181725541a9.jpg

ルスツはじゃがいもなど農産物が有名なところなので、商品は北海道野菜詰め合わせ!
表彰終わってもこれだけ残っているのでジャンケン大会!
ええ、当然負けましたさ。
IMG_7404.jpg

ライダーの憧れスキー場レース。
出来れば本州のレースみたいに盛り上がって欲しいと思いました。

リザルトはこちら

動画を準備中です。


| エンデューロ | 17:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。