PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

礼文島 3

翌朝は風も無く快晴だった!これはトレッキング日和だ。
宿の主人からフェリー乗り場まで送ってもらい、そこから歩き出すつもりだったが、
そのまま峠のスタート地点まで送ってもらえた。
宿で一緒だった女性と3時間くらいの?桃岩コーススタート。
DSCN2805.jpg
もう、昨日の天気がウソみたい!
青い空と青い海と緑の島。たくさんの花。
DSCN2820.jpg
DSCN2821.jpg
DSCN2816.jpg

島の南端には映画「北のカナリアたち」のロケ地になった小学校があった。
DSCN2837.jpg
素晴らしいロケーションの学校だ。

帰ってからレンタルDVDで映画を見たが、あまりの暗さに途中でギブアップw

午後の便で稚内へ向かう。
DSCN2840.jpg

稚内から真っ直ぐ帰るのももったいないので、宗谷岬へ。
今日はサハリンが良く見えるなぁ。稚内からフェリーが出てるんだよなぁ。
DSCN2847.jpg

5年振り?くらいの礼文島はやっぱり良かった!




| 未分類 | 18:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

礼文島に着いた

朝早くからフェリー乗り場に移動。早過ぎてまだ開いてなかった。
この船で行くのか?風邪が強くちょっと揺れるかも。
DSCN2704.jpg

朝一のフェリーは大混雑で横になるスペースなんて無かった。窮屈さと揺れを2時間我慢すると礼文島に着いた。
降りる人と乗る人でフェリー乗り場はごった返す。
DSCN2706.jpg

うーしかし天気が悪いなあ。50メートル以上は雲の中だし。山登りしても何にも見えないなあ。
どこへ行こうかとぐだぐだしていたら、数少ない島のバスはとっくに無くなっていた。
あちゃー。え、ここで2時間次のバスを待たなきゃまらないの?
昼のバスで島の北端まで行く。
島の北側の天気はちょっとはマシか・・・
DSCN2712.jpg
おお!野生のアシカが群れでいる!

礼文島北端のスコトン岬に着いたが、風が強過ぎる。
DSCN2714.jpg

まあ雨は降らなさそうだ。4時間のトレッキングコースを歩き出す。
DSCN2726.jpg
海風が強いところでは体が持っていかれそうになる。
DSCN2728.jpg

コース終盤のところでは「レブンアツモリソウ」が咲いていた。写真ではスズランみたいな小さい花かと思っていたら直径5センチくらいある大きな花だった。小さいから可愛いんだってw
DSCN2739.jpg

やっと海岸の町?集落に出て、バス停小屋で休憩。
散策路を歩いてちょっと早めに投宿。
風呂入ってビールじゃー!
晩御飯は・・・もうちょっと頑張って欲しかった。冷めたフライに冷めた煮付け。期待していたウニは蒸しウニ?
DSCN2762.jpg

雲は相変わらずビュービュー流れている。
DSCN2759.jpg

しかし夕陽はキレイだったな。
DSCN2767.jpg







| 未分類 | 16:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

礼文へ

そろそろ礼文島の花々が咲き乱れるころだ。
ということで道北へGO!
空知平野の国道12号を北上していたが道は直線な割りに信号と交通量が多くなかなか進めない。
で一本海側の国道275号を走る。すると鶴沼ワイナリーの看板があった。
ん?この辺だったのか。ちょっと寄り道して行こう。
DSCN2671.jpg
DSCN2670.jpg
ぶどう畑の中に小さな小売店があった。
店の人に聞くとここは「小樽ワイン」の子会社らしかった。鶴沼はブランドらしくそこそこな値段がする。
普段セイコマの500円ワインを飲んでいる身には少々居心地が悪いw

日本海を北上。だんだん天気が悪くなってきた。
DSCN2673.jpg

せっかくなのであの「三毛別」に行ってみよう。
途中の看板は全くのどかだ。何を考えているのだろうw
DSCN2683.jpg
誰もいない林道のずっと先で、おどろおどろしい看板が出迎えてくれた。
DSCN2685.jpg
いや、これやば過ぎるってw
DSCN2687.jpg
睨まれたらもう死ぬw
DSCN2688.jpg
空は暗く雨は激しくなり、雷も鳴り出した。ひえー
三毛別事件

そのままオロロンラインを北上。天気が良ければ最高の景色なのに。
DSCN2694.jpg

その日は稚内の道の駅に車中泊。







| 未分類 | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月連休

5月
いつものように道東へGO!
今回はベタな観光したなあ。
DSCN2525.jpg
網走に行き、
DSCN2537.jpg
20年?25年振りくらいに監獄を見学
IMG_5651_201410251539081c3.jpg
昼食は監獄定食・・・こんな贅沢なものを食べてるのw?
DSCN2538.jpg

周りに雪が大量に残る神の子池
IMG_5702.jpg
摩周湖は辛うじて湖面が見える
IMG_5739_20141025154333277.jpg

厚岸に行き、牡蠣を買い、釧路の友人宅で食す。
ウンメー!牡蠣ってこんなにおいしかったっけ!
DSCN2574.jpg

翌日は釧路高山のシーズン初モトクロスレースを見学
写真はこちら
IMG_5764_20141025154803fe4.jpg
IMG_6688_201410251548056a6.jpg
IMG_7912.jpg

遅めの昼食ということで釧路のB級グルメに連れて行ってもらった。
スパカツ 量がすごいwww
DSCN2578.jpg
シーフードスパ? 器からはみ出すのはデフォw?
DSCN2579.jpg
マルちゃん夫妻お世話になりました。


あっという間に連休終了。





| 未分類 | 15:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューマシンとトランポ


そろそろ春の声が聞こえてくる頃、知人が乗っていたKTM125EXC買った。
YZ250をエンデューロ向けに改造するつもりだったが手っ取り早くエンデューロバイクを買ってしまった。
レース場でオレンジ色ばっかり見ていたせいか、やっぱりオレンジに乗りたかったんだなあと思う。
しかしもうガレージはバイク6台に占拠されており、7台目が収まる場所は無かった。
バイク3台を嫁に出す。広くなったガレージにはやっと整備スペースが出来た
とりあえずKTMをノアに積んでみよう。

セカンドシートの左側を外し、
DSCN2471.jpg

運転席後ろに金具を取り付けたら
DSCN2481.jpg
バッチリ収まった。
DSCN2482.jpg
バイクをいっぱい左側に寄せたらシートも使える。
右側跳ね上げサードシートも使えばバイクを入れたままベッドの完成!
DSCN2487.jpg

ハイエースよりかは狭くなったので、荷物はとりあえず放り込めという訳にはいかなくなったのが難点かw

雪融けを待ちきれず近所の林道に試走に行ったら、
DSCN2502.jpg
早速スタンドの先っぽが失くなったw
DSCN2504.jpg

| 未分類 | 12:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミニバンとモーターショー

2014年3月
で、ミニバンのノアに乗り換えた。
ハイエースは古くても人気があるので思った以上に高く下取りしてくれた。
バイク積むにはハイエースは最高だ、がそれ以外の利点はあるのか?
ノアでもセカンドシートの片側を外して、ちょっとフロントサスを縮めれば余裕でフルサイズのバイクが積める・・・はず。
バイクは1台しか積めなくなったが(無理すれば2台・・・?)4年半ハイエースに乗って2台積みしたのはたった2回w 
おいらにはハイエースは必要なかったんや・・・

ミニバン凄い。静か。快適!普通に音楽が聴ける。
燃費がいい!軽油からガソリンに変わったがその価格差以上に燃費がいい。
すごいね、今の乗用車は。前に乗ってたステップワゴンは最高で12キロ/Lくらいだったかなあ。

納車の日に札幌バイクショーに行ってみた。
DSCN2384.jpg
外国メーカーの頑張りがすごく、日本車は完全に埋もれていたなぁ。
個人的に一番カッチョエエ!と思ったのはこのZ!
DSCN2375.jpg
マッドマックスの世界w

北国らしくスノーバイク?ちゅうの?がたくさんあった。いろんなメーカーがあるのね。
DSCN2365.jpg


会場には佐藤夫妻が出品していた。
加代子さんが開発した「だし」はメチャメチャおいしい!
一片の曇りも無くすっきりとした出汁で、とても上品な味だ。
DSCN2389.jpg
左端は敏光さん。

トークショーにはなんと敏光さんが出ている。あちこちに話が脱線するのが面白い。
DSCN2399.jpg


ミニバン快適♪


| 未分類 | 12:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の朝のドキドキ

ブログを長期間放置しているともう何をやったか忘れるねw
今年もシーズン終わりが近づいてきたので、とりあえず記録しとこう。

2013年12月
冬の朝ハイエースのエンジンの掛かりがやたらと悪かった。危うく会社に遅刻しそうになる。
仕事終わった帰りにホームセンターでバッテリー購入。3万円也。
ディーゼルエンジン用の大きなバッテリーは高い。しかしこれでこの冬は安心♪
15147120_2031492058_84large.jpg



2014年正月明けの朝。エンジンの掛かりが悪いぞ。またか!
車の修理屋さんに持っていくと「オルタネーターが悪いですね。部品代で7万円くらい掛かります」
「7万円ですかかか!」目の玉が飛び出た。
ハイエースはもう27万キロ走っている。エンジン自体は快調だが補器類が次々と壊れる。去年はエンジンのグローも逝った。いつ止まってしまうか分らない。安心して乗れないのが一番いかん。


乗り換えるか・・・

| 未分類 | 11:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014 正月休み

もう1月が終わろうとしているw
記憶の記録・・・

12/31 
恒例の道東行きに出発。
今年は雪が少なく長距離も安心。
阿寒の山々もその姿を現してくれた。
DSCN2207_R.jpg
夕暮れ時だったので摩周湖へGO!
IMG_2564_R.jpg
夕焼けの名残がどんどん上空へ逃げていく。

暗くなった頃いつもの宿に着き、すぐコタン温泉へGO!
湖畔の温泉は貸切状態。湖に浮かんでいるハクチョウ達の声が聞こえる。
空を見上げれば湯気の合間から天の川が見えた。

今年最後の夜はゲームや紅白を見たり年越しそばを食べたりして更けていった。
DSCN2211_R.jpg

新年明けましておめでとうございます!
DSCN2212_R.jpg

美幌峠に初日の出を見に行く人たちは早めに寝たが僕が寝たのは2時頃だったかな?
なんてこった。同室の人みんないびき掻いてやがる・・・


1/1
ごそごそとした物音で目が覚めた。どうやら初日の出ツアーに出発するらしい。
ん・・・と窓の外を見るとバンバン雪降ってるじゃん!
それでも行くの?・・・僕は寝ますw

朝起きると完全な悪天候。初日の出ツアーも途中で戻ってきたらしい。20センチくらい積もったか。
DSCN2213_R.jpg

元旦の朝は特別料理。雑煮がおいしい。
DSCN2217_R.jpg
みんな写真撮影に忙しいw
DSCN2215_R.jpg

朝のんびりしているとどんどん天気が回復してきた。
DSCN2221_R.jpg

これは活動しなくては!ということで藻琴山へ行った。
スノーシューを履いて雪面を登っていく。
北風が強い・・・!雲がびゅんびゅん流れていく。
雪の下は這い松地帯だがスノーシューだと真っ直ぐ登っていける。
しかし雪が降ったばかりで締まっていなく、しかも全体的に雪が少ないので足がズボッと雪を突き抜けてしまい歩きづらい。先客の踏み跡を辿ると多少マシだ。
DSCN2232_R.jpg
木に着いた雪は風上に向かって成長していく。
DSCN2229_R.jpg

あーだめだ。山頂は雲の中だし風も強いので今日はやめよう。
夏の展望台の風が来ないところで昼メシ。
DSCN2248_R.jpg
DSCN2245_R.jpg
遠くには白い知床連山が見える。
DSCN2254_R.jpg
中腹はこんなに天気がいいのになあ。
DSCN2257_R.jpg

夜は肉や海鮮のバイキング料理でしこたま食う! で、勝手丼。
DSCN2266_R.jpg

お茶(酒?)の時間には自家製スモークサーモンを賭けたダーツ大会!
当然惨敗!

1/2
今日もいい天気じゃないか。
他の徒歩旅行者を乗せて釧路方面へGO!
釧路川は冬でも釣り客が多い。
カヌーがいたら絵になるんだけどね。
IMG_6171_R.jpg

青空を優雅に飛ぶタンチョウ鶴が降り立つ先は
IMG_3175_R.jpg
阿寒国際ツルセンター。
IMG_3194_R.jpg

タンチョウ鶴のエサを横取りにくるオジロワシを目当てに、多くのカメラマンが来る!
IMG_3226_R.jpg
IMG_2892_R.jpg
IMG_3109_R.jpg
今年はオオワシも来た!カッチョエー!
IMG_3136_R.jpg
後で撮った写真を確認すると鶴よりもワシの方が圧倒的に多いw

1/3
朝のコタン温泉はぬるいので和琴温泉へGO!
僕は我が目を疑った。
バイクがキャンプしてるー! マイナス10℃ォー!
DSCN2287_R.jpg
話を聞いてみると最北端の宗谷岬で年越しをしてきたそうだ。バイクは30台くらいいたそうな。
ええ、本州に住んでいた頃僕もそれを考えた時期がありました。
でも北海道に住む今、まったく思いませんw

きれいな朝日。気嵐が見える。
DSCN2289_R.jpg

今日はもう帰る日だ。天気が良いのでちょっくら摩周湖に寄り道。
青と白のコントラストが美しい。
IMG_6177_R.jpg
摩周湖の駐車場にいたカブ。やっぱ異様だわw 安全運転で!
IMG_6174_R.jpg



今回は珍しく3泊4日と短かった年越し道東。
何度行っても飽きんなぁー。
あっという間に正月休みが終わってしまった。










| 未分類 | 23:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 秋 北海道 その6

10月の半ばに初めて豊平峡ダムに行ってみた。

ダムの手前で電気自動車に乗り換えるのね。
トンネルを7~8分走ると突然ダムが現れた。
DSCN2003.jpg
DSCN1937.jpg
DSCN1938.jpg
DSCN1961.jpg
DSCN1965.jpg
DSCN1981.jpg
前から紅葉がきれいだとは聞いていたけど、こんなにスゴイとは!

北海道はまだまだ見てないところが多すぎる!

| 未分類 | 22:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 秋 北海道 その5

今日はいい天気だ。
車からバイクを降ろして屈斜路湖周辺の紅葉を探し回る。
摩周湖は相変わらず美しい。
DSCN1860_R.jpg
後ろを振り向けば川湯の硫黄山と屈斜路湖が見える。
DSCN1878_R.jpg

紅葉のトンネルも美しい。
DSCN1886_R.jpg

夕暮れの屈斜路湖。
DSCN1897_R.jpg
竿を振ってみたら40センチくらいのアメマス?が釣れた。えらく痩せてるな。
DSCN1899_R.jpg

夕食は奮発してシカ肉の炙り焼きコース!
IMG_1495_R.jpg
IMG_1499_R.jpg
うーん満足満足。

宿の主人は毎朝の雲海ツアーのために早めに寝てしまった。
毎日日の出1時間前に起きるのは大変でしょう。夏だったら3時くらいから明るくなってくるしw
僕は他の宿泊客と話が弾み、寝たのは2時近かったか・・・




翌朝、朝食を食べたあと
DSCN1850_R.jpg

宿の女将が(別名「キッチンギタリストw」)音楽好きなので三味線背負ってた客の
ミュージシャンを捕まえて演奏してもらう。
DSCN1855_R.jpg
三味線の音が宿中に響き渡る。
そして音色が体中に染み入る。

僕ももう帰らなきゃ。
いつもの走り慣れた道を延々とドライブ。
日高町に差し掛かったら、紅葉が見事だった。
3週間前の日高2デイズエンデューロの時にはまだ早くて全然色付いてなかったな。
やっぱり日高はちょっと寒くて紅葉の中を走る方がいいなあ。
IMG_1605_R.jpg



| 未分類 | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。