PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恒例道東の旅 その2

翌朝は晴れ。同室の人のイビキと寝言が凄かった。
今日は屈斜路湖まで行くだけだから昼くらいに糠平を出れば間に合う。
他の人たちはスキーに行ったり、クロカンツアーに参加したりしてるけど自分は何をしようかな。
糠平湖といえばタウシュベツ橋が有名だがその橋は湖畔の林道の奥にあり、国道から除雪されていない4キロの林道を歩いていかなければならない。遠すぎて却下。

冬の道

糠平を出発。じゃあオンネトーに行こうとしたら天気悪くて雪が降ってたのでパス。
阿寒と弟子屈を結ぶきつい峠は猛吹雪。前走車の後ろをノロノロとついて行くのが精一杯。怖かった。屈斜路湖に着いても風は強いので、早々に宿にチェックイン
窓の外を雪が真横に降っている。こんな天気じゃどこも行けんわ。

今日は大晦日。毎年ここで年越しをする常連の顔がチラホラ。しかも家族連れもいるので今日は満員。賑やかな年越しになりそうだ。
夕食の時間になった。
宿のオーナーは元板前さんで、ユースホステルとは思えない豪華な食事を提供してくれる。
その一部
原野夕食
原野夕食3
原野夕食2

一息ついてから年越しパーティー。
クイズで無料宿泊券ゲット!
原野年越しそば

年越しそばを頂いて紅白終わったら一気にハッピーニューイヤー!
今年もいい年でありますように。
原野2009

いつもは初日の出を30分離れた美幌峠に見に行くけど外は吹雪き。とっくに諦めてみんな酒飲んでます。いい加減、自分は午前1時でギブアップ。宴はまだまだ続いている・・・。



元旦の朝は7時に起床。やっぱり吹雪きだった。
出汁がしっかりと効いた関西風の雑煮がうまい!
原野おせち
原野雑煮
原野茶碗蒸し

天気は回復する様子もないので談話室にあった「島耕作」を読む。おお、とうとう社長にまでなったんだ。
いい加減退屈になったのでちょっとドライブ。
川湯周辺は風が弱い。屈斜路湖は白波が立っていた。もう夕方になってしまった。
なんともったいない元旦だったのだろう。
夕食にはカニが出た。
夜は宿のオーナーもハマっているダーツ大会!
他の宿泊客とペアになってトーナメント方式で勝負する。
優勝するとなんと宿オリジナルスモークサーモンがもらえる!
万年2位の自分は鼻息荒く挑んだがあっけなく初戦敗退。がっくり。まあ昨日無料宿泊券もらえたからいいか。
今夜も宴会は遅くまで続く・・・。



2日の朝、今日も吹雪・・・。
吹雪
除雪が来るまでどこにも行けない
原野除雪

インターネットで天気を見るとちょっと南へ行くと晴れているらしいので、暇そうにしている他の宿泊客を誘い南へGO!
30分も走れば太陽が出てきた。
釧路湿原は殆ど雪が無くて冬らしくなかった。
釧路湿原

次は鶴居村へGO!
道路脇に急に車がたくさん止まっている場所が現れたらそこが鶴居村だ。
名前が示すようにたくさんのツルがいる。100羽ほどだろうか。
ここは餌付けされていて雪でエサ不足になった丹頂ツルがやってくるのだ。
観光客は柵の外から彼らを遠巻きに見ている。中には100マンエンもするような大きなレンズを付けたカメラマンもいる!
ツル

エサをついばんだり、一本足で寝たり、縄張り争いしたりするツル達をしばらく見学する。
時折ツガイのツルが優雅に飛び立ったりする姿は美しい。
急に騒がしくなったと思ったらオオワシがゆっくりと上空を通過していった。北海道はええなあ。
鶴居ワシ

宿に戻るとやっぱり吹雪のままだった。屈斜路湖湖畔の露天風呂に行ってみた。
風が強い・・・。湯船に浸かっている首から下は熱いが頭が冷たい。耳がジンジンする。うう、もうだめだ。風呂から上がるとサビー!宿に戻ってゆっくりと風呂に入り直したのは言うまでも無い。
コタン温泉


3日になってやっと雪が止んだ。しかし風は相変わらず強い。
この宿は見晴らしがいい畑の中に建っているがそれは風を遮るものがないということだ。
ほんの少し青空が出てきた!昼過ぎに行動開始。

足が無い宿泊客を乗せて摩周湖へGO!
この間は吹雪で通行止めになっていたが今日は開通していて良かった。以前畑の中の一本道が地吹雪になりバスが事故を起こしたそうだ。
摩周湖は凍てついていた。さざ波立つ湖面が見えるのが幸いか。周辺の木々は白く凍り付いてキレイな樹氷になっていた。自然は厳しいものだがこんな美しいものも創り出してくれる。
摩周湖

原野夕食4
原野シカ肉だんご



4日の朝になると休みの間中吹いていた風はピタリと止み、青空が広がっていた。
どうして帰る日になって晴れるんだ・・・。
阿寒の峠からは真っ白な雌阿寒岳と雄阿寒岳が良く見えた。
雌阿寒岳

このまま帰るにはもったいないのでオンネトーに寄り道。
歩くスキーを履いて冬季閉鎖されている道路を突き進む。
30分ほどで真っ白に凍りついたオンネトーに着いた。
まだ氷が張って間もないのか湖面に続く足跡は無かった。残念ながら雌阿寒岳は雲の中。
オンネトー

なぜか車を停めた野中温泉で見かけた犬がいた。
犬は寒くないのだろうか。あの肉球は裸足と同じように思えるが。
オンネトー犬

また同じ道を戻る。来る時は下り坂だったので楽だが帰りは上りだ。
スキーの後をさっきの犬がついてくる。かわいいもんだ。45分ほどで車に戻った。
なんか今回初めて雪遊びらしいことをした気がする。

そして18時頃家に帰り着いた。長かった正月休みももうすぐ終わりだ。←まだあるんかい

なんかだらだらと書いてしまいました・・・。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>スケテツさん

正月は毎年道東の雪の中で過ごしてます。
今回天気が悪くてあまり遊べずに不完全燃焼です。
写真はフォトショップの力を大いに借りてます(笑)。

オレンジ色のガンタンクだったら橋まであっという間でしょう。
いや、凍った湖面を突っ切ればもう目の前ですね。
雪さえあればどこでも行けるなんてウラヤマシ・・・。


>あゆ♪さん

あ。あけましておめでとうございます、ですね。
屈斜路原野ユースゲストハウスに泊まったことがあるんですか!
旅関係の知り合い以外では初めてです。
宿がオープンする前からの知り合いなので(ひょんなことから)
道東に行く時は毎回泊まってます。
料理の写真はコンパクトデジカメです。一眼レフだと落ち着いて食事できないので・・・。
今年もよろしくお願いします。


>yoshiさん

屈斜路湖に行くと必ずコタン温泉につかります。
そして屈斜路湖を見ながら文字通り全身ででここに来たことを感じます。
道東へは年に4~5回行きます。道東がもっと近ければと思います(笑)
風景との出会い、おいしいものとの出会い、人との出会いなどなど色々あります。
旅はやめられません。

| エゾもっこす(管理人) | 2009/01/10 22:42 | URL | ≫ EDIT

やはりコタン温泉ははずさなかったんですねっ
旅っていいなぁ~

| yoshi | 2009/01/10 21:15 | URL | ≫ EDIT

素敵なお正月休みを過ごされていたようですね~。
素晴らしい!

あ、、、
あけましておめでとうございます、かな?
今年もどうぞ宜しくお願い致します~。

屈斜路湖YGH、数年前に泊まった事あります~。
両親を連れて行ったのですが、大変喜ばれました。
料理、美味しいですよね~。
また写真からもおいしさが伝わってきます。
さすがの腕ですね!

今年も素敵な写真をバシバシお願い致します♪
ブログ、楽しみにしておりますので☆

| あゆ♪ | 2009/01/10 20:54 | URL | ≫ EDIT

楽しそうなお正月を過ごしていたんですね!
タンチョウのコントラスト、抜群じゃないですか。
映像に透明感がありますよ。

キャ、キャタピラの出番?

>湖畔の林道の奥にあるので国道から除雪されていない4キロの
>林道を歩いていかなければならない。

| スケテツ | 2009/01/10 19:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/91-3cd36fe1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。