PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神々は甘くなかった

第4日目

車の音で目が覚めた。もう外は明るかった。
軽く朝食を食べて5時半に登山開始。今日は長い日になりそうだ。登山地図を見ると山頂まで9キロ、6時間・・・。
初っ端から急な階段のような険しい道が出迎えてくれた。やっと高台まで登ると遠くの山々が雲に浮かんでいた。斜面は一面黄色に染まっている。ごきげんな紅葉の登山道だ。熊笹を無理矢理刈った新道を長々と歩くと長ーい岩場に出た。
朝日2

一歩一歩登っていくと、時折「ピィッ!」とナキウサギが鳴く声がする。しかし声はすれども姿は見えず。結構アチコチで鳴いている。今まで通ったナキウサギ生息地で一番の密度だ。
すぐそばで「ピィッ」と鳴いたので岩場をよーく見ると、いた!
丸っこいなあ。可愛いなあ。その距離5メートル。
ナキウサギから目を離さずに荷物を降ろしてカメラを取り出す。なんとか撮ったがよくわからん。
ナキウサギ

前トム平までくると風が強くなった。朝一はなんとか太陽が出ていたがどんどん曇ってきて寒くなった。あと少し。あの岩山が頂上か?
まるで羅臼岳のような岩場をよじ登っていくと黒岳で会った外国人が下りてきた。あれからカムイミンタラを歩いてきたそうだ。1泊2日で?すごい体力!

後少し
P9210128.jpg

山頂は強風が吹き荒れていた。風が巻いているので逃げようが無い。しかし景色はすごくいい。風で飛ばないように帽子を手で押さえてぐるりと周囲を見渡してみると、旭岳や十勝岳が間近に見える。
十勝岳

やっぱり来て良かった。ここは大雪山のほぼ中央。カムイミンタラは、遠くの旭岳からこのトムラウシ山を通り、まだまだ十勝岳の方に続いている。全てを歩くと3泊4日かかるらしい。かなりの行程だ。それに熊対策や登山のスキルも必要だ。しかしいつかは行ってみたい。
昨日のように晴れていたらいうことなしだが、山の天気はそう甘くは無かった。
P9210129.jpg


ここまで4.5時間かかった。意外と時間がかかったな。落ち着かない山頂で昼食を食べそそくさと下山を始めた。
そしてゆっくりと歩いて15時に登山口に戻ってきた。下り4時間。長かった。

そのまま国民宿舎の東大雪荘の温泉に入る。うう~気持ちヨカ。
4日間連続の山登りだった。沢の横の気持ちがいい露天風呂にゆっくりと浸かりながら今回登った山々を思い出す。
人が多かった高原沼、風が強かった緑岳、強風の黒岳、楽園のようなお鉢平1周。山深いトムラウシ。毎日山を登りっぱなしだったが不思議と疲労は無かった。足は疲れたが。

町から50キロ以上離れた山奥にこんなりっぱな宿が・・・。
P9210143.jpg


自然の中にその身を委ねる幸せ、頑張った者だけが見ることができる絶景。やっぱり山はイイ!
スポンサーサイト

| 山登り | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/64-ea5e3342

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。