PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神々の微笑み

第3日目

ガサゴソとする音で目が覚めた。もう外は明るい。
朝食のパンをぬるい昨日のお湯の残りで流し込んで外に出た。
快晴!雲はひとかけらも無かった。
もうじき日が昇るので避難小屋隣の桂岳に登る。遥か眼下に朝日を待つ層雲峡が見える。昨日は雲があって見えなかったが周辺は絶景だった。お鉢平らがぐるりと見える。赤や黄色の紅葉が美しい。
昨日は散々な天気だったが今日は神々は微笑んでくれたようだ。
朝日


小屋に戻るともう殆どの人は出発していた。自分も出発だ。見たい景色と太陽の位置を考えて右回りで歩き出す。昨夜遅く着いた外国人が大きなザックを担いで前方を歩いているのが見える。
お鉢平の稜線に出るとパッと視界が開け、高根ヶ原が見えた。
その高台の先に中別、五色、化雲と続き、その奥にはトムラウシ山がある。カムイミンタラだ。アイヌ語で「神々が遊ぶ庭」という意味らしいがまさしく天上の楽園。あそこを歩いてみたい。
IMG_6516.jpg


絶景が次々と現れるのでなかなか前に進めない。
お鉢平の反対側に着くとそこからは急なガレ場を登り、そして旭岳の頂上に着いた。
山頂に張られているロープ間際に行くとばっさりと地面は無くなり、その遥か下には旭岳ロープウェイの駅が見えた。まるで空に飛んでいってしまいそうだ。
北海道最高峰の山。360度の視界が広がっている。トムラウシ山の向こうには噴煙を上げる十勝岳や富良野岳も見える。遠くには阿寒の山々、そして知床連山まで見えるじゃないか!来て良かった!
10数年前に一度登ったことがあるがその時は天気がイマイチだったしただ山頂を往復しただけであまり感慨は無かった。しかし今回は素晴らしい天気と、地図がある!付近の山々の名前も分かるし、大雪山の雄大さも良く分かる!!
IMG_6593.jpg


お鉢平も残り半周。北海岳に登ると北の方角にうっすらと利尻山が見えた。・・・凄すぎる。
紅葉の中を歩いて黒岳に戻ってきた。昨日は分からなかったが黒岳は黄色に染まっていた。
ここはリフトの駅から1時間で登ってこられるので登山客がやたらと多い。やっぱりジジババの団体客が多い。そして思いつき登ってきましたという軽装、軽薄な観光客も多い。
団体から勝手に離脱する客もいるらしい。添乗員は困っていた。

16時に層雲峡まで戻ってきた。ふい~。まずはコンビニで栄養補給。
そして士幌へ向けて出発。暗くなった三国峠は鹿がウヨウヨいて今にも飛び出してきそうでコワイ。
士幌のふれあい温泉でゆっくりと登山の疲れを癒してトムラウシへ。
21時頃登山口に着くと10台くらいの車が止まっていた。途中のコンビニで買った遅い夕食を食べて早々にシュラフにもぐり込む。
明日も晴れるといいな。
スポンサーサイト

| 山登り | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/63-4d1e5ad5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。