PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪夢のCRF250X

さあ、CRF250Xの復活です!
まずはパラせるところは全部バラして各部のチェックしなければ乗れません。つか、怖くて乗る気がしません。CRF250Xはどんな造りになってるんだろうという興味もあります。

一つ一つ確認しながらバラしていきます。
うう、パーツがごちゃっと詰まっていて整備性悪い・・・・。


不具合その1
しくしくしく・・・・クラッチカバー付近からオイル漏れてました。
とりあえずクラッチカバーを外してみると・・・。
クラッチカバーにはOリングが使われていたけど、そのOリングが切れてといおうか一部が無くなっていてCリングになっていました←笑うところ。
漏れるわけです。部品が来るまで応急処置。
クラッチカバー2


不具合その2
リヤスポークは2本折れてました。交換していると他に曲がっているスポークや、ニップルが固着して回らないというスポークもありました。余分にスポークを注文しておいて良かった。CRFリヤスポーク

不具合その3
計4本のスポークの交換が済み、タイヤを嵌めようとしたら・・・?なんだこのビードストッパー?
見ると、2.15のリムに1.85用のビードストッパーがついてる・・・・これじゃあリムは空回り。2.15用のビードストッパーを探し出して装着。

不具合その4
リヤブレーキが引きずっていたのでキャリパーのオーバーホールをすると取り回しが軽くなりました。

きれいに掃除しました
キャリパー磨き後


不具合その5
キャブレターをオーバーホールするとフロートチャンバー室に少量の水が混入してました。キャブレタークリーナーを吹きつけ、特にパイロット系を念入りに掃除するとちゃんとアイドリングするようになりました。

不具合その6
リンク周りは・・・・あれ?リヤショック下部の取り付けボルトが通常ではありえない位置にある。
・・・・しえええええっ!、取り付けボルト穴が長穴になってる!
CRFリヤショック

しくしくしく・・・・どうやら車高を下げるため穴を削って長穴にしたようです。こんな改造方法があるのかと驚きました。しかしこんな状態で乗っていたらいつボルトが折れるかわかりません。
いくらノークレームノーリターンだとはいえ、あまりの予想外な出来事だったので前オーナーになんか解決方法教えてくださいとメールしたら「その状態で普通に乗ってたので言うのを忘れてました」という返事があり、その後リヤショックの修理代が振り込まれてきました。

不具合その7

外装部品ととりあえず試運転できるようにするための部品を交換し(これだけでもン万円!)やっと試乗に漕ぎ着けました。おお、いい感じ。しかしフォークオイルの滲みは、漏れに悪化したので予定していたガルルカップへの出場は断念。

やっと乗れた
CRF試走


不具合その8
キャブレターのドレンキャップを外そうとしたらなんか工具がかかりづらくてやりにくい。よくよく見るとドレンキャップが陥没してる!外してみるとしっかりと割れてました(泣)。
ドレンキャップ

締め込みすぎじゃ!とりあえずOリングのおかげでガソリンは漏れていないのでそーっと組みました。

次から次へと・・・一体どれだけ不具合が出てくるんだ・・・・・・。←ウンザリしてきた。
スポンサーサイト

| 整備 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/42-c5bb74be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。