PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乗りやすさを求めて


知人が乗っていたKTM125は4センチほど車高短されていたのでまずはサスをノーマルの状態に戻した。
カットされていたフォークスプリングをノーマルに戻す。
DSC01463 (1)

リヤショックも車高短用カラーを外す。
サイドスタンドもカットされていたのでそれも交換。
DSC01462 (1)
これでノーマルの車高に戻った。う、足ツンツンw

まずはバイクに慣れなきゃということで色々な所を走った。
モトクロスコースで行われる水曜どうでしょうのエンデューロにも出てみた。
軽い!パワーがある!思った以上に乗りやすい!こりゃいいわ~。
しかし一つだけ不満があった。

2013年モデルのSIXDAYSには4CSフロントフォークが付いている。
評判が高かったのでワクワクして初乗りしてみたら・・・硬い。
ガレ場とか荒れた路面で初期から手にゴツゴツくるじゃないか。折角フォークスプリングをノーマルに戻したのに何にもならんかった。
4CSフォーク用ソケットを注文。
ソフトスプリングを注文(こっちの方が設定体重に近い)。スプリングレートは4.0N/mmから3.8N/mmになった。
DSCN3185.jpg

すると初期の動きは凄くスムースになり手に衝撃は来なくなった。
しかし半分ストロークした所からぐっと硬くなりスピードを上げるとやっぱり手が痛い。
最初よりずいぶんとマシになったが、もうちょっとやってみよう。
フォークの油面を標準より10ミリ下げたが今ひとつ。
一気に調整下限のマイナス40mmにしたら中間の硬さは全くなくなった。

これは優れもの!手が3本いらないw油面調整!
DSCN3188.jpg

うーん、かなり柔らかくなったなあ。これでやっと2014年モデルの動きに近づき、かなり乗りやすくなった。
しかしモトクロス場みたいなコースではどうだろう。簡単に底付きしてしまうかも知れない。
でも僕の乗り方でそんな問題が出るところはないだろう。

おまけ。
熊のフン。さすが北海道w
DSCN3191.jpg

スポンサーサイト

| 整備 | 13:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。