PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 日高2デイズエンデューロ 参戦 前編

記憶が無くなる前に何とか年内アップ・・・


9/21、23に行われた日高2デイズエンデューロに今年も参戦してきた。


Day0

金曜の昼過ぎに会場の日高高原荘に着いた。

少なっ!
パドックとなる日高高原荘前の駐車場はいつもはトランポとテントで一杯だが、今年はガラガラ。
今年は全日本エンデューロ選手権のシリーズに入っていないのでポイントに関係ないし、
いつも来ていた赤ゼッケンの人たちは同じ時期にイタリアで行われるISDEに参加している。

「ポイントとか関係ない。でも日高が好きだから来る」
今年来ている人たちは僕も含めて日高のファンと言えるだろう。

サイクロンさんたちの分を適当に場所取りをしてさくっと受付と車検を済ませた。
DSCN1450.jpg

参加台数も少ないのでスタッフさんものんびりしている。
DSCN1456.jpg

そして夕方から日高高原荘で開会式が行われた。
IMG_7699.jpg

明日の朝から車検を受ける人が多いらしくパルクフェルメニは寂しい台数しかいなかった。
IMG_7701.jpg

そして我々は日高青少年の家にチェックインした。



Day1

朝から車検を受ける人たち。
IMG_0657_R.jpg

今日のタイム設定はBかあ。晴れているけどコースはやさしくないということだ。
IMG_7707_R.jpg

今年のコース。1日目。新しいルートも加わりどんなコースだろうとワクワクしてくる。
hidaka1.png

今年は39人の日高ファンが参加した。
DSC01397_R.jpg

そしてレースはスタート。
第一組はED-IAの和泉 拓選手とZIP社長
DSC01391_R.jpg

スタートしたらいきなりスキー場裏の山の中に連れ込まれたw
無題1
曲がりながら濡れた鉄の足場を渡る!
やばい、落ちるw

ぬかるみと轍と木の根に翻弄されたらもう眠気は吹き飛んだ。
無題2

草地のパリティーは轍だらけ

テレビ塔からの下りは左がほぼ崖の激細キャンバー走行(雨降ってたら地獄だな)
無題3

アラビアンホース牧場は相変わらず気持ちいい!
無題5

変化に富んだエンデューロテスト1は走ってて楽しい
無題7
と思ったら出口付近はぬかるんでる
無題8
誰かと思ったらフッキーさん!
無題9

エンデューロテストを抜けたところがTC1だ。そこそこのペースで走って15分近く余裕があった。
DSC01402_R.jpg


新コース部分も気が抜けない。
川渡りが何度もあり、川から出るところが特にやばい。

ぬかるみに木が敷いてあると思ったら簡単にはまるし
無題10

道が無かったりして気が抜けない。

やばい!過去5年の日高の中で一番厳しい。ちょっと気を抜くと簡単にトラップに引っかかってしまう。
しかし楽しい!
DSC01406_R.jpg

そして3周はあっという間に終わってしまった。

ワーキングタイムではタイヤ交換はせずに保安部品の修理。
そして無事にパルクフェルメにバイクを入れた。

CLUB クラスの我々より1周多いENDURO クラスのライダーが帰って来た。
それから始まるタイヤ交換祭り。
IMG_0683_R.jpg

IMG_0685_R.jpg

IMG_7726_R.jpg

IMG_7724_R.jpg

ISDE行きが目前に迫っているりんちゃんが手伝いに来ていた。今日これからイタリアへ向かうの!?
IMG_0690_R.jpg

嵐が過ぎるとパドックは急に静かになった。

僕たちは日高高原荘の温泉に入り、宿へ戻った。


フリーライドツアーに参加したサイクロンの女性スタッフさん。
川渡りで水没したそうな。
パドックで水抜き作業。
IMG_7713_R_201312300019241fd.jpg
「川の水は冷たかった~」だそうなw



続く・・・
スポンサーサイト

| エンデューロ | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。