PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アポイ岳

週末あまりに天気がいいので衝動的に山登りに行ってきた。
夏は霧が多くあまり晴れない太平洋側だが、珍しく天気予報が晴れマークだった。

午後遅くまでバイクの整備をした後、夕方からえりも方面へ向かった。
うーん中途半端な時間だな~。
三石で温泉に入り、コンビニで買い物してアポイ岳登山口に着いたのは午後10時半。
晩ご飯食べて早めに寝た。星がきれいだ。

明るくなって目が覚めた。時計を見ると午前4時。北海道の朝は早いw

5時半から登山開始。
森の中の緩やかな道を登っていく。
前方に先客が1組だけ見える。
アポイ岳は人気がある山らしく登山道はよく整備されている。
森を抜けたと思ったらそこが5合目だった。様似の海岸線が良く見える。
DSCN1240.jpg

そこからちょっと道は険しくなった。森林限界を越えたので見晴らしが良くなった。
時折目に付く小さい花が可愛らしい。

稜線に出たと思ったらそこがアポイ岳山頂だった。
DSCN1245.jpg
山頂では再び木々に囲まれたので視界が利かない。
木々の隙間から太平洋と日高山脈とえりも岬が見える。
IMG_7206.jpg
標高810mなので2時間もかからなかったな。
DSCN1249.jpg



登りは天気が悪化する前に辿り着きたかったのでガシガシ登ったが、後は下るだけだ。
デイバッグから一眼レフを取り出し、マクロレンズを装着した。
のんびり花の写真を撮りながら下る。
DSCN1243.jpg
IMG_7259_R.jpg
IMG_7246_R.jpg
IMG_7236_R.jpg
IMG_7213_R.jpg
IMG_7273_R.jpg
IMG_7275_R.jpg
IMG_7340_R.jpg
IMG_7308_R.jpg
IMG_7319_R.jpg
IMG_7353_R.jpg
(花の名前はワカリマセンw)

下っていると登ってくる登山客が増えてきた。
団体さんもいる。
アポイ岳は高山植物がたくさん咲いてるということで人気の山だ。
まあ殆どはジジババばっかりだが、
たまに山ガールも見かける。
彼女らとすれ違うといい匂いがするw
オヤジらとすれ違うと整髪料のにおいがするw

そして昼前に戻ってきた。
登り2時間弱、下り3時間。 どんだけのんびり下ってんのwww 
ほとんど疲れなかったな。

ビジターセンターに入ってみると日高山脈の興味深い話がたくさんあった。
日高山脈はユーラシアプレートと太平洋プレートがぶつかってせり上がり、アポイ岳を構成するかんらん岩は地中のマントル部分がそのまま地表に顔を出したなんて話は初めて聞いた。


車からバイクを降ろして周辺林道を駆け回る。
山深い川の水はとてもきれいで、魚が泳いでるのが見える。
DSCN1255.jpg
おー!ニジマスたくさんいる!しかもどれも尺モノンゴーーーー!

目に毒なので車に戻り、アポイ山荘の温泉に入った。
DSCN1275.jpg

お風呂からは太平洋が見える。



アポイ岳周辺は日本ジオパーク認定らしく、地元の様似町でイチオシしてた。
ちょっと期待していたわりには花が咲いていなかったが、山の歴史や、江戸時代の歴史まで知ることができて良かった。
もう殆ど襟裳岬な場所だけど、機会があればアポイ岳登山もどうぞ。








スポンサーサイト

| 山登り | 14:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>せえこちゃん 
遠足でアポイ岳登山ですか。
静内だとそういうコースなのかな?
でも小学生にはちょっとハードやなあ。

| エゾもっこす(管理人) | 2013/07/08 21:24 | URL | ≫ EDIT

アポイ岳、小5の遠足で登りました

頂上まで何も飲まずに、誰が一番先に登れるか、、
ってゆーくだらないコトを、男の子たちに紛れて勝負してました

当時はかなり長〜く感じたけど、2時間で登れちゃうんですねー

| せえこ | 2013/07/08 01:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。