PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 年末年始 4

1/4 晴れ

昨日の吹雪はどこへやら。
朝から快晴で自然が呼んでいる。
今日は藻琴山に登るぞ。
午後から雲が出そうなので早めの行動だ。
朝食食べて車のエンジンを掛けようとしたら、掛からない。
セルは回るが掛かる気配もない。
えええ?
昨日は掛かったのに。さすがに今朝は冷え込んだがこんなことは初めてだ。

終いにはバッテリー上がってしまった。
そして他の車のバッテリーを繋いだり、重機のバッテリー繋いだりしてやっと掛かった。
DSCN0394.jpg

同宿の2人を乗せ、予定より1時間半遅れで出発した。
藻琴山は宿とは屈斜路湖の対岸にある標高1000メートルの山だ。
車を山の中腹に止め、スノーシューを履いて登山開始。

青と白の世界。
DSCN0409.jpg
遠くには斜里岳が見える。
DSCN0405.jpg
昨日の吹雪の影響を心配したが、風が強すぎたのかそんなに積もってはいなかった。
DSCN0416.jpg
去年登った時は風が強すぎて断念したな。

樹氷がきれいだ。
稜線を歩くときには雪庇に注意。
無事山頂に到着。1.5時間くらいか。
眼下には屈斜路湖、北にはオホーツク海も見える。
DSCN0425.jpg
やっぱり山はイイ!!
風が無い所で昼食。カップ麺にコンビニでもらったお湯を注ぐ。
気温はマイナス8℃くらいかな?寒いところでハフハフいいながら食べる暖かい汁物ウメー!


宿に戻ってからコタン温泉へGO!
夕日と白鳥を見ながらゆっくりとお湯に浸かる。最高だ。
DSCN0436.jpg
そして車の運転が終わったらビールが待っているw
DSCN0439.jpg

正月客は一気に減り、今日の宿泊は2人だけとなった。



1/5 晴れ

もうそろそろ帰らなくては。
車のエンジンを掛けようとしたら、また掛からない… バッテリーも上がってしまった。
冷えた時だけ掛からないならやっぱりグローかなあ…
任意保険に付いているロードサービスに電話をかけてみたらなかなか来そうになかった。
トヨタのディーラーに電話してみたら彼らも忙しそうだった。
「どんな原因が考えられますか?」
「燃料フィルターの底に水が溜まっていてそれが凍った可能性があります」
燃料の問題?
「じゃあそれを抜けばかかるんですか?」
「フィルターの下にドレンコックがついてるけど凍ってたら出てこないでしょう」
「じ、じゃあお湯掛けて融かせばいける?←もう必死w
「かも…」電話の向こうで苦笑いしてるのが分かる

「助手席の下側に缶コーヒーくらいの大きさの黒いものがあってその上に押したら戻るボタンがあります」
DSCN0454.jpg

一旦電話を切って作業開始。燃料フィルターにお湯を掛けて、
しばらくして底のドレンコックを開けて上の黒ボタンを何回か押すとピュッピュッと燃料が出てきた。
おお!これで掛かるか?
キュキュキュキュキュキュキュ…ダメだ。

バッテリーを充電しつつ何度もトライするとやっとエンジンが掛かった。
2時間かかった。一旦掛かれば快調なのに。
やっと出発できる。

快晴の中快調に走る。
IMG_6696.jpg
阿寒の山もきれいだ。

7時間ほどドライブしてやっと苫小牧に帰ってきた。
そしてそのままディーラーへ直行。
たぶんグローが悪いということだった。
修理をお願いして歩いて家に帰った。

ふう、やっと一息つける。まずは水落とししてたので復活させなきゃ。
ん?水が出ない。水落とししてたのに凍っちゃったか!
それどころかトイレの水も水タンクの中も台所の排水口の水も全て凍っている!

部屋の暖房を点け、たまたまあった六甲のおいしい水でお湯を作り、凍った蛇口を融かす。
バールとハンマーでトイレの氷を砕き、お湯を注いで融かす。
徒労感が半端ない。

そして忘れた頃にやっと水が出た。
まさか室内の水が全て凍るとは!


最後はバタバタだったけど、今回も楽しく年末年始が過ぎて行った。


スポンサーサイト

| 未分類 | 12:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。