PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012 ヤマハ ワイワイカップエンデューロ in HOP 参戦

IMG_183922.jpg

10/14にHOPで行われたヤマハのワイワイカップエンデューロに参加してきました。

ワイワイカップは市販トレール車のみのイベントでしたが、今回は午前中のオフロードライディングスクールをやっている間にヤマハのレーサー対象の1.5Hエンデューロが行われました。
これはレーサーしか持っていないライダーには朗報でさぞや参加者が多いだろうと思っていたら、ライダーはほとんど「チームSPEED」と「高見道」しかいませんでしたw

モトクロスコースがあと2~3個出来そうなくらいに広いHOPの林間コースの方では
2手に分かれて50台近いスクール参加者がいました。大人気ですなー。
IMG_2066.jpg

9時半にレーサーだけの1.5Hレースがスタート。
IMG_149133.jpg

#28が速い!クロスメンな方?
IMG_1700.jpg
IMG_1759.jpg
日高では今ひとつ調子が出なかったゆうやも速い!
IMG_5969.jpg
せえこちゃんは走りに貫禄が出てきた
IMG_1778.jpg
IMG_1743_20121022001324.jpg
IMG_1770.jpg
ちょっとジャンプやばそうw
IMG_5970.jpg

ライディングスクールと1.5Hエンデューロが別々の場所で同時進行している間、
オーバルコースでは親子バイクスクールが行われていました。
IMG_1830.jpg
IMG_1839_20121022002018.jpg
IMG_1887.jpg
子供たちも楽しそうです。

若いライダーが増えずに、高齢化と共にライダー人口がどんどん減る中、未来のライダーを育てる地道な活動を続けているのはヤマハだけでしょう。彼らは大きくなったらヤマハに乗ることでしょう。

昔のバイクブームの頃は4メーカー共色んなイベントがありました。
しかしバイク市場がその頃の10分の1になってしまった今、パッタリと無くなってしまいました。
現在そういうイベントをやっているのは、金を持っているオヤジ共を相手にした外国メーカーが目立ちます。
このまま日本のメーカーは消滅してしまうのか…?と危惧してしまいます。

IMG_1754.jpg
IMG_1764.jpg
IMG_5964_20121022003512.jpg
IMG_1851.jpg

そんで無事に1.5Hは終わりました。
しばらくして表彰式やりますよ~とアナウンスがあったけど、誰も集まらなかったので
各自リザルト確認して賞品をもらってましたw

そしたらライディングスクールが林間コースに乱入!
IMG_1920.jpg
IMG_1960_20121022004054.jpg
IMG_1983.jpg
IMG_1993.jpg
IMG_2000_20121022004053.jpg
IMG_2009.jpg
IMG_2013.jpg
IMG_2014.jpg
IMG_2042.jpg

無事ライディングスクールが終わると、ん?行列が…
IMG_6030.jpg
ああ~講師の方々と記念写真ですか。
「はい、チーズ」
左が「五十嵐さ」ん、右がモトクロス国際A級の「渡辺 学さん」
IMG_2081.jpg

昼休みに五十嵐さんの新型WR450Fに乗せてもらったら、あまりに速くてそして乗り易くて驚いた!
アクセル開けても横に逃げずに前と上に行こうとするするw

午後からは市販トレール車限定2Hエンデューロに参加しました。
非力なTTR-125で頑張った。パワー喰われる砂のコースでアクセルを開け続けた。
14180377_1800094242_182large.jpg
写真はりえ@高見道さん

ヤマハ車OHCクラスで3位になりました。
2位とは2周差がありますがw

そして表彰式のあと渡辺 学さんが、
僕、本業はギョーザ屋なんですが、ジャンケンに勝った人にギョーザ100個プレゼントします!」と発言!
一同「おおおおおお~!」
マナブギョーザを賭けてのジャンケン大会が行われました。
ジャンケンはいつも1回戦敗退なので諦めていたけど、この日は勝った!!!
ギョーザ100個を頂きました。クール便で送ってくれるそうです。
金曜日にギョーザが届きました。もっちりジューシーなギョーザはうまかった~!
渡辺 学さん
IMG_6043.jpg


秋の穏やかな天気の中、楽しい休日を過ごすことが出来ました。
オフロードの楽しさを広めるべく行われているイベント。
費用も安く設定されているのもあってか70台近い参加者がいました。
つか、札幌近郊にこんなに市販トレール車がいたのかと驚きました。
彼らは出る機会が少なかっただけで、オフロードに興味はあったんですね。どこ走ってたんでしょう?


完走率1割以下という厳しくもチャレンジし甲斐があるレースもそれはそれで楽しいですが、
ライダーはそんなドMwだけではありません。
ライダーはエキスパートだけではありません。
それはごく一部でしょう。

初心者にも参加しやすい「恵庭エンデューロ」があんなに人気があるのも頷けます。
参加費も安くハードルも低い「ガルルカップ」に根強い人気があるのも頷けます。
掘り起こせばもっともっとライダーはいるんです。
ただ座って消滅を待つより、メーカーもレースの主催者ももっと底辺を広げる工夫をして欲しいと思います。
ヤマハがやっている活動はすぐには芽を出さないけど、決して無駄ではない、意義のあるものだと思います。

「偉そうに言ってるけどオマエはどうなんだよ?」という声が聞こえて来そうですが、
写真しかないこういう稚拙なブログでも、発信し続けることで少しでも
素晴らしいオフロードバイクの世界が広まればと思って書いています。








スポンサーサイト

| エンデューロ | 01:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。