PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011 北海道の紅葉・・・2

毎年秋には道東へ紅葉を見に行く。
今年も行ってきた。
仕事から帰ってきて準備し、夜10時頃出発。
深夜の国道は殆ど車も無く、快適に走れる。
しかし日勝峠辺りで猛烈に眠くなり、フラフラしつつパーキングに飛び込んで仮眠。
雄阿寒岳登山口に着いたのはもう明るくなった頃だった。
阿寒湖は霧に包まれていて山は全く見えなかった。
IMG_0557_20111226002332.jpg
7時に登山開始。
阿寒湖の湖畔の森を登ったり下ったりしながら30分程歩くと、道は雄阿寒岳の斜面を登り始めた。
すらりとした松の間を登山道はそれにしがみつく様に細々と続いている。
紅葉は山の上から始まって段々と下に降りてくる。
ということは山には紅葉の帯がある訳で山登りをするということはそれを突き抜けることになる。
高度を稼ぐほどに紅葉は鮮やかになり、
紅葉の中にしばし浸り、
そして紅葉を眼下に置き去りにする。
山登りは季節を旅するとも言える。
IMG_0554.jpg
IMG_0646.jpg
IMG_0651.jpg

朝霧が晴れてきて阿寒湖が見えてきた。左に見える雌阿寒岳も美しい。
IMG_0605.jpg

2.5時間ほど歩き、もう頂上か?と思ったら偽ピークがたくさんあり本当の頂上はそこから30分もかかった。
ふう、やっと着いた。
おおおおお!絶景じゃ!!
IMG_0566_20111226004436.jpg
阿寒湖の畔に聳え立つ雄阿寒岳の周りには大きな山は無く、360度の絶景が広がっていた。
雄阿寒岳の裏には「道路からは北海道の形に見える湖」というパンケトー、ペンケトーの2つの湖が見えた。
ふーん、あんな形をしてるんだ。
屈斜路湖も斜里岳も見えるぞ!
晴れて良かった!
IMG_0567.jpg
雌阿寒岳の方が標高は高いが景色に変化が有り、登っていて飽きない。流石100名山。
IMG_0584_20111226004435.jpg
雄阿寒岳はずっと森の中の険しい道を歩いているので退屈してしまうが、頂上からの景色は全く引けをとらないくらいに素晴らしい。
写真をバシバシと満足がいくまで撮ったら、よしメシだ。頂上でのカップ麺は最高のごちそうだよな。
途中のコンビニで買ったカップ麺にポットのお湯を入れる・・・もうぬるま湯じゃん。
てか、コンビニでもらったお湯なんてもう8時間経ってるし。
ゴワゴワとして喉につっかえそうな、残念なカップ麺を無理やり胃袋に押し込む。もっといいサーモボトル買おう・・・

下りは登りより速く行けそうだが僕は下りに写真をバシバシ撮るので(登りはとにかく頂上目指すので落ち着いて撮れない)登りと同じ時間かヘタをするとそれ以上の時間がかかる。
のんびりと下っていたら斜面の上の方でガサガサッと音がした。
ん!と思ってそっちを見たら30メートル先に熊!の下半身が藪の中に消えていくところだった。
熊か!初めて見た!怖さは無く熊との遭遇に興奮した。
犬と登山していたおじさん。熊除け?
IMG_0604.jpg

昼過ぎに下りてきたら湖畔は紅葉を撮影しているカメラマンでいっぱいだった。
IMG_0705.jpg
ふう、雄阿寒岳良かった。

IMG_0731.jpg


阿寒の紅葉もスゴイです!
IMG_0740_20111226012441.jpg


僕はそのまま屈斜路湖に向かった。








スポンサーサイト

| 山登り | 01:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。