PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011 日高2デイズエンデューロ参戦

だいぶ前のレースですが記憶が無くなる前に書いておきます。
PA02007911_20111204203720.jpg


2011 10/1~2日に行われた日高2デイズエンデューロに参加してきた。

金曜日の午後に会場入りしたらもう本州からのチームは大方がパドックの設営を終えていた。
受付けを済ませてから、バイクの準備をして車検に持って行った。
日高の車検は厳しくて有名である。保安部品の動作はOK。
エンジンを掛けると車検係の人の顔が曇った。音量が大き過ぎるらしい。やっぱりか。
その場でディフューザーを取り付けたら一気に静かになった。これ付けたらパワー無くなるんだよな・・・でも仕方がない。
P930001800.jpg

車検が終わると今日はもうやることが無いので目の前にあるスキー場に設けられたエクストリームテストを下見に行った。
草のゲレンデにコーステープが張られている。草は雨でたっぷりと水を含んでおり緩い登りでも大変そうだ。その上に丸太が置かれ、最後には縦に並べられた丸太でジャンプ台まで作ってある。
これはハンドル効かずに転倒必至。どうやって行くか?
P930002200.jpg

夕方6時半から日高高原荘で開会式が行われた。
1018872681321584171.jpg
RUNARUNAWORKSさん

今回の宿は日高青少年の家でチーム高見道の部屋に入れてもらった。
明日は朝が早いのでみんな早めに寝た。
雨がシトシトと降り続く・・・。

今回のコースは1周なんと52Km!さすが北海道!
どんなコースなんだろうか。ワクワクする。
日高マップ


DAY1

朝起きたら晴れてた!
夜明け前のパルクフェルメ
IMG_0377_20111204203945.jpg
IMG_0379.jpg

自分のスタート順が近づくとちょっと緊張してくる。
PA01002300.jpg
全日本クラスレディースの方々
PA01002500.jpg
スタート前に何をやってるんですか、米田さん
PA01002600.jpg
こういう感じで自分のスタートを待ちます
PA01002700.jpg
1分おきに3台づつスタート
PA01002900.jpg

1018905921318441298.jpg
RUNARUNAWORKSさん

そして今年の日高が始まった。
走り出して3分、最初のクロステストに着いた。エンジンが暖まる暇も無い。
そこは水をたっぷりと含んだ草地のコース。タイヤが空回りしてなかなか真っ直ぐ進まない。しかも一部に泥沼あり。
1周目のテストは下見を兼ねてタイム計測はしないが気は抜けない。
テストを抜けた後は砂利の林道を走ったり狭い森の小道を走るが、突然急坂やぬかるみが現れてドキリとする。
道を外れて草地の丘にルートは続いていた。
ん?ここは牧場?おおお!なんて景色がいいんだ!顔が緩みっぱなしになる。ルートは豪快に斜面を上がっていく。こんなところでウィリー出来たら楽しいだろうな。そして絶景ポイントに中間チェックポイントが設けられていた。
PA010033.jpg

緑の丘と青い空。そして遠くには紅葉で色づいた日高の山々。これは主催者からのライダーに対するプレゼントだ。
それから牧場を下り、本格的な林道になった。ぐんぐんと高度を上げ、どんどんと山奥へ入っていく。
日高にこんな道があったんだ・・・。しかしかなり長いな。
山を下ってきてやっとタイムチェックに着いた。そこには20台近いバイクが時間調整していた。
ええ?5分しか余裕が無い。なんと絶妙なタイム設定。今年の日高は厳しいぞ。
今回もKTMのピットサービスが来ていたが時間が無いのでそこで休憩する暇も無い。
PA010030.jpg

すぐに時間が来たのでオンタイムでタイムチェックを通過。目の前がエンデューロテストのスタートだ。
5,4,3,2,1、スタート!ぬかるんだ斜面を登ったら林道に出た。
3つ、4つコーナーを曲がったら直線~!CRFのエンジンはあっという間にトップギヤ吹け切り。いやいや1周目はタイム計測しないのでタイヤを大事に使わなきゃ。
そして赤土つるつる斜面を抜けると牧場に出た。草地を登ったり下ったりしながらルートは先に続いている。
しかし登りはつるつるだし、下りもつるつる。谷間にはラインを間違うと即スタックというぬかるみが潜んでいる。
前方にはそのトラップに掛かったバイクが脱出しようともがいている。恐ろしい!!!
前方を走るバイクを注視しながら走る。やっと牧場区間を抜けてホッとしたのもつかの間、突然すり鉢状の泥沼地獄が現れた。ぬかるみが酷いのかそこは最初から畳が敷いてあった。
3台が慎重に通過している。ラインは3?2本?右端の浅い轍を選んでクリア。
その先の急な下りを滑り落ちてやっとエンデューロテストのゴールだ。長い・・・!
ルートはやっと本部へ向けての戻りになった。舗装路から沙流川の河川敷に降りて小川をバシャバシャと走りウッズルートに出た。ここは去年エクストリームテストだった場所だ。ここで豪快に沙流川にダイブした人がいたなあw
河川敷からスキー場に戻ってきたらエクストリームテストだ。濡れたスキー場の草地は滑る滑る。緩い斜面を上るのも大変だ。
そしてあの縦丸太!スピード出して、こける前に通過したらクリアできた。ただその先の右ヘアピンは全く間に合わないが。
そしてゴール。ふう、これでやっと1周だ。
101916227317699608.jpg
RUNARUNAさん

ここでは8分近い余裕があった。しかし今回の日高は大変だ。これを3周もするの?もうかなりお腹イッパイ。
ガソリン給油して2周に入った。クロステスト。2周目からはタイム計測だ。コースはもうどこを走ってもぐちゃぐちゃ。転ばないように慎重に走ってゴール。
1020906121317726526.jpg
るいタンさん

1周目よりややペースを上げて長い林道走っていると、後からスタートした香高君がえらい勢いで抜いていった。おー飛ばすなあ。でも無駄に飛ばす必要は無いのになあ。タイヤ減るぞ。
今度は中間チェックポイントで10分くらい余裕があった。んーあんだけ林道飛ばさなきゃなんないの?
エンデューロテストは前を走るアリババの社長の動きとライン取りを見てつるつる牧場を無難に通過した。Yoshiさんは運悪くスタックしていた。
朝は青空が出ていたが天気は確実に悪化していて、高い山は雲に覆われてきた。
長いコースの一部分では小雨も降っている。コース自体も轍がひどくなったりぬかるみが大きくなったりして悪化している。どうか天気よ、最後までもってくれ。
2周目、クロステスト後の森の小道で突然渋滞していた。狭い赤土のV字谷。バイクがたくさん通ることで轍がだんだん深くなって女性ライダーが完全にハマっていた。まったく動けそうにない。
前方でzipの北村社長とyoshiさんが道を開拓しはじめた。女性ライダーの後ろにいた米田さんは強引に彼女の前に出たがやっぱり轍に捕まって動けなくなった。GASGAS250のエンジンを必死に吹かす米田さんを置いて我々はそこを脱出した。ちょっと今の渋滞で時間に余裕が無くなったか。ZIPの社長はかなりのハイペースで走る。勢いがありすぎてミスコースしてしまうくらいだ。
つるつる牧場でも飛ばす。人と違うラインで攻めているがそれが裏目に出てスタックしているが。
それと対照的にアリババの社長は冷静にラインを読み、ミスすることなく堅実に走っている。そんな中YZ125に乗る大木選手がパアーン!と全開で追い抜いてきた。速っ!あのスピードでよく転ばないなあ。
パアーンと米田さんも追い抜いていった。あそこを脱出出来たのか。
あちこちでスタックするみんなを尻目に僕は順調にエンデューロテストを終わろうとしていた。そして最後の泥沼地獄。
入り口に佐藤カメラマンがいたのが見えた。どんどん状況は悪化している。僕は右端のラインから恐る恐るそこに入っていった。すると下りで前輪がぬかるみにはまり、つんのめった状態でスタック。ええ?前輪がスタック?
ハンドルを引っ張ったりエンジンを吹かしてもまったく動きそうにない。
仕方なくバイクから降りて前方に回り、前輪を掴んで回して脱出出来た。せっかくテストを順調に走ってたのにこれかよ。
佐藤カメラマンのカメラがしっかりとこちらを捉えていた。
そして泥沼地獄から這い上がろうとしたら今度は後輪がスタック。全く進もうとしない。轍からバイクを引きずり出して結局真ん中のラインで脱出出来た。その先の下りは滑って立ち木に引っかかった。バイクを起こそうにも足場がつるつるで踏ん張れない。目の前にエンデューロテストのゴールは見えているのに。やっと脱出してゴールしたらがっくりきた。

パドック方面に戻ろうと走っていたら道路脇に米田さんがGASGASを修理している姿があった。
エクストリームテストは順調に走れた。そして3周目も無事オンタイムで戻ってくることが出来た。今日はこれで終わりだ。やれやれ。ガソリン補給して各部チェックしてバイクをパルクフェルメに入れた。
片付けしているとアリババの本田さんから生ラーメンとピラフをご馳走になった。やっぱりお腹空いてた。ありがとうございます。

そして全日本クラスがぞくぞくと戻ってきた。これから15分間のバイク整備が始まるのだ。
女性ライダーもタイヤ交換をする。ちょっと手が覚束ないが・・・
IMG_0161.jpg
イケチューさんは的確にこなす
IMG_0175.jpg
和泉TACさんはギヤオイル交換?
IMG_0171.jpg
チームスピードの五十嵐聖治さんもタイヤ交換
IMG_0199_20111204204750.jpg
同じくゆーやもタイヤ交換。ちょっと手こずってたw
IMG_0202_20111204204747.jpg
りんちゃんはまさかのハンドル交換?ハンドルクランプボルトが曲がった?
IMG_0204.jpg
彼らは見事な手さばきであっという間にタイヤ交換をやってしまう。内山裕太郎選手なんて前後タイヤ交換6分で終わった!あちこちでチャリーン、カラーンとタイヤレバーが転がる音がする。かなりの見ものだ。そして一気に静かになった。
オンタイムで帰って来るライダー達に対しては時間が読めるがそうはいかないライダーも多い。
特に今回の日高は厳しいコースだ。
ウィンカーの修理をするせえこちゃん。公道を走るレースなので無いと失格になる。整備時間は15分。
手伝ってあげたいところだがエンデューロレースは全部自分がやらねばならないのだ。
しかしナンバープレートの曲がり方がハンパないwww
IMG_0388.jpg
なんとか間に合って車検をパス。また明日も走れるね。
IMG_0395.jpg
予定時刻からかなーり遅れて帰って来た姉さん。遅着はなんとか60分以内に済んだよう。
IMG_0402.jpg

ハスクTE250に乗る佐藤さんがしょぼんとした顔でテントにいた。
「あれ?どうしたんですか?」
「エンジンの調子がおかしくなってリタイヤしたんだ。なんかインジェクションがおかしいみたい」あれあれ・・・。
自分が夕張EDの1日目にエンジントラブルでリタイヤした時のことを思い出した。
マシントラブルでリタイヤは、体が元気な分余計に悔しいよなあ。
そして道路脇にいたGASGASの米田さんは点火系のトラブルでリタイアとなった。速かったのに惜しい・・・

日高高原荘に浴衣に着替えたZIP社長がいた。
「今日、えらく元気に走ってましたね。飛ばす必要のないリエゾンまでバンバン」
「いつもなんかやらかすからね~。時間に余裕作っとかないと」
そう、去年は沙流川ダイブ・・・w

夕方から全日本クラスの1日目の表彰が日高高原荘で行われた。しかし宿の食事の時間の都合があったので我々は先に戻った。風呂に入って夕食が終わったら一気に眠くなってきた。
みんなはまだ酒を飲んでいたが僕は8時!に寝てしまった。夜は雨が降り続く。

今日のリザルトがインターネット上に出ているらしかった。長い林道をかなりのペースで走っていたサイクロンの本間社長は2位で、1分差で僕が3位だった。あんなにテスト内で失敗ばかりしていたのに?
やはりみんな同じだ。みんなどこかでミスしているんだ。とくにあの長くてトラップだらけのエンデューロテスト。いかにミス無く走るかが重要だ。
そしてあのZIPの社長が0.13秒差で4位にいた。きわどいwww

1日目 XPRESS JAPAN





DAY2

朝から雨だった。今日は天気は雨で気温もぐっ!と下がり最高気温も2℃という予報だった。
IMG_0415_20111204210908.jpg
IMG_0416_20111204210908.jpg
さぶっ!
雨が降ったり止んだりしている。今日はヤッケを上に着て走ろう。
今日は昨日の長い林道が全てカットされて距離も設定時間もかなり短くなった。
全日本クラスのパルクフェルメインはなんと朝7時前!今日のスケジュールはめちゃ早い。
走行前に認められているワーキングエリアでの朝の10分間の整備タイム。
雨先生、いきなりのクラッチ開けですか!ブレーキペダルの泥が豪快に中に入ってますww
PA020037.jpg
フッキーさんはエアクリーナー交換。
PA020044.jpg
PA020041.jpg

そして7時過ぎに最初のライダーがスタートして行った。急に冷え込んだのですんなりエンジンが掛からないバイクも多い。僕のバイクもなかなかエンジンが掛からずに焦った。
10210116611317729628.jpg
るいタンさん

スタートしてすぐフッキーさんが道端に止まってバイクをいじっていた。故障?
後から聞いたらエアクリーナーが上手く装着出来なくてとりあえずエアクリーナー無しでスタートしたらしい。
フッキーさんらしいwww

今日は1周目からタイム計測が行われるが最初のクロステストはコンディションが酷すぎ、そして午後のファイナルクロスにも使うということでキャンセルになった。
長い林道がカットされたことで結果的に難所が次々と現れる。
しかし日高スタッフの修復により昨日の難所は問題なく通過出来るようになっていてほっとした。それでもタイム設定は絶妙で、時間の余裕は昨日とほとんど変わらなかった。
中間タイムチェックには先にスタートした全日本レディースクラスの選手が数台時間調整していた。
PA020051.jpg
彼女らの数分後に走り出すBクラスの僕らは、長いエンデューロテスト内のどこかで追いつく可能性があった。
難所でスタックしていなけりゃいいが。テストのスタート地点はもう数本の深い縦溝が出来ていた。
PA020046.jpg
寒いのでKTMのピットサービスで白湯をもらった。指を突っ込んで暖めているライダーもいる。
まだ時間は8時前。天気はコロコロ変わっている。
PA020047.jpg

スタート!牧場に続く赤土の緩い登りは昨日以上につるつるになり、ギャップに振られて失速したらあっさりスタックしてしまった。「なんでこんな何でもないところで・・・」。もがいていたらフッキーさんに抜かれた。
そして彼女も先の方でスタックしてしまった。後ろからYZ125が勢い良く通過していく。大木さんだ。元気いいなあ。
土の上でも再スタートは無理なので恐る恐る横の草の上を走ったら上手く脱出出来た。
それを見てフッキーさんが「なるほど~。草の上はいいのね」という顔をして頷いていた。
エンデューロテストはここからが本番だ。パッと開けた視界の先には登り斜面でスタックしている多くのバイクが見えた。ルート上にはたくさんの深い轍が刻まれ、女性ライダや先にスタートしたライダー達がトラップに引っかかっている。おかげで安全ラインが見えた。
一晩中の雨で牧場は昨日以上にツルツルになってもうとんでもないことになっている。一歩ラインを誤れば即スタック!なんとか彼らの横を通過。ふう、このテストさえ抜ければ安心だ。
スキー場のエクストリームテストの草のゲレンデはやはりツルツルだが停止さえしなければ大丈夫だ。
1021238751317782483.jpg
umiちゃん

今日は2周だけなので後1周回れば終わりだ。しかし小雨だった雨はだんだんと本降りになってきた。これ以上悪化しないでくれ!祈る気持ちで2周目に入った。
牧場のエンデューロテストでZIP社長が追い抜いていった。元気いいなあ。しかしその先で大きくラインを外し有刺鉄線に引っかかっていた。やらかしてくれるww
僕は慎重に走ったおかげで無事に2周目を終わることが出来た。
各部チェックをしてバイクをパルクフェルメに入れた。後は午後のファイナルクロスを待つだけとなった。
雨はみぞれ混じりに変わった。じっとしていると寒いので日高高原荘に避難。
ストーブが点いていて天国!
PA020057.jpg

全日本クラスは3周だが姉さん+GASGAS200がなかなか帰ってこない。ツルツルのコースでかなり苦戦しているのだろう。
しかしほぼ最後の最後になってしっかりと戻ってきた。さすがしぶとさで定評のある姉さんだ。

今までの成績が発表になった。僕とZIPの社長の差は4秒に広がっていた。しかしそんな差は無いに等しい。
この後のファイナルクロスが勝負だ。あまりの僅差に珍しく順位を意識した。おそらく彼もそうだろう。

PA020065.jpg
PA020062.jpg

午後からは天気は急速に回復してきた。
パルクフェルメ入り口で楠井さんがハスクのリヤフェンダーを持っていた。エンデューロテストで捲くれてもげたんだと。
リヤフェンダーにナンバーとテールランプ一式付いていてワロタ。
PA02006811.jpg

みんなでファイナルクロス会場に移動する頃には晴れ間も見えてきた。
バイクを止めてTACKとコースの下見をする。今日はテストで使っていないとはいえ昨夜の雨を含んでどこもかしこもヌルヌルのツルツルで轍地獄だった。こりゃどのラインでも大変だ。


ファイナルクロスは初心者+レディスのクラスから始まった。
日章旗が上がってスタート!先頭は・・・せえこちゃんだ!腰を後ろに引いてWR250Fを力強く加速させていく。
もう会場中が熱狂した。
1021492131317782420.jpg
umiちゃん

「がんばれ!せえこ~!」コース脇に数珠繋がりなって応援する仲間や他のクラスのライダー達。
しかしこの歓声の中走ることが出来るのは完走者だけなのだ。
天気がコロコロ変わりハードだった今回の日高。ライダーにとってそれまでの苦労が吹き飛ぶ最高のご褒美だ。
結局彼女は転んで3位になってしまったが最後まで盛り上がった。

PA02007911.jpg

スタート前に下見の周回した時はコースはさらに悪化していた。前のレースでもよくみんな転ぶなと思ったが、この下見走行だけでも転ぶライダーが続出していた。これじゃどこを走っても転ぶじゃん。
僕はイン側のスタート位置を選んだ。Bクラスは台数が多く、スタートラインにはびっしりとバイクが並んだ。
スタート5秒前。僕はギヤを1速に入れて日章旗を凝視した。
スタート!反応は良かった。タイヤ半分前に出て2速。くそっ!マフラーエンドにデフューザー着けているので高速が伸びない。レブるまで回らない。
そして3速。左からオレンジ色のバイクがすーっと出てくる。ZIPの社長だ。
第一コーナーは3~4番手くらいで通過?コーナーも直線もツルツルで転ばないように走るだけで精一杯だ。
102059483317798777.jpg
RUNARUNAさん

慎重に、そしてアクセル開けられないことにイライラしながら走っていたら、上位が次々に転倒してどんどん順位が上がっていった。
「うおー、今トップじゃん!」
1022804691317833736.jpg
yasupaさん

アクセルの開けっぷりが良かったYZ125の大木さんが何度もアタックして抜いていく。やられたーと思うが必ずその先で転んでいる。
夢中でアクセルを開け続けた。上のパワーが去勢されたエンジンに鞭打って走った。
102149887111317764447.jpg
umiちゃん

そして最後の周の後半。苦手な轍だらけの右コーナーで体が硬くなってとうとう転んでしまった。
「あーやっちまったー!来る!後ろから来る!」と思ったらYZ125がCRFの上に覆いかぶさってきた。
「え?」彼も転んだらしい。早くバイクを起こすんだ!
1021278511317737050.jpg
るいタンさん
10228195111317835265.jpg
yasupaさん

一足先に彼が再スタートした。すぐに追いかけたがコーナー2つ回るとチェッカーフラッグだった。
あー・・・ゴールか。はあー残念。しかし面白かった!やっぱファイナルクロス最高!
ゴールしてから大木さんとガッチリと握手。「かなり離されたけど追いついてよかったー」と喜んでいた。
ゴール目前で転んでしまったがやっぱり僕も楽しかった。会場はかなり盛りあったに違いない。
会う人会う人、「残念だったねー。もうちょっとだったねー」と慰めてくれるのが痛いような申し訳ないような。
所詮これが実力です。
全日本クラスレースは我々とは比べものにならないような異次元レベルだ。

ライダーと観客が一体となって盛り上がったファイナルクロス。
みんな満足そうな顔をしている。
レースが終わったら日高の全てのスケジュールが終わってしまった。
年に一度のお祭りが終わってしまったのだ。
ぞろぞろと本部に戻るライダーと観客を見て、満足しつつも寂しい気持ちになるのは僕だけだろうか。



そして表彰式。
クラス優勝したせえこちゃん。めちゃ嬉しそうww
IMG_0248_20111204213651.jpg
フッキーさんは全日本レディスクラス表彰台。うーん笑顔がいいですね!
IMG_0289_20111204213650.jpg
チーム賞は「高見道」が優勝! 日高は全日本選手権ですよ!
IMG_0260_20111204213650.jpg
全日本ナショナルクラスはMXIBの永木選手が優勝。りんちゃんは3位。オレンジのカツラはパワーパーツですか!
IMG_0262.jpg
全日本IBクラスは3位、五十嵐聖治さん。美女2人両手にオヤジパワー炸裂ww!
IMG_0278.jpg
僕はなんとクラス2位だった。
日高に出始めて4年。初の日高表彰台だ。ライトを浴びて一段高い所から見る景色は格別だった。
IMG_0445_20111204213716.jpg


2日目 XPRESS JAPAN


今年の日高も楽しかった。日高の自然も紅葉も美しかった。やっぱり日高は最高だ。
みなさんお疲れ様でした。
主催者のみなさん楽しいレースをありがとうございました。


写真は
RUNARUNAさん
umiちゃん
yasupaさん
るいタンさん
動画はXPESS JAPANさん
ありがとうございます。
それ以外はもっこすです。



スポンサーサイト

| エンデューロ | 23:48 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>町A。さん
ファイナルクロス、楽しくも悔しかったです!(笑)
踏んづけて抜かなかったのが町A。さんのやさしさですw
お待ちしてま-す!

| エゾもっこす(管理人) | 2012/01/15 23:47 | URL | ≫ EDIT

コンニチワ。

ファイナルクロス、楽しかった(辛かった?)ですね!

最後、バイク被さってしまいスンマセンでした。

今年も行くと思いマウス。遊んで下さい。

| 町A。 | 2012/01/14 18:00 | URL | ≫ EDIT

こちらこそありがとう

>コタロさん
厳しくも楽しい日高。最高でした。
何度走っても飽きることはありません。
ずーっとずーっと続いて欲しいです。

| エゾもっこす(管理人) | 2011/12/01 23:12 | URL | ≫ EDIT

ありがとう

HTDEを堪能していただいてありがとうございます。
今後も期待を裏切らないようがんばらねばと、雪が解けてから褌締め直します。

| コタロ | 2011/11/30 21:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。