PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羅臼に流氷来た♪

第1日目

西高東低の気圧配置が長く続き、日本海側に大雪をもたらしていたこの冬
その北風はどんどんと流氷を南へ押し下げた。
そしたら流氷は知床半島を越え、羅臼にまで達していた。
流氷地図
これは行かなくては!
日曜日の朝に出発。道路には雪も無く青空の下快適なドライブ♪
弟子屈の道の駅に着いたのは午後1時だった。
ん?これは間に合うかも・・・20キロ離れた標茶にGO!
そこには蒸気機関車があった。
IMG_2852.jpg
この時期釧路と標茶の間を蒸気機関車が走っているのだ。
客車は満員でみんな写真を撮っている。写真撮影で駅に入らないでくれと張り紙してあるし、
決して線路には入らないでとまで書いてある。
撮り鉄は(写真撮影が目的な鉄道オタク)そこまで問題になっているのかw
音量注意!

あ、そっち向きですか・・・

中標津を過ぎてそのまま海へ向かうと、突然流氷が現れた。
おお、根室海峡で流氷見るなんて初めてだ。
IMG_2867.jpg

そのまま海岸線に沿って羅臼を目指した。


あ、知床連山は雲の中か・・・
果たして羅臼に流氷は無かった。いや、正確には周辺は国後島まで流氷で真っ白だが羅臼港付近だけ流氷が無かった。
天気は悪いし雪降ってて視界も良くないので写真は止めた。熊の湯へ行こう。
熱っ!やっぱり熱い!48℃くらいあるんじゃないか?
湯船に入ると息が出来ない。こんなにくつろげないお風呂はそんなにないぞw
IMG_2897.jpg

今日の宿は民宿「とおまわり」。
冬の日曜日に宿泊客なんているのかなと思ったら、宿にはオヤジ共が溢れていた。なんと9人。ムサクルシイw
彼らはこの羅臼の流氷に乗ってやって来たオジロワシを撮影に来ていた。
サンニッパにフルサイズ機は当たり前だそうだ。え?レンズとカメラで130万円だって?
鶴を見に行った時もスゴイを思ったが、鳥を撮る人は機材が凄すぎる・・・

相変わらずに次々と魚料理が出てくるここの夕食。
これはごく一部
とおまわり夕食

「ギブアップ宣言」しない限りエンドレスで色んな種類の魚フライが出てくるのだ。
参りました・・・

オヤジ共(60代~70代ばかり)は明日の朝5時のクルーズツアーに参加するので早めに寝た。
朝日と流氷とオジロワシとの写真を撮りたいんだって。
ちなみにツアーは見るだけ8000円、カメラ持ち込みだと10000円!高っ!
オヤジ共、金持ってんなあ~。



スポンサーサイト

| 未分類 | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。