PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年の道東はスゴイぞ!

道東は晴れの日が多く、そしてその分朝晩はすごく冷え込んでいた。毎朝マイナス15℃以下。
それだけ冷え込むので摩周湖と同じように屈斜路湖も全面凍結していた。
「御神渡りは見られるの?」
と宿の人に聞いてみると
「確か今砂湯の所にあるらしいよ」
と返ってきた。
御神渡りが現れた!

早速見に行ってみると、砂湯から少し離れたところにそれはあった。
冷え込みにより湖が凍り、その氷が膨張、収縮を繰り返してぶつかり合ってせりあがってきたものだ。
岸から恐る恐る氷の上に乗っかってみる。氷の厚さは20センチ程あり、大丈夫そうだ。
御神渡りに近づいてみると意外と大きい。高さは最大で1m弱くらいある。
真っ平らな湖面に突如として氷が吹き上がっていてそれがうねうねと氷上を走っている。ゴジラの背中のようなギザギザが蛇行しながら走るその姿からは、御神渡りというよりも氷の竜という感じだ(←ロマンチックじゃない)。自然の力はスゴイ!屈斜路湖の御神渡り


するといきなりビシッ!という音がした。
ゲゲッ!氷が割れる?こんな所で落ちたらシャレにならんぞ。急に足元の氷が不安になってきた。よく見るといたる所に大きなヒビが入っている。またビシッビシン!そしてガオーッ!どうやら広い屈斜路湖のあちこちで氷が割れて、その氷が振動しているようだ。
なんと生々しい自然だろう!
まさしく自然を体感している!生きている自然。この動きが御神渡りを創り出したのだ
時折かなり大きくビシィィィィィッ!!!!と音がするとビクゥゥゥゥッ!!!!と思わず縮み上がってしまう!多分大丈夫なのだろうがコワイ!氷を離れ、岸に足を着けるとやっと安心できた。ヒビ


同じ宿に泊まっていた金子さんというプロの女性写真家と朝日の御神渡りを撮影しに行くことになった。朝は快晴で気温はマイナス20℃!!昼間は結構写真を撮る人が多かったがこんな朝早くには我々以外には一人しかいなかった。
彼女はカメラ2台に大きな三脚を用意して氷の上に立った。もうすぐ日が昇るようでどんどん明るくなってくる。どんなに厚着をしていても氷の上に、しかもマイナス20℃の中にいるとどんどん寒くなっていく。しかし彼女はなんと素手!!寒い寒いと言いつつ手を擦り合わせながらも、一眼レフカメラと大判カメラを取っ替え、引っ替え撮影している。さすが、プロ…。
やっと日が昇った。よし、宿に戻ろう。1時間ぐらい氷の上にいただろうか。手袋をしたままの僕の指先はもう感覚がなかった。氷の上の彼女はまだ撮影を続けていた。
寒い思いをして撮影した僕の写真だが朝日の御神渡りはあまりパッとしなかった…。←ヘタクソ
スポンサーサイト

| 雪遊び | 02:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/22-b2691fa7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。