PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年末年始の記憶の記録・・・5

1/4
昨夜はちと飲み過ぎたか?朝早く起きてタイ人カップルと共にコタン温泉へGO!
日本の温泉文化に戸惑うかなと思ったが、彼らは感激していた。
しかしちょっとぬるく、10分入っていても暖まらない。ということで和琴温泉へGO!
おー気持ちヨカ!
お湯に長く入るのに慣れていないのか男性の方がボーッとしてきたので上がることにした。

朝食を食べてチェックアウト。またまたタイ人カップルを乗せて今度は硫黄山へ。
IMG_0367_20110105235018.jpg

硫黄山駐車場には馬そりが待っていた。
1/15から硫黄山で馬そりツアーをやるらしいのでそのモニターとして来たのだ。
IMG_0374_20110105235018.jpg

ガイドの「阿部っち」さんから簡単な説明を聞き、馬そりに乗車。
そりを引くのはばんえい競馬を走っていたコーリュウオウザ。愛称「コーちゃん」有名な馬らしい。
サラブレッドとは違ってデカイ!足も太い!
最初そりが雪面に凍り付いてて進めなかったけど、一旦走り出せばコーちゃんは力強くそりを引いていく。
騎手の前田さん?が巧みにコーちゃんを誘導しながら、雪の林道をみんなでワーワー言いながらゆっくりと進んでいく。
そりが傾く度にみんな反対側に移動してバランスを取る。素晴らしい一体感ww 
IMG_0381.jpg

登り坂に差し掛かると手前で一旦停止。呼吸を整えておりゃあ!と一気に登って行く。
おお、リアルばんえい競馬だw
ここ硫黄山はその昔世界有数の硫黄の産地だった。
昔は馬そりで運んでいてその後列車で運ぶようになったそうだ。今走っているのはその線路跡。
この現代で馬そりのツアーだなんて凄いぜ!
IMG_0398.jpg

コーちゃんの毛は汗で濡れてきた。彼の息遣いが聞こえてくる。がんばれ、がんばれ。
そして硫黄山の裏側までやって来た。ここで記念撮影。
コーちゃんは汗じっくり。全身から湯気が立ち昇っている。
IMG_0391.jpg

そしてまた同じ道を通って帰ってきた。
楽しかった。タイ人カップルも喜んでいた。このツアー、大人気になる予感・・・。
IMG_0405_20110105235310.jpg

硫黄山の噴気孔に迫ってみた。日本では火山は温泉も含めて一般的だが、外国人はそれが珍しいのか火山関係に興味津々だなあ。それはグアテマラでのショボイ火山ツアーを見て思った。
IMG_0415.jpg
IMG_0416.jpg

タイ人カップルを連れて摩周湖へ行き、最後に摩周駅で降ろして彼らと別れた。
彼らに北海道でのいい思い出が出来ただろうか。
IMG_0422.jpg

さあ、後は帰るだけだ。
阿寒のセイコマで昼飯食べて、雪が無い快適な高速を通って無事に家に着いた。
毎年行っているが、毎年楽しい年末年始の道東でした。
体重計が怖いです・・・w
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。