PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009 日高エンデューロ参戦 前編

今更ですが9/4,5日に行われた日高のレポートです。


日高2DAYSエンデューロに参戦してきた。

去年は初のオンタイム制エンデューロということで、遅着と早着をやらかしてしまい最下位だった。
んで、今年は去年より1つでも順位を上げるぞと鼻息荒く意気込んできた。
金曜日に現地入り。パドックはまたチーム騎馬民族に一緒に入れてもらえることになった。
これはかなり心強い。

今回は高原荘前の駐車場全部がパドックになっていたが全国から集まったライダー達ですでに満杯だった。
車検を受ける前にバイクのチェックをしたら、フロントタイヤの空気が抜けている?
昨日パンパンに空気を入れてきたのに。
幸い来る途中にチューブを買っていたので大事を取ってチューブを交換することにした。これで安心して走れる。
そして受付を済ませ、いざ車検。
毎回ハラハラするが問題無くパスし、バイクをパルクフェルメに入れた。もう明日の朝まで触れない。
天気は曇り。明日はどうなることやら。
P90504740.jpg

夜にポツポツと雨が降ってきた。ああ、やはり日高と雨は切っても切り離せないようだ。
真夜中には豪雨になった。

第1日目 

朝、雨は止んでいるが日高の山々は低い雲に隠れていた。
今日のタイム設定はB。
僕が出るBクラスは3周で、1周目は下見ということでテスト区間のタイムはカウントされないが
オンタイムで走らなければならない。
オンタイム制エンデューロはこのタイム設定で難易度の調節が出来るのだ。
P90504780.jpg

午前9時から全日本クラスのライダー達が2台づつ1分間隔でスタートし始めた。
僕も準備をし、時間通りにタイムカードをもらってパルクフェルメに入り、
時間通りにワーキングスペースに移動した。
P90504830.jpg

そして9時36分にスタートの合図をもらった。
僕はチョークを引き、冷えたCRF250Xのエンジンをかけた。バルルルルル。バイクは凄く調子がいい。
軽くアクセルをあおってからチョークを戻し、ギヤを1速に入れて静かに走り出した。
スタート地点の両側にはたくさんの観客がいた。
さあ2009年の日高2DAYSが始まった。

1252294655.jpg

沙流川エンデューロテスト

舗装路を3分ほど走ると突然沙流川エンデューロテスト入り口が現れた。
舗装路から林の中に飛び込み、ゲゲッというような坂を木々を避けながら下り切るとそこがエンデューロテストのスタート地点だった。
5,4,3,2,1、スタート!鬱蒼とした森の中のコースは狭い上に既に轍が深い。しかも木の根のトラップ付き!
オタオタしながら何とかテスト区間を抜けた。この森から抜けられるのかと思うくらいに長い・・・。

星山エクストリームテスト

舗装路に戻り5分ほど走ると広くて平らなエクストリームテストに着いた。
コーステープが張られ、すぐ目の前にはタイヤが並べられているのが見えた。
またか・・・。丸太もあるはずだよな・・・。前走車と少し距離が出来たところでスタート!
3列に並べられたタイヤの手前は砂地・・・。フロント上らんじゃん。とりあえず全開で突っ込むとうまく越えることが出来た。
クネクネとしたルートは轍だらけだし、一部ヤチが潜んでいた。真っ直ぐ走らない。ハマリそうなところは端っこを通ってパス。ねっとりとした粘土のような土がバイクに絡んでくる。
そうすると丸太登場!高さ30センチくらいか。よっこらしょ、よっこらしょと何とかフロントを上げつつ通過。
はあはあはあ。息が切れる。直線からえいやっと土手に登り、そのまま30度バンクのキャンバー走行。
手前でうまくスピードが乗って無事通過。目の前にはENDURO DAYS管理人がカメラを構えてる?そこヤバスよ。
ウッズを走り、川を渡りまたウッズを走ってやっとフィニッシュ。またしても長い・・・。ハアハアハア。

キャメルバッグのドリンクを飲みながら林道を走っていくと中間チェックポイントが現れた。
カードにパンチで穴を明けられ先へ進むといきなりのハマりポイント出現!ぬかるんだ後にそのまま草地の長い登りが続いている。どれだ、どのラインが行けるのか!
浅めの轍を選んでGO!ブァンブァンブァーンと吹かしながら足でも漕いでいくと無事クリア出来た。
パッと視界が開け牧場に出た。緑の丘を細い茶色のルートが走っている。ぬかるんだルートは轍だらけだし、草地は下が良く見えない。登りではもう何台かハマっている。
P90504900.jpg

後ろから慎重にラインを窺い、勢いを殺さずクリア。一歩間違ったら地獄だな。
やっと牧場を脱出すると中間タイムコントロールに着いた。

僕の設定時間まで後11分残っていた。ふう、この調子で行ければオンタイムで走れるか。周りには時間調整のライダーがたくさんいた。しばし談笑タイムww 
P90504890.jpg

時間が来たので、タイムカードに通過時間を記入してもらってスタート。

ダンチクロステスト

ウッズルートでちょっと走ると最後のダンチクロステストに着いた。広々とした会場にコーステープがバシバシと張られている。スタート地点はもう轍が深い。
5,4,3,2,1、スタート!コース幅も広く走り易いがコーナーは幾重もの轍が刻まれている。
轍に入らないように大回りすると転ばずに走ることが出来た。去年より成長しているかww
12523053940.jpg

そこからウッズルートで一山越えて林道に出た。
スキー場裏手から脇道に入ると道は急に狭くなり、バイク1台がやっと。しかもヌタヌタ。下りというのが幸いだ。
轍に入ったまま進むと自然に崖に向かい、おおっとお!と崖落ちしそうになった。このラインはヤバイ!誰か落ちるかも・・・。
急坂を落ちるように下り、ぬかるみのち2メートル登りのハマりポイントを過ぎるとスキー場脇の側溝に出た。
1252308469.jpg

ザブザブと進み、水溜りから斜めに上るとズズズズと後輪が草地の坂を滑り落ちていく。ヤバイ!どこまで落ちていくんだ。バイクを降り、何とか後輪をコース上に引っ張り上げ再スタート。気が抜けない。
そこからはスキー場のゲレンデを豪快に上っていく。

全開だあ!前輪が地面から離れそう。全開しつつも上部は荒れているのでなるだけスムースなラインを選んでいく。
気持ち良く一気に頂上まで駆け上がると、そこからはスキー場裏に回りこんだ。
濡れてツルツルの下りをあたふたしながら下るとやっとパドックに戻ってきた。
こ、これで1周か。長いな~。去年より1周の距離は短くなっているそうだがそんなのは全く感じない。いや逆に長くなっているのではと思えるほどだ。
ピットに戻ると僕の時間設定より15分余裕があった。ふう。
ガソリン給油と各部のチェックをする。CRFはホントに快調だ。
「今日はタイヤ交換するの?」と畑さんが聞いてきた。
「タイヤは持ってきたけどタイヤチェンジャーも無いので止めときます」
出来れば交換せずに済めばそれに越したことは無い。
「ええ?やろうよタイヤ交換。タイヤチェンジャーも売るほどあるしw」
「あ、そうなんですか?じゃあ元気が残ってればやります」
3周走った後に整備の時間が15分ある。その15分でタイヤ交換しなければならない。
去年はタイヤ交換の練習をしていたが今回は練習らしい練習もしてないので少々不安だ。
とりあえずタイヤ交換の工具の準備をしておく。

時間がきたので2周目に突入。テストのタイム計測がされるこれからが本番だ。
沙流川ETのスタート位置には轍が掘れないように既に畳が敷いてあった。
5,4,3,2,1、GO!おお、調子いいぞ。轍走行してもそこそこアクセルを開けていける。僕にしては珍しく無転倒で長いエンデューロテストを抜けることが出来た。
さあ次はエクストリームテストだ。
しかしコースは更に悪化していた。コースの全幅すべてに何本もの轍が刻まれている。とりあえず転倒しないように走るのが精一杯だ。テスト区間内の川渡り後の土手登りに1台のライダーが引っかかっていて完全にコースを塞いでいた。
違うラインでも行けそうだが大きな石がゴロゴロしているので、僕は間違いなく転ぶ。ちょっと待つとラインが空いたので無事通過。そして集中力が完全に途切れてダラダラと走ってゴール。あかん。
牧場に辿り着くにも一苦労。ハマって、押して、はあはあはあ。中間チェックポイントには5分しか余裕が無かった。すぐに時間が来て走り出すとコース脇の道路にフリーライドツアーの団体がいた。は、張り切らなくては!
252296707.jpg

ペースを上げると立ち木に激突しそうになった。あかん。
クロステストはペースは上がらないが無事にクリア。これでいいのだ。
それからまた山を越え、スキー場を駆け上がって無事に2周目を終えることが出来た。
12548110330.jpg

そして3周目。どんどん荒れるコースにどんどんペースが下がってくる。
ん?雲行きが怪しくなってきた。山の方は真っ黒な雲が立ち込めている。
エクストリームテストを終え、やれやれこれで中間チェックポイントで休憩できるなと辿り着くと、騎馬民族のヘルパー桜井さんがメモと時計を2度、3度と確認し「行って!そのまま行って!」と言った。
え?遅れてるの?ヤバヤバ。そのままチェックポイントへ飛び込んだ。ふう、ギリギリセーフ。
山の奥の方へ走っていくととうとう雨が降って来た!しかも土砂降り!しかもあのツルツル牧場で!
ただでさえイッパイイッパイで登っていた坂はもう無理!押し押し押し!はあはあはあ!
何とか最悪の状況になる前に牧場を抜けることが出来た。
その後のクロステストはグチャグチャでもうあかん。
スキー場まで戻ってくると、こちらは雨は止んでいた。ツルツルのゲレンデをあたふたと下りてくると目の前はプレフィニッシュだ。前方には何台も時間調整しているライダーがいた。
僕の時間は余っているだろうか?走りながら腕時計を何度も見ると・・・ガシャー!ズザザザザー!
舗装路の上でフロントから豪快に転倒してしまった。うう、痛い。なんでこんな所で・・・。情けない。
みんなが一斉に注目するのが見えた。気を取り直し、何ともないですよという顔をして時間を確認するとプレフィニッシュの時間まで8分ほどあった。

早速僕はリヤタイヤの空気を抜いた。同時にビードストッパーのナットも緩めてタイヤ交換の準備をした。これで15分間ある整備時間が少し有効に使える。また雨が降って来た。時間が来たのでプレフィニッシュを通り、ピットエリアへ飛び込んだ。
リヤホイールを外し、タイヤチェンジャーにセット。すぐさま畑さんが目の前にタイヤレバーを差し出してくれる。
エンデューロは整備はライダーが自分でやらなければならず、一部の簡単な作業を除いて他者は工具の手渡しまでしか手伝えないのだ。
空気ゼロで戻ったおかげでタイヤのビードは落ちていた。タイヤレバーを使う度に次のタイヤレバーが出てくる。ホイールをひっくり返し、反対側のビードも外す。
雨がひどくなって来た。パチパチパチとヘルメットに雨が当たる音がする。豪雨の中バイザーから雨が滴りつつタイヤ交換していると、「おお、エンデューロやなあ」と嬉しくなってきた。

水上さんより
CIMG0182.jpg

作業は順調にいき、10分ちょっとでリヤタイヤ交換が済んだ。残った時間で他の部分をチェックして明日の朝の10分間のワークタイムでやる作業の確認をする。残り1分でもうヨシとしてピットアウト。
パドック内の曲がり角で減速しようとリヤブレーキを踏んだらまったく効かない!目の前には駐車している乗用車が!ガシ!とフロントブレーキかけたらハンドルフルロックのままタイヤもロック。ズシャ…!くっ、もう少しで転ぶところだった。ふいー。そこはチームモトバレーゼの真ん前。「また転ぶなよ~」と笑われてしまった。
ホイール脱着したらリヤブレーキ確認しなきゃ…。
そして1日目をフィニッシュした。

ゴールの車検は問題無く、バイクはそのままパルクフェルメに入れた。
「はあ~、1日目が終わった~」何とかオンタイムで走ることが出来たようだ。しかし最後の雨は参った。もう1周あったら戻って来れなかったかも。Bクラスで良かったなと思うと同時に、4周目に走り出したAやSA、インターナショナルクラスのライダー達が心配になった。
しかしやはり速いライダー達はキッチリと時間通りに戻って来た。
急にピットエリアが慌ただしくなる。アチコチでタイヤ交換が始まった。飛び交う怒声、響く工具の音、残り時間を知らせるタイムキーパーの声…。2Daysでしか見ることが出来ない光景だ。

あのマナ選手もタイヤ交換
P90505130.jpg
阿部さんはフロントフェンダーがもげそうになって修理
P90505140.jpg
フッキーさんは給油と各部チェックで2日目へ
P90505110.jpg

トップライダー達は時間通りに走り、時間通りに作業を終えるのでピットは時間通りに静かになる。しかし一部のライダー達は最後の雨のおかげで時間通りに戻ってくることは出来ず、時折思い出したようにライダーが帰ってくる。かなりの遅着ペナルティーを食らっていることだろう。そしてやっと静かになったパドックは泥だらけになっていた。

暗くなってくるといい匂いがしてくる。あちこちのテントで焼肉が行われているらしい。着替えて身軽になった僕は買い物に行き、チーム騎馬民族の焼肉に混ぜてもらった。
今日のコースはどうだったとかハマったとかやっぱり話題は今日のレース。大笑いしながら夜は更けていった。
夜遅くホテルに今日のリザルトが貼り出された。
えと…お、8位だ!オンタイムで走れてペナルティーがが無かったのが良かったな。
雨は止む気配がない…。明日は何位になることやら。

続く…。


素晴らしい写真はRUNARUNA WORKSさんからです。
ショボイ写真は自分のコンデジです。
スポンサーサイト

| エンデューロ | 22:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>エージェントさん
やっぱり日高は別物です。
来年出ましょう!

| エゾもっこす(管理人) | 2009/12/21 13:37 | URL | ≫ EDIT

うん。
3カ月前を思い出しました(笑)

出て・・・みたいなぁ

| エージェント | 2009/12/20 23:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/156-acb6424e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。