PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

男のバイク


樽前
連休の序盤はCRF250Xでご近所林道の散策に行った。
殆ど雪は融けてるとはいえ北側斜面や車が通らない森の中はまだ雪が残っていた。
コーナーが少ない林道なので出そうと思えば軽く3桁行きそうだ。
う~ん、速過ぎる。パワーもあるしサスもいいので対向車さえ来なければ恐ろしいくらいスピードが出せる。飛ばすのが楽しい。林道でこれってヤバイ。

道南ツーリングから帰ってきて壊れたCRFの修理をしようと思ったがあまりにも天気がいいので翌日にまわしてXR600で林道散策に行った。
CRFに較べればやっぱり重たいしブレーキも効かない。う~ん、なんか乗れない。なんかチグハグで乗りづらい。
ここでハタと気がついた。CRFの乗り方をしているから乗れないのだ。

XR600といえば全てを置き去りにするかのような怒涛のパワーが売りだ。
そこでアクセルを大きく開けてみた。リヤタイヤは路面を蹴飛ばしライダーを振り落とさんばかりにグァー!と加速する。ギヤチェンジする必要も無くとんでもないスピードまで達するXR600をコーナー入り口ではバイクを立てたままブレーキを終わらせる。
向きを変えてコーナー出口が見えたらアクセル全開。
コーナーの残りはリヤタイヤがドリフトしながら向きを変えてくれる。軽くなる前輪荷重に合わせて上半身は自然と猫背になりやや腰を引いてリヤタイヤにグイグイと体重を乗せていく。
フロントタイヤは地面を離れそうになるが取り合えずリヤタイヤだけを感じていればいい。
バイクはエンジンとリヤタイヤだけになる。
いや、いつの間にか右手とリヤタイヤだけになっていた。
この感じ!やっぱりXR600は開けるのが楽しい!
しかしこんな走りをしていれば当然リヤタイヤはエライ勢いで無くなってしまうが。

XR600の楽しさを再確認した連休終盤でした。
xr600

スポンサーサイト

| ツーリング | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/125-3d98bfee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。