PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道南ツーリング

楽しかった連休はあっという間に終わってしまった。
まずは道南爽やかツーリング。

土曜日の朝に大沼近くに集合ということだったが、ETCを持たない僕は金曜日から出発した。
退屈で眠くなりそうな道路を、渋滞も無く快調に5時間ほど走ると大沼に着いた。
駒ケ岳が良く見える。今日はここでキャンプするつもりだがまだ16時なのでそのまま五稜郭公園まで桜を見に行くことにした。
新道が終了するといきなりの渋滞。函館は大きすぎる。
道路標識を頼りに公園を目指すと意外とすんなり着いた。そして駐車場も空いていた。
5角形の堀を満開の桜がぐるりと取り囲んでいた。その桜を大きな五稜郭タワーが見下ろしている。公園にはたくさんの客がいたが桜の下に張られたブルーシートの上で花見をしている人達はまだまばらだった。
いや~、桜はキレイだな。
何度も函館には来るが五稜郭公園に来るのは初めてだ。

桜
桜2

写真を撮りながら堀を1周歩くと丁度夕暮れだった。オレンジ色の太陽が美しい。
だんだんと暗くなってくると桜に取り付けられた提灯に明かりが灯った。いつの間にかたくさんの花見客。みんな桜の下でBBQやジンギスカン。腹減ってきた。
再び大沼に戻るともう完全な夜だった。とりあえず食料を買い、日暮山に行ってみた。
林道を2~3キロ登っていくと突然展望台に着いた。着いたはいいが誰もいない。真っ暗な中に白い壁のトイレがやたらと浮き上がって、はっきり言ってコワイ。
明日の朝この山の上から大沼と駒ケ岳をバーンと見ようと思っていたがあまりの無気味さに下界に下りた。結局大沼キャンプ場の駐車場で車中泊。

翌朝近くのローソンで朝食を食べて集合場所に行った。
場所に着いたが待ち合わせの時間まであと4時間近くある。先に着いてる人は寝ていた。

メンバーが揃い時間になったので林道入り口まで移動。今日は天気もよくて暖かい。きれいな林道を走った後、女子チームと分かれると道はいきなりぐちゃぐちゃツルツル、ヌタヌタになった。
KTM.jpg

みんな一斉にアクセルオープン!一気に置いていかれた。こんな道、僕は苦手なのだ。なんでみんな目が輝いてるんだ?ツルツルの登りをハアハアいいながら押して登ると坂の途中でみんな待っている?
「戻るよ~」ええ、せっかく登ったのにまた降りるの。女子チームと合流して昼食の時間。
爽やかツーリング

午後は女子チームにも頑張ってもらい、男子のサポートを付けてハードルートにアタック。おお、みんな何とか上がっていく!苦労して上がった後には素晴らしい景色が待っていた。舗装路をすんなり来たらこの感激は無いだろう。
駒ケ岳

また山の中に戻り、男子は周回ルートを果敢に攻める。中には登りの轍にハマル人や川の中にダイブする人も。熱すぎる。
僕は轍を通過した後ギヤを上げようとしたら出来なかった。?なんで?よく見るとチェンジペダルの先っぽが無くなっていた。これじゃギヤチェンジできないじゃん。終了~。幸いもう今日の走行は終わりだった。なんとか踵で無理矢理ギヤチェンジして下界まで降りてくることができた。
チェンジペダル

さくらソフト

そして限定というさくらソフトを食べた後に本日の宿に移動。部屋からは津軽海峡が見えた。
まずは温泉だ!そしたら宴会だ!冷蔵庫の中には溢れんばかりのビールが!しかも2台!

まっつさんのブログより
宴会

みんなバイクの話で盛り上がり、札幌組も到着し、スペシャルゲストも登場して宴は続く。気が付けば日付が変わっていた・・・。

翌朝は、曇り・・・。雨さえ降らなけりゃいいや。朝からまっつさんに同じCRFのチェンジペダルを借りてきて頂いて走行可能になった。集合場所に移動すると、昨日よりさらにバイクが増えた。今日はかなりハードらしい。期待に胸躍る。この時点では・・・。
今日もやはり女子チームと男子チームに分かれて走る。その男子チームの中にレディスの女王「りお姉さん」も参加。ヌタヌタ、ツルツル、ザクザクな道を男子と変わらぬペースで走っていく。ええ?
峠の頂上付近にはまだ残雪があり、道を塞いでいた。赤ゼッケンな人や元気がある若者はアクセル全開で突っ込んでいく。しかし殆ど押していたが。そんな光景を「やっぱ無理だよね~」なんて中年組は笑いながら見ていたが・・・・実はあの元気さがちょっと羨ましかった。

残雪を迂回ルートでやり過ごして車まで戻るともう昼を過ぎていた。ガソリンを給油して軽く昼食を食べたら午後の部だ。午前ルートよりもっとハードらしい。
まっつさんの先導でついていくといきなりのヌタヌタ!しかも深い!そして次々と現れる川!ふ、深い!バイクが沈んでしまう!
後続の、そんな動揺をまったく気にすることもなくまっつさんはCRM80!でどんどん進んで行く!なんてヤツだ!
水没だけはヤだな~と濁った川を渡るのを躊躇していたら「りお姉さん」はズバッと抜いていった。根性ある・・・。
1番最後にやっと林道に戻ってきたらまたスタート。アクセル開けて追いかけるが、ん?何かおかしい。アクセル開けると加速しないのにエンジン回転だけが上がっていく・・・。ああ、クラッチ終了だ~。とにかく先に行ったみんなに知らせるためにもゆっくりと先に進む。また川や沼地が現れたらどうしよう。やっと合流してリタイヤ宣言して車に戻った。残念。

みんなが戻ってきた。あの後かなりヤバイルートだったらしい。中には豪快に水没する人もいたとか。見たかったな~。みんな満足そうな顔をしている。
借りていたチェンジペダルを返して一安心。楽しい2日間の道南ツーリングはこれで終わった。
タイトルは「爽やかツーリング」だったがどこがじゃと突っ込みを入れたくなるような泥ヌタ三昧な楽しいツーリングでした。
慌てて家に帰る必要もないので桜で有名な松前に行ってみた。桜はまだ4分咲きだったが夕暮れの静かな松前城は良かった。日本海側を北上。温泉に入り公園で車中泊して翌日の午前中に家に着いた。
松前桜

今回の「爽やかツーリング」のために家にも帰らず準備をし、当日も朝早くからルート上の倒木処理をしたり、夜勤明けのまま登場するなどしてくださったみなさんありがとうございました。
おかげさまで楽しい2日間を過ごすことができました。
また走りましょう。

スポンサーサイト

| ツーリング | 23:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いまさらながら

どうも~。道南では色々と楽しかったです。
その若者と書かれていた、GASGAS EC250 05に乗っていたhiroといいます。ねぇさんの連れ子?お兄ちゃん(06 ec250)も壊れて、おかぁさんは迷子になっちゃうし、子供の僕は知らないおじさんたちについていくしか無かったです・・・

迷子って嫌ですね~

その後勢い良く水没したのも私です!

16秒って行ってもらえれば、大体の人は分かるかと・・・

木古内頑張ってください!
僕は1日酔っ払いでいきますんで~

| hiro | 2009/05/23 11:08 | URL | ≫ EDIT

あらら

>るなるなさん
そんなにご近所だったとは。
函館には何回か行くけど港と函館山と谷頭地温泉しか知りません。
ゼヒ一度案内してください。あ、札幌もお願いします。

ツーリングでは基本放置ですww
だって上達しないでしょ?
ほら、難しい所を行けた時の感激!

| エゾもっこす(管理人) | 2009/05/12 18:26 | URL | ≫ EDIT

これはまたずいぶんと

近い所にいましたね。
旦那の実家も私の実家も五稜郭公園の近く。
連絡してくれればよかったのにぃ~。

この季節になるとバイクに乗りたくなります。
通勤では乗ってるけど・・・・。
ピッコロには2年間殆ど乗っていないので乗れるかどうか心配。
一緒に走れる機会があったらよろしくお願いしますね♪
バイクの押しとか~転んだ時とか~埋まった時とか(笑)

| るなるな | 2009/05/11 23:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ezom.blog18.fc2.com/tb.php/124-5b620400

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。