2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 恵庭エンデューロの動画

8/25に行われた恵庭エンデューロに参加してきました。
とりあえずそのツーリング(泣)レース動画をアップしました。







リザルトやっと出た

記事はもうちょっと後で・・・
スポンサーサイト

| エンデューロ | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 ルスツXCの動画

7/28に出たルスツXCの動画です。
1周通しではなく、こま切れですが雰囲気は伝わるかな?
長いのもあれば短いのもあります。

スタート~


早速Bクラスに抜かれ・・・


猫社長の開けっぷりに驚き


3周目かな?登りに失敗したライダーたち


またもBクラスに抜かれ・・・


やっと1時間近く経過・・・


雨先生と加藤さん発見!



みなさんお疲れ様でした。

| エンデューロ | 23:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 ルスツXC 参戦

ルスツスキー場でバイクレース?

ルスツといえば北海道でも最大級のスキー場だ。
冬はたくさんのスキーヤーやボーダー、そしてあまり雪に馴染みが無い外国人までも大勢がやって来て北海道ならではのパウダースノーを堪能する。そして夏は夏で規模が大きい遊園地が営業されるところだ。

スキー場をバイクで走るなんていうのはオフロードバイク乗りならみんな夢想するだろうが、それがルスツで実現するとは思ってもみなかった。
考えてみれば夕張エンデューロはレースイスキー場の一部を使って行われるが、レースイとルスツスキー場は同じ会社だということに今気が付いた。
初めての開催地。それも大規模なスキー場でやるなんて聞いたらもうじっとしていられない。

コース全容(夕張XC-EDのサイトより)左回り
rusutsu.jpg

もう久しくレースに出ていない。最後に出たのは去年の10月以来か・・・え?9ヶ月振り?
今年のゼッケン番号なんてやっと知ったくらいだw
IMG_7371_201308181710461a7.jpg

7/28 天気は雨。ルスツに向かう時には土砂降りだった。あ~スキー場の坂登れるかな?
幸い会場に着いた時には雨は止んだがまたいつ降り出してもおかしくはない空だ。
告知期間があまり長くなかった割には多くのライダーが来ていた。

ああ、レース場で会ういつもの顔だ。同じ趣味の人たちと同じ空間にいるというのが心地いい。
コースはスキー場の山を丸ごと使った一周12キロのコースらしい。
おー緑と白の違いはあれど、見覚えがあるレストハウスだ。
IMG_7374_201308181712108ac.jpg

車検に並ぶライダーたち。
IMG_7368.jpg
中央でライダースミーティングを行う畑さん。
IMG_7380_20130818171452bde.jpg


下り斜面に各クラス横一列に並び左ヘアピンの後そこから登りだ。
前列のSAクラスがえらい勢いで山の向こうに消えていった。
無題

そして1分後に我々Aクラス。
完全なスタート失敗。ほぼ最後尾で後ろをついていく。
左右にちょっと曲がった後はアクセルはずーっと開けっ放し。
草の背が高くてコース幅は広くはないが、思ったよりグリップも良いしギャップも無いので安心して開けれる。
どこまで登りが続くんだ・・・と心配になってきたところでやっと下りになった。
うっ!苦手な一本ライン。先行車はどんどん小さくなっていった。

しばらく単独走行を続けていたら岩場で早速抜かれたw 
ええ?1分後にスタートしたBクラスがもう来たの?
DT200WR?そしてもう一台抜いていった。あれは内藤さん+CR250か。
様子見ながら走っていたら内藤さんは登りの入り口で転んでいた。張り切り過ぎw
DT200WRは登りのスピードが遅かったのでなんとか抜けた。
そしたらTomoさん+WR250Fが抜いていった。みんな速いなあ。しかし登りで失敗していたところを抜いた。
AクラスなのにBクラスの人たちと争っててどうするwww
ちょっと早めに1時間ちょっと経過したところで給油。もうピットインしなくて大丈夫かな?

レース中盤で飯田さん+YZ250Fが抜いてきた。とうとうSAクラスに周回遅れにされちゃった。
と思ったと同時に久保田さん+KTM350EXC-Fと猫社長+2ストYZ250が続いて抜いてきた。
すげー、3台でトップ争いしている!

長い登りで失敗して途中で止まっているバイクが多い。CRFは快調で登れない気がしない!

レースもそろそろ終盤だ。僕は転倒もなく坦々と走り続ける。一体何位くらいなんだろう。

登りでプスプスとガス欠気味な症状が出た。え?一回給油で済むと思ったのに。
あと1周はたぶん持たない。めっちゃ燃費悪いやん!
パドックに戻ると残り時間20分。だめだ。入れなきゃ。

坦々と走っていたらSA飯田さんがまた抜いていった。速過ぎ!これで2周遅れw 

これで終わりと思ってパドックまで来たらまさかの残り4分!
ええ、もう1周行くの?ガソリン持つかなぁ。

んで、無事にゴールしました。
ふー楽しかった。天気も何とか持ち、地獄を見ることもなかった。
しかしカチカチのドライだったら単調だったかもしれない。
いやスピード出すぎて返って危なかったかも。
スタート前までの雨がいいスパイスになった。
結構岩場で転んでいる人いたなあ。みんな飛ばし過ぎ!
軍曹なんてチャンバー潰してリタイヤだし!
IMG_7392_20130818224655634.jpg
IMG_7393.jpg

結局3時間ちょっとで140キロ走ってました。平均速度は45Km/hくらい!


そして表彰式。
写真だけ並べますw 左から1位
FUNクラス
IMG_7398.jpg
Bクラス
IMG_7399_2013081817255615b.jpg
Aクラス
IMG_7401.jpg
SAクラス
IMG_7403_201308181725541a9.jpg

ルスツはじゃがいもなど農産物が有名なところなので、商品は北海道野菜詰め合わせ!
表彰終わってもこれだけ残っているのでジャンケン大会!
ええ、当然負けましたさ。
IMG_7404.jpg

ライダーの憧れスキー場レース。
出来れば本州のレースみたいに盛り上がって欲しいと思いました。

リザルトはこちら

動画を準備中です。


| エンデューロ | 17:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 夕張2デイズエンデューロ その3

IMG_8188_R11.jpg

Day2

今日も朝から快晴の2日目です。
IMG_8158_R.jpg
マーシャルさんたちの朝は早い。
IMG_8184.jpg
車検長の藤井さんも朝からスタンバッてます。
IMG_8186.jpg
パルクフェルメの中のバイクはナンバープレート脱落とかが多いですね。
ナンバープレート無いと走れないのでみんな必死です。
IMG_8197.jpg
IMG_8188_R_20130816224257024.jpg
1日目の1周目のペナルティはキャンセルされました。
コースの川部分で渋滞が酷かったそうです。
タイム設定が上級ライダーでもキツキツだった為か今日はちょっと緩いB設定。
IMG_8176_2013081622380948b.jpg

今日はお客さんも多くw僕の車は満員状態。
スタートは見ずに、最初は丁未クロステストへGO!

おーいい感じ!
IMG_6099_R.jpg
そして赤ゼッケンキター!
太田マサ選手!
IMG_8234_R.jpg
イシゲ選手!
IMG_8264_R.jpg
1日目は元気無かったタイスケもアクセル開いてる!
IMG_8274_R.jpg
リヤフェンダーが割れたのでハンドガードで補強してる内山裕太郎選手!
IMG_8287_R.jpg
釘村 忠選手!
IMG_8387_R.jpg
IMG_8521_R.jpg
IMG_8534_R.jpg
ありゃりゃ、せっかく修理したのにまた壊れそうですね。
IMG_8593_R.jpg
気を抜くと深い轍に嵌ってしまいます。
IMG_8677_R.jpg
せえこちゃんキター!
IMG_8728_R.jpg
キター・・・キタキター!轢かれる~!
「きゃー!(止まんない)」
いえ、こっちが叫びたいくらいですw
IMG_8731_R.jpg


次はレースイクロステストだ!
今度はちょっと頑張って山の上に登りました。
おーよく見えるわ。
おっとガンバレ。頂上はすぐそこだ。
IMG_8931_R_20130816232015936.jpg
IMG_8934_R.jpg
暑い中じっと待っていると・・・
IMG_8947.jpg

赤ゼッケンキター!
IMG_8963_R.jpg
IMG_9002_R_20130816232635af6.jpg
IMG_9022_R.jpg
IMG_9048_R.jpg
コース脇で女性たちに応援してもらうと元気が出ます!
IMG_8896.jpg

IMG_9131_R.jpg
IMG_9332_R.jpg
せえこちゃんの後姿カッケー
IMG_9373_R.jpg
ざくざくの登り坂にアタックするライダーたちの表情が良かったのでアップで!
他のもクリックすれば大きくなるんだけど。
IMG_9147.jpg
IMG_9256.jpg
目ぇ大っき!
IMG_9617.jpg


よしよし次はエクストリームテストだ!
毎日朝早くからご苦労さまです。オンタイム制だから突然来る心配はないですからね!
IMG_9637_R.jpg

時間通りに赤ゼッケンキター!
あれ?ブレブレじゃん!絞り開放だけじゃ全然光が足りない!
IMG_9644.jpg
ISO感度1000まで上げてやっと撮れるようになりました。
でもその間に数人の赤ゼッケンが通り過ぎていきました。
IMG_9653_R.jpg
岩を飛ぼうとした和泉選手。タイヤが滑ってバランスを崩した!
IMG_9664_R.jpg
着地と同時に沢のほうへ消えていきました。
IMG_9667_R.jpg
あんなところで転んだら痛そう!
IMG_9671_R.jpg
再スタートした彼に「ガンバレー」と声をかけたら「オー」と返ってきました。
IMG_9690_R.jpg

そしてあの壁!今日もたくさんの惨劇を生んでいました。
IAの近藤ゆうすけ選手でさえも・・・
IMG_9732_R.jpg
IMG_9735_R.jpg
IMG_9744_R.jpg
IMG_9774_R.jpg
IMG_9802_R.jpg
楠井さん、なんかヘルメットが大変なことになってるんだけど。
え?さっき岩場で前転したって?どんだけ不死身なのwww
IMG_9833_R.jpg
そして今回一番の惨劇がこれ。
斜面で2人のライダーがもがいている。
IMG_9847_R.jpg
そこへ太田パパが
IMG_9851_R.jpg
ラインとバランスを崩して突っ込んできた。
IMG_9859_R.jpg
木に頭をぶつけ、腕は木に挟まって宙ぶらりん。
IMG_9865_R.jpg
こりゃやばい!とカメラを置いて救助へ!
斜面で足場は悪いし腕は引っかかっているし足はバイクに挟まっているし、上からまた他のライダーが降ってくるし!3人がかりでようやく助けることができました。
腕折れたかな、担架が必要かなと思ったけど体は大丈夫な様子。
そして驚いたことに太田パパはエンジンかけて再スタートしていった。
一同唖然・・・げ、元気過ぎるオヤジだ
(この一連の写真は本人がブログに掲載したのでOKと判断しました)

そしてレースは終了。

太田パパのテントに行くと無事に走り終わって寛いでました。
「あの後大丈夫だったんですか?」
「ちゃんとオンタイムに間に合ったぜ~。あんまり覚えてないけど」
凄すぎる・・・
これならISDEも大丈夫ですね!
太田家はパパと息子2人(2人ともIAライダー)の3人で今年のISDEサルデーニャに家族で参加します!
次男のユキ選手は丁未クロステストでぶっ飛びそうになり、ハブが割れてリタイヤ。ちょっと想像できませんw
IMG_9876_R.jpg
本部には雨先生の姿が。
「ホントは出たかったんだけどね。救護に呼ばれちゃった」
出番がなくてよかったですね。
IMG_9879_R.jpg
表彰式の時間が近づいてくると突然メロンの搬入がw
IMG_9886_R.jpg
一旦パドックに戻るとHSSのアイドルが花畑牧場のアイスを両手に持ってうれしそうにしてました。
IMG_9915_R.jpg

そしてやっと表彰式が始まりました。IMG_6165_R.jpg
優勝は釘村 忠選手!
IMG_0007_R.jpg
Cクラスの女性ライダーも頑張った!
IMG_9990_R.jpg

そして問題の全日本ウーマンクラス。
2日間の総合結果で岩本選手が優勝!
うれしそうです。フッキーさんとの熱いバトルもありました。そしてせえこちゃん2位。フッキーさん3位。
IMG_6161.jpg
彼女らの表彰が終わったところで畑さんが血相変えて出てきた。そして岩本選手になんか謝ってる。
何?と会場中が思ったに違いない。その真相とは・・・表彰の順位が違っていたそうだ。
優勝はせえこちゃん! 2位に岩本選手。あーこれは罪作りだわ・・・
IMG_0008_R_20130817022838f58.jpg


無事に終わった今年の夕張2デイズエンデューロ。
ややこしいルートにミスコースするライダーが続出し、中には失格になったライダーもチラホラ。
IAでさえ感じるきつめのタイム設定のため公道をかっ飛ばしてしまうライダーもいました。
でもコースも間違えずに、オンタイムで走れるライダーもいるということは、
それはライダーの技量ということになるのでしょう。
ライダーに挑むチャレンジングなコース、新しい魅惑のグラストラック、高速爆走林道。
きついけどみんな楽しいと言っていたのが印象的でした。
また夕張の魅力が増えた。

夕張に全日本が戻ってくるのは2年後・・・


ウェブアルバムはこちら
Day1
Day2











| エンデューロ | 02:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 夕張2デイズエンデューロ その2

IMG_7961_R11.jpg

Day1

「夕張エンデューロは雨」という定説を覆す快晴の1日目となりました。
参加者はおろか主催者まで驚いているのではないでしょうかw

朝の車検に向かうライダーも多いです。
IMG_6296_R.jpg
IMG_6314_R.jpg
車検合格のステッカーを貼られたらバイクはパルクフェルメへ。
夕張エンデューロは公道も使ったレースなので保安部品や騒音など厳しい車検です。
IMG_6324_R.jpg

スタートが近づき、ワーキングスペースでくつろぐIAの方々。
IMG_6335_R.jpg
IMG_6336_R.jpg
IMG_6340_R.jpg

そしてスタートです!
3台づつ1分間隔のスタート。
IMG_6364_R.jpg
IMG_6382_R.jpg
今年のISDEサルデーニャに出場予定のりんちゃん!
IMG_6427_R.jpg
完走を目指すHSSの高岡社長!
IMG_6439_R.jpg
台数の都合で一人走行になる女性ライダー!
「えー道に迷ったらどうしよう
IMG_6481_R.jpg

そう、今回のルートは難しかった・・・
夕張ルート
コース中央にある現在地のスタート地点を出たら右?左?どっちへ行くんだ・・・?
夕張のレースに何度か出場し本州のライダーたちよりかは土地勘がある僕でもしばらく悩みました。
これは波乱が起きる・・・

スタートを撮ったらタイム設定とコースの移動を考えて、コース後半のレースイクロステストへ。
オンタイムレースは時間が読めるので撮影の作戦も立てやすいですね。
ライダーが来ないうちに移動も完了。
しばらく待つとIAキター!
IMG_6484_R.jpg
大田マサ選手!
IMG_6491_R.jpg
非力なWR250Rを全開で走らせる鈴木健二選手!ちょ、まだ下見の1周目なんですけどレブってる~!
IMG_6501_R.jpg
結構なアップダウンがある、ざくざくのコースです。そう、ズリ山ですから。
IMG_6564_R_201308161638491ed.jpg
IB,N,Bなど後続のクラスも続々やってきます。
IMG_6809_R.jpg
よく見てるとすでに各クラス入り混じってます。これはコースのどこかで何かが起きたに違いないw

もう全員走り去ったようなので近くにあるエクストリームテストに移動します。
スキー場を登り、横の沢にそれはありました。
ええ、こんな岩だらけの所を走らされるの・・・転んだらただじゃ済まんな。
しかも今回テストの終盤に助走無しで壁を登って降りてくるかなーりいやらしいセクションがありました。
それってトライアルで使ってる部分でしょw(トライアル北海道選手権がこの沢で行われます)

1時間ほど待つとIAキター!
え、その岩で飛ぶんですか!
IMG_6862_R.jpg
このエクストリームテストは過激なのでIA、IB、Nの全日本クラスしか通りません。
IMG_6899_R_20130816165738410.jpg
IMG_6977_R.jpg
立蔵パパがんばれ!
IMG_6985_R.jpg

んで問題の壁登りUターンではかなりのライダーが餌食になってました。
IMG_6996_R.jpg
前方の様子を窺いながらやって来たもりりん。
IMG_7012_R.jpg
助走部分の荒れたV字で失速したか。
IMG_7014_R_20130816170404c7c.jpg
IMG_7015_R.jpg
ラインがずれて木に激突!
IMG_7016_R.jpg
IMG_7017_R.jpg
「大丈夫かー?」
「手ぇ痛ーい」と言って再スタートしていきました。

IMG_7038_R.jpg
通過出来たライダーもヒヤヒヤだったことでしょう。
IMG_7032_R.jpg
竹さん「あっ、やばっ」
IMG_7060_R.jpg
「ぐしゃっ」
IMG_7065_R.jpg
バイクを上まで取りにいくのも大変です。
IMG_7080_R.jpg
そのあとも惨劇は続きます。
IMG_7099_R.jpg
IMG_7157_R.jpg
がんばれ竹さん!
IMG_7111_R.jpg

残り時間を考えて丁未クロステストへGO!
おー何、この気持ち良さそうなところは!
うわーここだけ走りてー!!
IMG_7220_R.jpg
IMG_7765_R.jpg
IMG_7509_R.jpg
コース脇でワーワー声援を送っているとみんなついついアクセルを開けるのかよく転んでました。
いや、別に下りの逆バンク左コーナーだったというのは偶然ですよw
IMG_7390_R.jpg
かなーりカメラ意識して走っていただきましたw
IMG_7379_R.jpg
せえこちゃんカッチョイイ!
IMG_7412_R.jpg
前橋選手カッケー!
IMG_7961_R.jpg
IAの近藤ゆうすけ選手、なぜにこんな順位を・・・?
IMG_7682_R.jpg

楽しそうなコースだけど雨溝がたくさん切ってあるので気を抜くとやばい。
楠井さんも溝につっかかって「はうっ」ってなってるし。キン○マ打ってないかな?
IMG_7298_R.jpg

そろそろIAのゴールの時間なのでパドックに戻りましょう。

ゴールすると一気にパドックは活気づきます。
今から15分間だけ整備の時間が許されているのでタイヤ交換祭りが繰り広げられるのです。
15分でタイヤ交換?そうです、短い時間で彼らはタイヤ交換しちゃうんです。
まるで手品のようなレバー捌きでホイールからタイヤをポロンと外し、サクッと嵌めちゃうんです。
しかも作業できるのはライダーしか許されていません。他者は工具を手渡すのみ!
乗るだけじゃなく、冷静な時間管理から整備能力まで求められるエンデューロなのです!
IMG_8025_R.jpg
IMG_8033_R.jpg
IMG_8045_R_20130816173601faf.jpg
IMG_8054_R.jpg
ゆーやもせっせと経験を積み重ねていきます。
IMG_6060_R_2013081617355918c.jpg

整備が終わってゴールし、車検を受けてバイクをパルクフェルメに入れたらやっと本日のレースが終了です。

暑かった。埃かぶった。風呂だ風呂だ!
レースイの湯はまたもエンデューロライダーたちの貸切状態。
今日のコースはどうだった、あそこはどうだった、パンクしたーとか昨日以上に話は盛り上がります!

リザルトは夜になっても発表されません。
本部では夜遅くまで電気が点いていました。

明日も快晴みたい。星空でした。おーさそり座じゃん。
IMG_8149_R.jpg


ウェブアルバムはこちら
Day1
Day2











| エンデューロ | 17:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 夕張2デイズエンデューロ その1

IMG_8045_R.jpg

7/13、14の2日間にかけて行われた夕張2デイズエンデューロを見てきました。

Day0

会場に着いたのは金曜日の午後。
フェリーでやって来ている本州組のテントがずらっと並んでいました。
まだまだレースの緊張感もなく、のんびりしたものです。
IMG_6273_R.jpg

ZIPのテントにはエルツベルグに参戦したタイスケ選手もいました。
DSCN1287_R.jpg
彼はあの超過酷なエンデューロレースに出場し、予選は通過したものの決勝で他車の石を目に食らって早々にリタイヤとなってしまいました。情報がほとんど入ってこなかったので日本のファンはやきもきしたことでしょう。
レース会場でまた見ることが出来てよかったです。
「日本中のタイスケファンの方々に写真を一枚」
「えーいますかねーw」
「楽さんが一番のファンかと」
「そう!あの人今回も家を出る時まで電話かけてきて。大丈夫?大丈夫?って。
ここは日本やちゅうのにwドイツやないのに心配しててw」あははは。
彼の自虐的ネタを交えた面白い話を聞いていると、テントに全日本赤ゼッケンの方々が集まってきました。
みんな心配してたんですね。赤ゼッケン同士の話はレベル高過ぎw

今日の車検も余裕を持って終わったようです。
車検長の藤井さんは「土曜の朝車検を受けたいライダーは大会事務局に前もって連絡することになってるのに、まだ数十台が連絡無しで来てませーん」と嘆いていた。明日の朝が大変だ。

夕方には焼肉ハウス?で開会式。夕張メロン食べ放題!!
DSCN1292_R.jpg

レースイの湯に行けば客はみんなエンデューロライダーばかり。
露天風呂は屈強な男共がぐるりと湯船を囲んで話が盛り上がっていました。
鈴木健二「前橋(全日本IB高校生ライダー)、速いね。センスあるねえ。でももう少し体重が欲しいね」
もっこす「重たい方がいいんですか?」と口をはさむ
「軽いとギャップや石に弾かれた時に耐えれずに飛んでっちゃう。体重があると少々のギャップがあってもドシッと安定するんです」
一同うんうんと頷いてるw
IAの世界・・・


晩御飯は近くの屋台村へ。
DSCN1305_R.jpg
「男丼」だったかな?角煮やおでんとかがどっさり載ってて500円!色が悪いのは照明のせい。
毎回リタイヤなHSSの高岡さんの熱い思いを聞かせてもらいました。
DSCN1304_R.jpg
パドックに戻るとチームスピードの「ゆーや」が暗い中必死でテントを立てていました。
こういうのが苦手だとは意外。
DSCN1307_R.jpg

車検を終えたバイクたちは静かに明日を待ちます。
DSCN1311_R.jpg

| エンデューロ | 15:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。