2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真冬の道東4Days 後編

Day3

今日は何をしようかな。
風が強いが天気がいい南へ行ってみるか。
朝の仕事が終わったヘルパーさんたちを乗せて虹別に行ってみた。

うーん、風が強いためか残念ながらフクロウの巣はからっぽだった。

そこから塘路までは結構遠く、間に合うかどうか…?
冬の一定期間釧路から標茶までSLが走っているのだ。
「雪景色に噴煙上げて走るSL」
実に、実に絵になるじゃないか!

そのSLはあと5分で塘路駅を発車する。
その塘路駅まであと5分。
前を走るトラックがやけに遅く感じる。
よし、塘路駅はもうすぐそこだ!
その時シュッシュッポッポッと煙を吐きながら目の前をSLが通過していった。
あちゃー、カメラ出す暇も無いw
しっかりと見た。うん、車窓からw
「あ~あ」残念な空気が車内に充満するがこれも仕方が無いw

「昼メシ行こか」
そこからもっと釧路に向かって走ると着いた。
「南蛮酊」
ここの噂は昔から聞いていて、かつ何度も店の前を通っていたのだが(国道沿いにある)来るのは初めてだった。
小心者の僕は聞いてみた。
「ザンタレハーフでどれくらいあるんですか」
「ハーフで350グラムです」
350グラム!いまいちどれくらいかは分からなかったが、それでも充分に多そうだ。
「…ザンタレハーフ定食ください」
DSCN0559.jpg
はい、全国のからあげファンの方々お待たせしましたw
DSCN0555.jpg
DSCN0556.jpg
大き目の鶏の唐揚げがゴロゴロと10個も!
これでハーフかよ!
ハーフで良かったと3人とも胸をなでおろしたw

隣のテーブルではフルサイズ2人前を注文したグループが大皿に盛られた、
正しく山のような唐揚げに苦笑いしていた。それは何かの拷問ですかw

甘酸っぱいタレに漬けられたザンギはおいしい。外側カリッ内側ジュワーw
ガツガツと食べたが、しかし最後の1個がお腹に入らない。苦しい…
結局女の子は半分以上残し、我々男2人も全部は食べ切れなかったのでお持ち帰りとなった。
しばらく唐揚げ食いたくない…

超大盛りザンギで有名な店だが普通のメニューもあった。
DSCN0558.jpg

細岡展望台から見る釧路湿原は風が冷たくて寒い!
IMG_5123.jpg

SLは標茶へ行ったが、またこちらに折り返してくる。
塘路駅でリベンジだ。
しばらく暖かい駅でSLが来るのを待つと遠くに噴煙が見えた。
IMG_5129.jpg
キター!
IMG_5140.jpg
あ、あれ…
IMG_5146.jpg
後ろ向き…
やっぱり絵にならんなあ
(標茶にはターンテーブルが無いので向き変えが出来ないそうだ)
IMG_5156.jpg
人気がある列車なので客車は満員だ。
IMG_5160.jpg

すぐそばでシューシューゴーゴーと音を立て、石炭が燃える煙とにおいを撒き散らし、
石炭の燃焼パワーを内部に格納した黒光りする機関車は迫力がある。
IMG_5198.jpg

突然「ピーーーーーー!!」と目の前の汽笛が鳴った。
鼓膜がビリビリと震える。
鼓膜が破れるかと思った。

IMG_5223.jpg

そして機関車はゆっくりと駅を出発していった。そう、後ろ向きでw
(午前の部に間に合っとけばなあ)

満足して帰る途中湖を見下ろす丘の上にオジロワシオオワシ発見!
IMG_4780.jpg
おーカッチョエエ!
IMG_4839.jpg
いいもの見れた♪


夕方いつも行く露天風呂に行った。
白鳥との貸切だった。
DSCN0560.jpg


Day4

久しぶりに雪遊びをするメンバーが集まった。
ちょっと風が強いがみんなでXCスキーツアーへGO!
摩周湖の駐車場から森の中へGO!
数年ぶりに履くクロスカントリースキー。
な、なんだこの頼りなさは!
止まらん!曲がらん!
似たような構造のテレマークスキーでちょっと滑れるようになったから楽勝だと思っていたら、まったく歯が立たなかった。
「エッジが付いていないので曲がらない」
「無くても曲がれる腕は無い」
「靴がふにゃふにゃ過ぎて足の向きは変わってもスキーの向きは変わらない」
もう為す術もなく転ぶ。どうしようもなく転ぶ。
雪まみれになって出てくるのは笑い声。
そんな不自由なスキーを履いて、オヤジどもは童心に返って遊ぶ。
「うひゃー!」「ギエー!」とか、
静かな森に笑い声が響くw
DSCN0569.jpg
DSCN0575.jpg
DSCN0580.jpg
DSCN0581.jpg

やっぱり外で遊ぶのは楽しい!

山を降りたらもう昼過ぎな時間になっていたので弟子屈ラーメンを食す。
DSCN0585.jpg
塩野菜ラーメン。これくらいさっぱりした方が好みだ。普通のは濃すぎる。

最後の最後まで遊んだ4日間。
やっぱり冬の道東は楽しかった。
これから家まで7時間ドライブが待っている。









スポンサーサイト

| 未分類 | 21:39 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真冬の道東4Days 前編

今年は早くからオホーツク海に流氷が押し寄せているらしかった。
白い大陸に会いたい。

屈斜路湖も完全凍結して御神渡りも出現しているらしかった。
あの巨大な一枚氷が呼吸するを聞きたい。

もう我慢できない。


ということでまた道東に行って来た。

Day1

夜勤が終わり、そのまま朝から運転開始。
昼前に以前から気になっていた清水町のそば屋さんに寄ってみる。
DSCN0467.jpg
牛玉ステーキ丼セット 950円
DSCN0469.jpg
清水町は牛肉を推しているらしい。レア気味のステーキ肉はジューシーでおいしい。
ちょっと卵に火が入りすぎた感じが残念。まあ普通においしい。
意外だったのは「そば」。口に運んだ瞬間「冷たい!」
よく冷やされたそばで歯ごたえも普通のざるそばなんかよりもっと強い。
こんなそばがあったんだ…
うどん派の僕はちょっと驚き。
つゆも柑橘系のしずくがちょっと入っていて、さっぱり爽やかだ。

DSCN0474.jpg
阿寒の山々も真っ白
雪道を7時間ほど運転して、日が傾いた頃やっと弟子屈に着いた。
屈斜路湖に行ってみよう。
IMG_4948.jpg
屈斜路湖は見事に凍っていたが一面雪に覆われていた。
その雪のせいで氷はあまり気温の影響を受けないので結果的に御神渡りはあまり成長していなかった。
湖面に走る筋状のものが氷が収縮して割れて盛り上がった御神渡り。高さ30センチくらいかな。
「凍った当初は透明な氷がどこまでも続いていて氷に乗るとこわいくらいだった」らしい…
その時に見たかったぞ!

数年前に来たときは1.5メートルくらいあって大迫力だったが、これも自然条件に左右されるので仕方が無い。
温泉が沸く湖畔には白鳥がたくさんやってくる。
IMG_4960_20130224183554.jpg
IMG_4990_20130224183553.jpg

いつもの宿にチェックイン。


Day2
朝食前に無料の露天風呂に入る。マイナス15℃の中雪見の露天風呂は格別。
服脱いでからお湯に入るまでが地獄だがw
DSCN0495.jpg

卵焼きメチャうまw
DSCN0515.jpg
朝食食べてから網走へ出発。

青い空と樹氷で白くなった木々
IMG_5010.jpg
途中の網走湖ではワカサギ釣りのテントがたくさん
IMG_5026_20130224185349.jpg
で、流氷観光船の港にもなっている道の駅に着いた。
IMG_5033_20130224185349.jpg
2階の窓からは青いオホーツク海が見えたw
無いじゃん!まったく流氷なんて無いじゃんw
IMG_5030.jpg
船で沖に出ても無いじゃんねw
IMG_5028.jpg
まあ…こんなこともあるさ。(翌日は強い北風が吹いて一気に接岸したらしいw)

仕方が無いので能取岬にあるという凍った滝を見に行こう。
車を置いて、海岸沿いに北へ向かって歩く。
浜には取り残された流氷たちが。
能取岬は20~30メートルの断崖に囲まれている。
DSCN0520.jpg
DSCN0539.jpg
そして歩くこと1時間。やっとそれらしいところに着いた。
凍った滝というよりかは崖から水が染み出しているのが凍った…?
IMG_5044.jpg
へえ、初めて見た。
IMG_5053.jpg
岬の突端まで行けば大きな氷柱があるらしいけどもう時間切れ。
また同じように歩いて車まで戻った。

網走市内のスーパーで昼食を購入。
ここは惣菜が安くて豊富だし、毎週水木には100円弁当なるものまで登場!
DSCN0545.jpg

浜小清水まで行っても流氷なし!
遠く知床半島の斜里やウトロまで行けば流氷が溜まってそう。
IMG_5075.jpg

いつも会えるとは限らないのがいいのかな。
そう思いつつ毎年通っている自分がいる。
少々残念な気持ちを引き摺りつつ屈斜路湖の宿に戻った。


新メニューになった焼きサンマとトマトソースのサラダ…だったかな?
DSCN0548.jpg















| 未分類 | 20:22 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誰のためのレース?

以下勝手なつぶやきです。

真狩でスノーモービルレースの撮影をしていたら
望遠レンズを付けたカメラを首から下げたおじさんが話しかけてきた。
「このレースは全道戦…なんですか?」
「いいえ。今まで真狩でのレースは全道戦でしたけど、今回は全日本選手権です」
「北海道だけですか?」
「本州でも行われてます。日本のトップライダーたちです」
「そうなんですか。たまたま車で通りかかったら何か音がするなあと思って来てみたんです。
こういうのやってるなんて全然知らなかったですね」

おじさんのいうことが現実だろう。
スノーモービルレースは凄く迫力があって面白いレースなのに内輪でやってるだけで
まったく外に向けてアナウンスされていない。
よっぽどのファンでもなければ場所やスケジュールなんて知らないだろう。
なんと勿体無い!

この間雪上バイクレースで優勝した知人とばったり会った。
「スノーモービルレースは好きでいつも来てるよ。遠く和寒まで行くこともある。
ここは移動出来なくて観戦しづらいのがイカンね。雪被りながら観るのが好きなのに。
安全が第一だけどこれじゃ面白くないので午前の部観たら帰る」
IMG_3536_R.jpg


これは僕も同感だ。僕も雪被ったり泥被ったりして観るオフロードレースが好きだ。
オフロードレース観戦の醍醐味と言っていいだろう。コースが遠すぎるロードレースは最初から論外だ。
しかし主催者は安全の為といって観客をどんどんコースから遠ざける。
今回もそこまでするかと思うほどコースから観客が排除された。
まるで観客を一箇所に集めておまえらそこから動くなと言われてる気分。
観客に来て欲しくないの?
IMG_4232_20130211145300.jpg

これはモトクロスレースでも同じだ。
必要最低限の完全管理で、もっと間近に観客にライダーの熱い走りを見せることは出来ないのだろうか。


レースが面白くなければどんどんと観客は減っていく。
昨日のレースでは一般の観客は50人?100人?くらいいただろうか。
IMG_3534_20130211144508.jpg
それ以外は出場するライダーとその身内と運営スタッフ。
これで全日本選手権?
IMG_3480.jpg

このままではいずれレースは消滅してしまうだろう。
雪上で格闘するライダーたちの走りは熱いが、遠すぎて観客にそれが伝わってこない。
なんと勿体無い!

昼休みにスーパーA級のライダーたちのサイン会が行われた。
雪がちらつく寒空に机を並べて10人のライダーがファンにサインをした。
ライダーたちは危機感を持っていると思う。
レースが無くなれば困るのは自分たちだから。
IMG_4209.jpg


スノーモービル界はそれでいいの?
オフロードバイク界はそれでいいの?

少子化でライダー人口はどんどん減っていく。
このままでは素晴らしいオフロード界が消滅してしまう。
これだけ魅力がある世界だから、X-ゲームやレッドブルみたいに
やり方次第で盛り上がるのではないだろうか。


僕は写真を並べることしか出来ないけれど、少しでも力になればとこのブログを続けていきます。

なんか勿体無くて吐いてみました。

| モトクロス | 14:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真狩にあの人現る!

スノーモービル真狩大会のパドックを歩いていると
ん?見覚えがある人が!
あ、モジゾーさんだ!
はるばる帯広からご苦労さまです。
去年は美瑛のスノーモービル会場で会ったなあ。
IMG_2721_20130211011742.jpg
去年の写真。

今年はレースやってるお客さんはいないので知り合いをシゴキ応援に来たんだ。
阿久津っているでしょ。前回の長野大会でもヒート優勝した子。
彼は福島だけど4年前からシゴイてるんだw 会った時はまだ高校生だった(現在21歳)。
もう普通に勝てる(優勝)実力はあるんだ。

ええ!あの阿久津選手ですか。元気ある走りでいつもトップグループ走ってますよね。
去年の美瑛大会での佐野選手とのトップ争いは凄かったあ。
今日の第一ヒートは残念ながら5位に終わってしまったけど。
「ちなみに彼はチームルナねw」
スノーモービル部門ですかw

バイクもスノーモービルも、ただ速く走る技術を教えるのではなくて、まず礼儀からというモジゾーさん。
彼に目を掛けられたライダーにはさぞや怖い先輩でしょう。

昼休みのひとコマ。
IMG_4240_20130211014134.jpg
5位に終わった第一ヒートのことを話しているんでしょうか。
阿久津選手はぐっと唇を噛み締めてるように見えます。

モジゾーさんの激励が効いたんでしょうか。
第二ヒートはずっとトップ争いしてました!
(結局3位でゴール。総合で3位)
IMG_442600_R.jpg

ガンバレ!チャンピオンは近い!



| モトクロス | 01:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 スノーモービル真狩見てきた♪

IMG_361400_R.jpg

2013 スノーモービル全日本選手権真狩大会を見てきました。
真狩ではいつも全道戦が行われていましたが今年は全日本選手権第2戦でした。

いつもより早めに出発出来たので今日は余裕だなと思ったら、オーバーパンツを忘れてた。
もし風が強かったら地獄だ…

いつもレースが行われる真狩スノーモービルランドに着いたら…あれ?
スノーモービル走っていないし、車もまったくいないじゃん!
ええ?日にち間違えた?突然中止になった?雪道100キロ走ってきたのに。
えええ?とりあえず近くの道の駅に行ってみよう。

その道の駅の前に「スノーモービル会場は1.5キロ先」と看板があった。
ああ良かった。会場が変わっただけだったか。
真狩温泉の近くのース会場にはたくさんの車があった。
ふう一安心。


ざーっと載せますね。
(写真はクリックで拡大)
IMG_2949_20130210223224.jpg
IMG_2950.jpg
IMG_2969.jpg
お~モービルの臓物はこうなってるんですね。
スクーターと同じじゃんw
IMG_2972.jpg
IMG_2981_20130210223328.jpg
スタートラインは赤スプレーで書きます
IMG_2998.jpg
コースはこんな感じ
IMG_4232.jpg
「スタートまでにはちゃんと直しとくから心配すんな」
IMG_3000.jpg
帯広のスーパーA級ライダー佐々木雅規選手。モトクロスも国際A級。
IMG_3006_20130210223756.jpg
スタート前の緊張のあまりネックブレースが喉までせり上がってます。うそですw
IMG_3011.jpg
プロカメラマンも大変です。質の高いオフロードバイクの写真を撮る長谷川カメラマン
IMG_3018.jpg
あっ!緊張は解けた?
IMG_3054.jpg
IMG_3058.jpg
最高峰スーパーA級のコースには大きなジャンプもあります。
あの巨体がバンバン飛びます!
IMG_3722_R.jpg
IMG_3069.jpg
IMG_3089_R.jpg
IMG_3108_R.jpg
IMG_3216_R.jpg
IMG_3239_R.jpg
IMG_3296_R.jpg
IMG_3317_R.jpg
もうみんな荒れたコースと暴れるマシンとそしてライバルと格闘しながら走ってます。
IMG_3489_R.jpg
IMG_3492_R.jpg
それ救助だ~
IMG_3474_R.jpg
子供用のナイトロかと思ったら違いましたw
IMG_3599_R.jpg
スーパーA級の走りは大迫力!
最近大活躍の阿久津選手!
IMG_3610_R.jpg
IMG_3614_R.jpg
IMG_3638_R.jpg
IMG_3646_R.jpg
IMG_3655_R.jpg
IMG_3724_R.jpg
スーパーA級第一ヒートは松田選手が優勝。2位佐野選手の追い上げも凄かった。
IMG_4199_R.jpg

そんで昼休み。
汁物の露店には早くも行列が。
IMG_4926.jpg

ファンサービスのサイン会も行われました。
IMG_4226_20130210230503.jpg
IMG_4215_R.jpg

君も早く乗りたいw?
IMG_4276_R.jpg



午後の部は3レース!
IMG_4256_R.jpg
IMG_4292_R.jpg
IMG_4371_R.jpg
IMG_4421_R.jpg
IMG_4067_R.jpg
IMG_4046_R.jpg
IMG_4593_R.jpg
IMG_4623_R_20130210231248.jpg
気が付いたらレースは終わってました。
第2ヒートも激しいバトルでした。
優勝したのはまたまた松田選手。
コースの反対側で撮ってたので表彰式には間に合わず。
リザルトもう出てた!

やっぱりスノーモービルのレースは迫力ありますね!
バイクの世界では殆ど聞かなくなった2ストの脳天に刺さるエキゾーストノートもイイ!
ちょっとはレースの雰囲気が伝わりましたでしょうか。
でもやっぱりレースは生で観るのが一番!!
次は2/16~17 北海道 士別
2/23~24 青森 白神スキーリゾート
3/2~3 北海道 美瑛

てか、毎週じゃん!
たった一ヶ月のシーズンしかない全日本スノーモービル選手権。
観戦無料!
観れる時に観に行こう!












| モトクロス | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 HOP スノーチャレンジエンデューロ見てきた♪

2/3に千歳のHOPで行われたスノーチャレンジエンデューロを見てきました。

フォト蔵にアップしました!

ドMたちの祭典w
前日にはこの時期には珍しく雨!が降ったために表面の雪が融け、そしてガッツリと冷え込んだ日曜日。
コースは見事なアイススケート場と化していましたw
もう歩くのも大変。気温はマイナス5℃。しかも北風が吹いてめっさ寒い!
こんな中でバイクのレースをするの…w?
最高の舞台にwたくさんのドMライダーが集まりました。

やっぱり小さいバイクが多いですね
IMG_0848_R.jpg
チラホラと見受けられるフルサイズのバイク。あ、世界のいとうさんじゃないですか。
IMG_0849_R.jpg
元MX国際A級の源治さんが振る旗でスタート!
IMG_4616_R.jpg
ブロロロ~、ボエ~とどこかしらのどかな排気音が響きます
IMG_4623_R.jpg
ツルツルやし、怖くてアクセル開けれんよね。

ゆうやは今年は鬼絞りハンドルのセローwではなくて意外なGASGAS+トラタイヤ
IMG_0862_R.jpg
あれ?この特徴のあるヘルメットは…モタードライダーの佐野新世さん!
IMG_0866_R.jpg
コースは雪があったりツルツル氷だったり土が出ていたりと、気が休まりません。
IMG_0931_R.jpg

ツルツルカチカチの縦の轍なんてもう転ばない方が無理!!
アチコチでズシャー!ドター!バターン!とバイクが転がっていますw
IMG_0927_R.jpg
IMG_0950_R.jpg
こんなにツルツルなんだもん。立つのもやっと!
IMG_0951_R.jpg
でもスピードが出ていないので笑ってられます。痛いんだけどねw
大きなバイクで出たことをさぞや後悔していることでしょうw
IMG_0938_R.jpg
IMG_2014_R.jpg

ちょwいとうさん、小さい子供を踏んづけたらいかんしょw
「レースに情けは禁物だ」
うそですw
いとうさんはやさしく抜いていきました。
IMG_1680_R.jpg

みんなよく走るなあ。僕は2年前に出て転びまくったのでもうこりごり。
IMG_0992_R.jpg
IMG_1042_R.jpg
ビッグタンクに満タンってそれじゃあ低重心化は…

やっぱり足が付く小さいバイクが有利でみなさん元気に走っていきます。
IMG_1186_R_20130204234957.jpg
凍れる十勝からお越しの久島さん。相変わらず速い!
IMG_1096_R_20130204235043.jpg
道南のぶっ飛び男、飯田さんはバンクからバンクへピンポン玉みたいに走る!これがCRM50の走りか!
え?50?
IMG_1251_R_20130204235042.jpg
IMG_1951_R.jpg
IMG_1371_R.jpg
IMG_1482_R.jpg
IMG_1430_R.jpg
これでも転ばない鎌田さん!どんなバランス感覚してんですか!
IMG_1490_R.jpg
IMG_2221_R.jpg
普通は転ぶよね、ゆうやw
IMG_4828_R.jpg
え、カブ?カブでそんな走りが出来るの?ステップとかマフラー擦ってるし。
IMG_1498_R.jpg
のんびり走る方もいらっしゃいました。ええ、転んだら痛いし、自分もそうします。
IMG_1822_R.jpg

ジャンプで一番飛んでたクどーさん。着地地点には雪の轍があるというのに手前から全開のまま。
もう夏とスピード変わらんやん。
IMG_1895_R.jpg
いやこの人もオカシイw エイプ50で捻りながら飛んでるしw
IMG_1900_R.jpg

でもハードな走りが祟ったのかタイヤのビードが落ちて空気が抜けるというトラブルに2度3度w
IMG_4846_R.jpg

コースは融けたり凍ったりしながらどんどん変化していきます。
快走を続けていた飯田さんもとうとうその餌食に!
氷の轍の前には為す術もなし。
IMG_2481_R.jpg
IMG_2483_R.jpg
IMG_2485_R.jpg
痛かったしょ?下は氷だもんね。
IMG_2496_R.jpg
7Dの秒8コマ連写が活躍しましたw


そして2時間半のレースは終わりました。
無事に済んで良かったですね。
寒風吹きすさぶ中撮影してて手が痛かったです。

各クラスの表彰です。←てきとう
IMG_4901_R.jpg
IMG_4904_R.jpg
IMG_2841_R.jpg
IMG_2845_R.jpg
IMG_2850_R.jpg
総合優勝したのはセロー225で異次元の走りをしたクどーさん!
なんと2位以下全員ラップ!もう少しで2位以下2周ラップ!
「楽しく楽しく走っていただけです」
IMG_2865_R.jpg

みなさんお疲れ様でした。

雪上レースに出るために新車のミニバイクを買ったりあれやこれやと改造したりと、
北海道の変態ドMライダーたちに九州育ちの僕は圧倒されます。
北海道の雪上バイクシーズンは始まったばかりです。
2/10は八剣山でレースがあるし、そのあと有名なルスツスキー場や日高スキー場をバイクで駆け上がったり
面白そうなイベントが山盛りです。
かなり盛り上がるので機会があれば見に来ませんか。

僕は撮りますw←出ないのか

フォト蔵にアップしました!

| エンデューロ | 22:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たくさん撮った!


今日は千歳のHOPで雪上バイクレースがありました。
7Dで連写を多用して撮ったら2000枚超え!
IMG_1250.jpg
チームスピードの飯田さん!


ただいまチェック中なのでレポートや写真アップは後ほど…

| エンデューロ | 20:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7D試し撮り

たまたま市内の体育館でバスケットボールの試合があるということで写真撮りに行ってきた。

想像はしていたがやっぱり体育館は暗かった。
IMG_0565.jpg

速い動きのバスケットボールを撮るには速いシャッタースピードで撮りたい。
ああ、でもF2.8のレンズを使ってもスローシャッターしか切れない。
仕方なくISO感度を上げていったら6400!
当然黒いところはノイズ出まくりw
もう画質は諦めるしかない。
IMG_0686.jpg

IMG_0777.jpg

IMG_0814.jpg

AFエリアもどれを使えばいいかイマイチ分からんし、やっぱりフィールドが違うと難しいね!
いい刺激になりました。



| 写真ネタ | 22:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CFカード

IMG_4576.jpg

カメラがEOS 40D から 7D に変わったことで写真1枚当たりの画素数が1200万から1800万にパワーアップした。
で、今まで使っていたCFカードでは撮れる数が激減してしまった。
40Dでは2ギガのカードで500枚強撮れていたが(ISO100のJPEGのみ)7Dでは300枚も撮れない。
一日撮影すると1000枚近く撮っていたので2ギガ2枚で足りていたのだが、このままではまったく足らない。

で、アマゾンでポチッた。
IMG_45760.jpg
これで8500枚近く撮れることになる。

これだけあればもう秒8コマの連写で撮りまくっても無くなる心配はないだろう。
ただ撮った写真のチェックが大変になるw



驚いたことに3年前に買った2ギガのカードと、
この間買った32ギガの値段が同じだった。
アマゾン凄いわw

カードがイカれないことを祈る…

| 写真ネタ | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。