2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドMたちの日常

新しいカメラを買ったのでちょっと調子を見てきた。

場所はこの間と同じ、浜厚真。
今日は12~13台が走っていた。
(写真はクリックで拡大)
IMG_0116_R.jpg
IMG_0077_R.jpg
IMG_0102_R.jpg
IMG_0289_R.jpg

7Dは今まで使っていた40DよりもAFポイントが倍くらいに多いのでライダーの目が狙いやすい。
どんな写り具合か帰ってからパソコンで見るのが楽しみだ。
IMG_0328_R.jpg
IMG_0294_R.jpg
IMG_0348_R.jpg
凍ったコースなのにみなさん元気に走り続ける。
寒いしょ?転ぶと痛いしょ?


昼からはHOPへ。
HOPは広いパドックの雪を除雪してバイク用のコースを作っている。
ここにも10人ほどのドMたちがいたw

冬の雪上レースのためだけに新車のCRF100を買ったんですって…??
IMG_0404_R.jpg
KX65が一見フルサイズかと思えるような子まで走ってる。
ああ、幼くしてこんな道へ…w
IMG_0365_R.jpg
IMG_0405_R.jpg

ノリノリで走るスケヤスさん。
IMG_0381_R.jpg
IMG_0374_R.jpg
セローにビッグタンクを付けてきた猫シャチョー。
それだけあれば雪上を8時間くらい走れるんじゃ?
「低重心化になるから付けてきたんだ」
でもブレーキ掛けただけでガソリンはみんな前に行っちゃってるじゃんw
IMG_0392_R.jpg
そしたら猫シャチョーはコース上でガス欠しましたw
IMG_0394_R.jpg
仕方なく2かさんがガソリン担いで救出。
IMG_0373_R.jpg
喜んで雪上走るのは「高見道」だけかと思ったら「モトクラフト」の藤井さんまで走ってるし
IMG_0388_R.jpg

最初このCRF見た時、110かと思いました。「小さいけど大きい?」
カブ用の14インチスタッドレスタイヤを使えるようにするためにホイールを組み替えたって?」
前後で5マン…?
IMG_0420_R.jpg
キャブレターがアイシングしないようにエンジンのカバーを作ってその熱でキャブを暖める…?
IMG_0424_R.jpg

他にも車用のスタッドレスタイヤを履いたEZ9は、新品タイヤにもかかわらずブロックを
たくさん間引いてあったりと、雪国ならではのノウハウがあるようです。
みんな雪上レースにどんだけ燃えてるのwww

1年中バイクで走りたいライダーは、雪が降ろうが路面が凍ろうが休みになればバイクに乗るのがもう日常化してるんですね。


来週2/3はHOPでスノーチャレンジエンデューロがあります。
道内からたくさんの変態ドMライダーたちが集まってきます。
ヘルパーは入場無料なのでみなさん無理矢理ヘルパーになってドMの祭典を見に来ましょうw





スポンサーサイト

| エンデューロ | 01:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

買っちゃいました♪

最初出た時はふーんくらいにしか思ってなくて、今のEOS40Dでいいやと思っていたけど、
これでもか、これでもかと詰め込まれた新機能を知るにつれ急速に頭の中を占め始めた。
「こりゃすごい…」

近々新型が出るらしく価格も大きく下がり最初の半値以下!!
もう我慢できんw
IMG_6764.jpg
(レンズは付いてません)

さあこれでまたバシバシ撮るぞ~!
まずは300ページ近い取り扱い説明書を読まなきゃw


結局最後は撮る人次第なんだけどね。

| 写真ネタ | 13:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デジイチ好みのコンデジ

去年の秋にニコンのコンデジを買いました。
これで3台持ち。いや、カメラって知らない間に増えるんですw
その前はフジの300万画素。スマートメディア!
IMG_6183.jpg
(写真はすべてクリックで拡大)


5年前に一番奥のオリンパスミュー 29800円
10メートル防水で耐衝撃なので天気や場所を気にする必要が無く、ツーリングライダー御用達なカメラだった。
しかし800万画素だし写りももやっとしているので単なる記録用として使っていた。
シャッター押してから写るまでのタイムラグも大きく止まったものしか撮れないし。
P5010104.jpg
こんなツーリングの時には便利
P7080122.jpg
この穴にカメラを突っ込んで水中のオオサンショウの卵が撮れた!
P7080123.jpg



1年前にソニーのサイバーショット 1万円ちょっと
新しいコンデジが欲しいなと物色していたところカメラ屋さんに型遅れ?で1万円くらいで売ってた。
これって半年前には3万以上だったような…?で、即買い。
さすがに新しい上に1600万画素は細部までくっきり写る!
まるでガラス越しだった視界が窓を開放したようなすっきりさ!
DSC00734.jpg
DSC00897.jpg

ただ、新しいだけあって(おせっかい)撮影モードがたくさんあり、それをいちいち呼び出すのがかなり面倒。
早く言えば細かい設定を変えたい時にやりづらいのだ。
完全おまかせモードにしとけばシャッターさえ押せば(予想以上に)キレイに写るのだが、
普段デジイチを使っている身としては写真撮ったという実感がまるでない。


それで去年の秋にニコンのP310ですよ。1万8000円くらい
いいなあと思ってたけど3万5000円くらいしてたのでスルーしてた。
そしたら新型が出るということで値段が半額近くまで下がったので買いました。
モードはシンプルで
絞り優先、 シャッタースピード優先、 マニュアル。あと、シーン別オート。
デジイチ使っている人は撮る時に絞りとシャッタースピードの組み合わせしか考えないから
ダイヤルもシンプルでイイ!
IMG_6186.jpg
しかもレンズはf1.8なんていうとても明るいのが付いている(広角側)。
少々暗くても大丈夫そう。
そしてf1.8レンズが作り出すボケもイイ。
DSCN0342.jpg
なんとマニュアルフォーカスまであるのでピント合わせはカメラ任せではなく、
自分で確認して撮れるので接写も安心。
これなら登山の時に大きく重い一眼レフ持っていかなくていいじゃないか。
DSCN0084.jpg
これはイイゾ!
仕上がり具合がなんかすっきりしてなかったので(ニコンの味?)
少しカチッとなるように補正したら好みになった。
思ったより大きくてポケットの中で嵩張るのと、防水じゃないのが気を遣うところだが
これからガンガン使っていこう。

カメラは次から次に新製品が出てくる。値段の下がり方もハンパない。
このP310も1万円切るか?店頭から消えるか?
買うタイミングが難しいw

今カメラ界はミラーレスモデルがたくさん出てきた。
撮像素子がデジイチと同じAPS-Cサイズで、レンズも同じものが使えるので写りはデジイチと同じだ。
見た目には大きなレンズにタバコの箱がくっ付いている感じ。
でもそれって結局ポケットには入らないじゃん。
値段もデジイチと変わりない。
んじゃもう「写真を撮る事」に徹したデジイチ買った方がよくない?

と思うのでした。





| 写真ネタ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

追い込まれた男たち

去年のレースですがせっかく書いたのでアップします。


登場人物
良隆 猫シャチョー バイク屋さん
将人 バケモノ
もっこす ヘタレなAクラスライダー


2012 北海道XCシリーズ最終戦HOP大会に参加してきた。
今シーズンは全6戦行われたが僕は6月の夕張大会以来の久し振りの参加だ。
会場のHOPは曇り。そして冷たい風が吹いていた。
レースは2時間耐久レース+ファイナルクロスで行われ、2レースの合計タイムで順位が決まる。

トランポからCRFを下ろすと横には今年Bクラスで参戦を始めたRYOがいた。
「白と黒のゼッケン。。。?もっこすさん、ファンクラスで走るんですか?」と聞いてきた。
ちょwww おめーより上のAクラスで走るんだよ。
今までまともに同じレースを走ったことは無いとはいえそのセリフは許さんw
(ファンクラスは白地に黒文字、Aクラスは黒地に白文字)
Bクラスを走る気分屋トミーも「今日はもっこすさんに勝ちますよ」と挑戦的なセリフを吐く。
確かに今年は夕張1戦しか出ていないのでランキング上は下から数えた方が早い。
でもこいつらには負けられねえ。

良隆は追い込まれていた。
今年出たレースは優勝や2位などかなりいい成績を残してきた。XCシリーズランキングも現在トップだ。
しかしあのバケモノも順調に好成績を収め、奴はランキング2位につけていた。その差は10点。
奴に先行されたらひっくり返されてしまう。
1シーズン必死で走ってきたがランキング争いは今日の最終戦までもつれ込んでしまったのだ。
良隆は負けられなかった。

バケモノは追い込まれていた。
今年出たレースは高見さんに勝ったのもあれば負けたレースもあった。
スピードでは彼に優っていたが結果が付いていかなかった。
そして迎えた最終戦。高見さんの前でゴールすればランキング1位の座を奪うことが出来る。
将人は今日のレースに優勝するしかなかった。
この日のために高い走行料を払って練習走行までやったのだ。
負けるわけにはいかない。何も起きなければ高見さんの前でゴール出来るはずだ。
しかしこのHOP大会はモトクロスコースとその周辺を使ったコースだ。ここでのレースにだけ出て来るバカっ速モトクロスライダーも出ている。
その何かが起きる可能性もある。将人は決して安心は出来なかった。

モトクロスコースのスターティンググリッドにSA、A、B、ファンクラスの順に4列が並んだ。
爆音を上げて最速のSAクラスがスタート!
フルグリッドに並んだ20台のバイクが一斉に第一コーナーに突っ込んで行く。モトクロスコースは整備が入ったばかりでギャップなどは無く真っ平らで全開で行ける。
僕はここのコースは好きだ。北海道 XCシリーズの中で一番と言っていい。
苦行にも近い他のレースとは違って楽しく走れる。まあ、速いかどうかは別だがw
スタートの幅はかなり広いし第一コーナーも3速、4速の高速コーナーだ。
パワーがものをいう砂のコースだ。非力なCRF250Xならアウトアウトでスピードを落とさずに回った方がいいだろう。
そしてAクラス。僕はややアウト側に陣取った。
そして旗が振られ10台がスタート。スタートは悪くなかった。が、良くもなかった。

団子状態で走っているとテーブルトップジャンプで頭の上からから抜いて行く奴がいた。将人だった。
あれ、奴がこんなところ走っていたなんて。スタート出遅れたのか。
12Hop2096.jpg

などと思っていたら右コーナーでアウトからカシラ が抜いてきた。
ええ?モトクロスコースでカシラにあっさり抜かれた。速い。
コースはモトクロスコースを離れ、林道に入った。
突然目の前が黄色一色になった。ここは紅葉の世界…
あまりの美しさに一瞬レースということを忘れてしまった。いかんいかんアクセルを開けなきゃ。
僕は黄色とオレンジの空間を突っ走っていった。
158243857_6241351493600.jpg

今日のレースは勝つしかない。
こういうコースに慣れたモトクロスライダーもいる。厳しくなるだろう。
キャメルバッグの水も飲む暇ないかもしれない。今のうちに咥えておこう。
将人は胸付近に垂れ下がったキャメル バッグの飲み口を探して下を向いた。
その時周りのバイクが一斉に走り出し、将人一人を置いて行った。
しまったあ!スタートの合図を見逃した!
慌ててスタートして必死で追いかけた。何やってんだおれは!
今日のためにケガしてしまうくらいにモトクロスの練習をやったのに!
目の前のバイクを次々と抜いて行った。遠慮している暇なんて無かった。
テーブルトップジャンプでは前を走るもっこすさんの上に着地しそうになった。
追いかけろ。高見さんに追いつくんだ。

ホールショットは2ストニーゴーのパワーを生かし良隆が奪った。
モトクロスライダーに抜かれたが今日も調子が良かった。赤ゼッケンを抜けるくらいに調子良かった。
コース後半で突然追い抜いてきたのは将人だった。
速い。将人はみるみる間に小さくなっていく。
やっぱり来たか。しかしまだレースは始まったばかりだ。焦ることはない。
良隆は冷静だった。


コースは狭い狭いウッズに入って行った。もうハンドルを通すのがやっとの上に根がたくさんだ。
こ、こんなん苦手じゃあ。
ここは我慢の区間…竹さんがスルリと抜いて行く。
あれ?誰か転んでいる。赤ゼッケン…?
やっとウッズから解放されたらHOP裏の林間コースに出た。
好きなコーナーが続いているがなんかイマイチ乗れていない。バイクが重たく感じる。う~ん。
そして新しく出来たフラットコースに突入。
ロードタイヤでも走れそうなくらいに平らなコースは走りやすいが気を抜くとズルリと滑る。
ふと後方を見ると1分後にスタートしたBクラスの先頭集団が来ていた。ヤバッ。
また林間コースに戻り、ギャップだらけの林道を走るとHOP外周路に出た。
砂の直線路をアクセル全開で走ると突然尖ったギャップ発見!
ああ!このトンガリギャップはこのまま行けば前転する!フルブレーキでなんとかやり過ごした。
ふう、危なかったと思いつつまたその直線を再加速した。すると、ああ!まただ!
危うく前転。気を抜いたところにまた現れるなんて罠かよ!
HOP外周コースの一番いやらしい部分のスネークコーナーには数台が絡んでいた。ふう、これで1周か。
モトクロスコースはいいとしてあのクネクネウッズがたまらんなあ。
12Hop2835.jpg

将人はスタートで出遅れてしまったが、1周目で全てのAクラスのライダーを抜き去った。
もっともっとアクセルを開けるんだ。
調子良く走っていた将人だったがウッズで木に激突してしまった。
転倒は免れたがアクセルが戻らなくなってしまった。これでは走れない。
将人は林道に出たところでコース脇に止まって仕方なく修理を始めた。
将人の横を今まで追い抜いたライダーが次々と通り過ぎていく。
高見さんがどんどんと逃げていく。将人は焦っていた。

林間コースの手前の高速道路トンネル下に将人が止まってる?バイクを壊したのか?
つくづく運が無いやつだ。夕張では工具を貸してあげたが今回は自分で工具を持って走っているようだ。
しかしかなりのタイムロスになるだろう。これで早くも高見さんとの勝負は決まったか?

今回のコースはモトクロスコースと新フラットコース以外はギャップ出来まくりでとても座っては走れない。
ヒーコラいいつつ走っていると竹さん+KTM250EXC-Fがグワァー!と抜いていった。おーアクセル開けてるなあ。
リンク無しリヤサスでも速いんだ←てめーが遅い
モトクロスコースでは頑張って竹さんを抜いた。しかしまたウッズで抜かれる。
みんなどうしてあんなスピードで狭いウッズを走れるんだ?←てめーが遅い
umiちゃんもウッズで抜いていった。

モトクロスコースに大きめのテーブルトップジャンプがある。
中間がややえぐれているのでちょっと怖いがこのまま飛ばずに終わるのはもったいないのでアタックしてみた。
手前の左コーナーを2速で回り、すかさず3速に上げてブワンッ!と飛んだ。
飛んだ瞬間にヤバイと確信。遥か下方を着地すべき地点が通り過ぎていく。
ぐわっしゃん!と平地に着地。次の右コーナーも飛び出そうになる。ひーやばかった。
しかし距離感が分かったからこれで次からは飛べるぞ。
1周が長いから飛んだからってそんなにタイム短縮にはならないけど、気持ちよく走りたい。

ウッズでズバッと抜いてくるバイクがいた。
内山裕太郎選手だ。速い!
もう周回遅れになっちまった。
赤ゼッケンが次々と抜いてくる。まったく次元が違う…。

ガソリンが減って軽くなってくると同時にやっとバイクに乗れてきた。
1.5時間が過ぎたところでガソリン給油。ちょっと入れ過ぎたか。
一気に重量が増えたらまた乗りづらくなってしまった。
あと3周くらいか。頑張ろう。
とうとうBクラスのライダーに抜かれた。元気だなあ。
外周路の直線を用心しながら走っていると気分屋トミー+YZ250が抜いてきた!
ええ!トミーが来た?このまま離される訳にはいかない。ぴったり彼の後ろにつける。
見ると、奴はまるで遊びながら走っているようだった。まだまだ甘い。
2周後ろを走ったところで彼を抜いた。負ける訳にはいかなかった。
12Hop2834.jpg

レースも後半に差し掛かった。燃費が悪い2ストYZ250に乗っているが良隆はビッグタンクを付けて無給油作戦だ。
給油だけでも1~2分タイムロスしてしまう。
前を走るモトクロスライダーはややペースを落としたのか良隆は余裕で後ろについていけた。
チャンスがあれば抜ける。

将人は必死で追いかけた。見えない高見さんの背中を追いかけた。ピットのサインが無ければ給油を忘れてしまうほどだった。危うくガス欠リタイヤになるところだった。
レースは残り僅か。
高見さんが見えた。追いついてやる!
将人はさらにアクセルを開けた。

もうじき2時間の耐久レースのゴールだ。チェッカーフラッグが見える。もう1周回れるか…? 
トップが2時間を経過した時点でゴールになる。僕はそのままチェッカーを受けた。
まだトップ以外数台しかゴールしていなかった。Aクラスの他のライダーたちはもう1周走っていることだろう。
バイク数台がバトルしているのが見えた。
あれはAクラスのトップたちだ!ええ、2時間走ってほとんど差が無いの?
結局トップ4台が連なってゴールした。熱すぎるw

次はファイナルクロスだ。風は段々と強まり風も冷たくなってきた。アナウンスする春木さんも辛そうだ。
しばしの休憩の後、モトクロスコースだけを使ったファイナルクロスが始まった。
最初はファンクラス、レディスクラス、そしてBクラスの混走だ。下見の1周の後、スタート!
速い!トップの走りなんてまるで上位クラスだ。

そして本日最終レース。AクラスとSAクラスとの混走だ。
下見の1周は僕が最初に飛び出した。おー気持ちいい!一気に気分が高揚するのが分かる。
フラットなコースは開け開けで走れる。2時間耐久はしょぼい走りだったがイケルかも…?

良隆は追い込まれていた。
将人とのランキング争いは2時間耐久では勝負がつかずこのファイナルクロスまで持ち越した。
モトクロスコースでは圧倒的に将人の方が速かった。このままでは負けるのが目に見えている。
ジャンプを飛ばなくては。
あのテーブルトップジャンプを飛ぶか飛ばないかで2~3秒違ってくる。
1周が長い2時間耐久レースの時には安全第一で飛ばないでいたがもうそんなことはいっていられない。
下見の1周で、追い立てられるように、良隆は飛んだ。
そして頭から着地してしまった。
何がなんだか分からない。
痛くて体が動かない。
目も見えない。
顔面を打ったか。
足も動かない。
なんてこった。

良隆は歯を食いしばり、バイクを起こしてとりあえず車まで戻った。
ヘルメットを脱ぐと顔が腫れてくるのが分かった。足も痛くて歩けない。
終わった。もうレースは終わったと良隆は確信した。こんな状態で走れる訳がない。
1シーズン頑張って走り続けていたがこんな結果に終わってしまった。
絶望が良隆を襲った。

下見の1周を終えたバイクたちがスタートラインに並ぶ
。2時間の成績順にゼッケンを呼ばれ、好きなスタート位置を選ぶことができるのだ。
残念な結果だった僕が呼ばれたのはほとんど最後wギチギチなグリッドにまともなスタート位置は残っていなかった。
30台近いバイクがエンジンを空ぶかしする。一気に緊張してくる。もうすぐスタートだ。
スタートに遅れたのか1台のバイクがスタートラインにやってくる。あれ?高見さん?

スタート時間が迫っている。
1年間頑張ってきたんだ。ここで諦める訳にはいかない。こんな終わり方をする訳にはいかない。
良隆は腫れた顔をヘルメットに押し込み、痛い足を引き摺りつつ、意地だけでスタートラインへ向かった。

日章旗が振られた!フルグリッドのバイクが一斉に左第一コーナーを目指す。
僕は前後ドリフトしつつアクセル全開な数十台のバイクに囲まれていた。
「こえ~!」
下手にアクセル緩めたら踏み潰されそうだ。
団子状態から少しづつバラけてくるとホッとする。
右ヘアピンをインからくるりと回るとそのままスピン…最下位になってしまった。情けねー
158329370_621602858.jpg
気を取り直して再スタート。後は抜くだけだからいいもん。←抜けるのか
ファイナルクロス効果とでも言おうか、さっきまでと全然走りが違うのが自分で分かる。
あれだけ重たく感じたバイクがヒラヒラと軽快に操れる。
楽しい。楽しいともっとアクセルを開ける。もっと楽しいという相乗効果。
おおっ!前方に転倒者数台!ん?将人?ということは…?
158333893_62451608148.jpg


結局数台抜いてあっという間の4周は終わってしまった。
いや、やっぱり楽しいわファイナルクロス。これだけ10回やってくれんかなw
トランポに戻ると高見さんが椅子に座っていた。
その顔は腫れ、出血もしていた。何が起きたんだ?
話を聞くと、負けず嫌いな高見さんの意地がもたらした結果だというのが分かった。
将人が、バイクを置くなりチームスピードのテントに駆け寄っていくのが見えた。
将人は調子良く走っていたが転倒した聖治さんを避けきれず思いっきり轢いてしまったと青ざめていた。
聖治さんの無事を確認したらホッとしたらしい。

色々な思いが交錯したレースだった。
僕はBクラス数台に抜かれたがなんとか高見道のBクラスの2人には勝ててホッとした←レベルが低いw

そして表彰式
158336273_621351606312.jpg
僕は5位。将人が4位。そして3位が高見さん。

これで高見さんがAクラスの年間チャンピオンになった。
将人はランキング2位。
まさか最終戦の最後のレースのゴールまでもつれ込むとは。
1年間戦って最後の数秒で決まるとは当人たちも思いもよらなかっただろう。
本当にレースは最後まで分からない…


みなさんお疲れ様でした。
熱い2012シーズンでした。
2013年もドラマを期待しています。

写真はRUNARUNAさんと
大森さんです。
ありがとうございます。

| エンデューロ | 03:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おいしい食事

正月休みに屈斜路湖そばにある「屈斜路原野ユースゲストハウス」に5連泊してきた。
ここは北海道でかなり人気のあるユースホステルだ。

元板前さんのオーナーが作る食事がまたおいしい。
ユースホステルでこんな豪華な料理が、と驚くでしょう。

せっかく料理の写真を撮ったのでアップしときます。
料理の名前は…忘れたw

イカとじゃがいものサラダ
「細く切ったジャガイモをさっと5から10秒ゆでてすぐに氷水にさらします。
いもの種類はなんでもいいけど少し赤みが欲しいのでメークインを使ってます。
実際、イカよりじゃがいもに手間がかかってるんよ(関西弁)」
さすが料理人、こだわりが半端ない。
シャクシャクとした歯ごたえのじゃがいもがおいしい。

以下こんな感じで作られてます。
DSCN0283.jpg
DSCN0286.jpg
オープン当初からのメニュー
自家製味噌たれのチャンチャン焼き
DSCN0288.jpg
これは大晦日の年越しそば
DSCN0290.jpg
元旦朝の料理
DSCN0300_20130112140539.jpg
もうね、出汁が美味すぎる。
DSCN0306_20130112140539.jpg
プルプル茶碗蒸し美味かった。
DSCN0309.jpg
元旦の夕食バイキングの一部
DSCN0338.jpg
DSCN0339.jpg
中学生の息子が作ったデザート!竹人やるじゃん!
DSCN0337.jpg

特製いももち(具入り)
DSCN0348.jpg
鳥ももの照り焼き
DSCN0349.jpg
ランチメニューのエシカロップ
チャーハンに鹿肉のメンチカツと鹿肉のシチューがかかってます。
DSCN0366.jpg
オムシカ チャーハンのオムレツに鹿肉のシチューがかかってます。
DSCN0372_20130112142242.jpg
自家製スモークチキンの塩大根巻き
DSCN0387.jpg
DSCN0388.jpg
天ぷらだけどエビは上新粉で揚げてあります
DSCN0392.jpg
サンマと大根おろしとポン酢のジュレ
DSCN0440.jpg
揚げ出し豆腐もめちゃうま!
DSCN0444.jpg
宿泊客が少なく連泊者のみだったので特別メニュー
「雪山で遊んできたなら温まるだろうと鍋にしました」
ラー油が効いた!
DSCN0442.jpg

朝はバイキングだけどおいしいからついつい食べ過ぎちゃうw
DSCN0354.jpg

他にも鹿肉料理もあります。

ビールは付いていませんw
DSCN0439_20130112143125.jpg

毎日こんなおいしい料理食べていたら大きく成長しそう…横にw


ステマみたいな記事になったw
せっかくおいしそうな料理の写真がもったいないと思って記事にしました。

こりゃ手抜きでしょと思うような宿もあるなか、この宿はオープンからずっと手の込んだ料理を提供しています。
まあ、偶然にオープン前から知っているのもあるけど、道東に行ったときは常宿です。


夏も冬も自然が素晴らしい北海道。
道東に行くことがあればチェックしてみてください。

| 未分類 | 14:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

使い慣れたやつ

最近の怒涛の更新には(当社比w)訳がある。

去年の夏に新しいデスクトップパソコンを買ったが、付いていたキーボードが使いにくかったのだ。
やたら薄くて、キーストロークも浅い。しかも裏側の傾斜スタンドも付いてない。
これがスタイリッシュというのか。
使いやすさよりデザイン優先には断固反対!

じゃあ、とそれまで使っていた古いPS/2キーボードをまた使うかと思ったら、
新しいパソコンにはPS/2ポートが無く、USBしか挿せない!
仕方なく「指が動かん」と思いつつ新しいキーボードの方でチマチマと記事を書いていた。

これだけ角度とキーの高さが違う(同じ平面に置いてます)
DSCN0457.jpg

年末に札幌に行ったときヨドバシカメラでお目当ての物を見つけた。
これがあればPS/2機器をUSBで使える。

USB-PS/2変換ケーブル
414tsMIXFaL.jpg
画像はネットから拝借

新年から使い始めたがやっぱり使い慣れたキーボードがイイ!!
キーを打ち込む軽快感が違う!

よし、これで今年は記事量2倍アップだ!←願望





| 未分類 | 13:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すぐ熱くなるやつ

正月休みに道東へ行ったけど冷え込んだ日にエンジン掛からなくて大変だった。

DSCN0394_20130110035053.jpg
一旦掛かれば快調なんだけどね。

人の車からブースターケーブル繋げさせてもらってやっと掛かった。
こりゃいかんということで道東から帰ったその足でそのままディーラーへ持って行った。
「冷えた日にエンジン掛からないんです」
「グロープラグが悪いみたいですね」
で、ハイエースはそのまま入院。

代車が借りれると言うことで翌日にまたディーラーへ。
「すぐ直りますか?」
「うーん、車が古くてグロープラグが固着してます。取れない場合は最悪エンジンのヘッドを外すことになります」
「ええええ?」
「そうするとかなりの修理金額になるかと…」
マジすか…
グロープラグとはディーゼルエンジンで冷えてる時に掛かりやすくするために
エンジンへの空気をヒーターで急速に暖める部品です。
画像はネットから拾いました
img_1048431_40621885_1.jpg


とりあえずプロの技でなんとか外してもらうようにお願いした。
ヘッドを外さなきゃならなかったら修理代が文字通り一桁違う!

代車の新型ハイエースは、もうね、良過ぎて言葉が出なかった。
3.0ターボディーゼルは倍くらいパワーあるし、まったくストレス無し!
IMG_6750.jpg
いかん!こんなん乗ったら欲しくなってしまうじゃんか!

そして今日修理が出来上がったというので引き取りに行った。
「もーバッチリですよ」
その言葉を信じて28000円を支払った。
ちなみに部品代はグロープラグ4本で8000円強で工賃が2マン近い。
(ヤフオクでは1本800円?)

そして遅番の勤務の帰り、午前1時頃マイナス18℃と冷え込んだ中
恐る恐るエンジンを掛けてみた。
キースイッチを入れてグローランプが消灯してセルを回すと…
ブルン!と一瞬でエンジンが掛かった。
おおおおおおお!
ウソみたい!!まるで新車のような掛かり方だ!
バッテリーも新品かと思うような掛かり具合!
とても24万キロも走った車とは思えなかった。
やっぱりグローだったか。
燃料フィルターと言ったやつはなんだったのか。

シフトをDレンジに入れ、気分良く走り出した。
重っ…
所詮古い3.0ノンターボ。
加速がかったるくてウソみたい。
高揚した気分が一気に冷めた。

まあ、飛ばす気にならなくていいか…
と自分を慰めたw

冬にエンジンが掛かりづらいディーゼルに乗ってるアナタ。
グロープラグは効果絶大ですよ!!





| 整備 | 04:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 新年初走り

新年早々バイクに乗る人たちがいるということで浜厚真に行ってきた。
(フォト蔵にアップしてます)

北海道は冬はバイクに乗れないので札幌のバイク屋サドルバックさんが雪が少ない太平洋側の浜厚真に
冬限定のモトクロスコースをオープンしているのだ。

着いたのはもう昼過ぎで餅つきは終わっていた。
19207212_1864953527_143large.jpg
X-猫さんのつぶやきより

コースは雪は少ないけどカチカチのアイスバーン!
しかも気温はマイナス5℃の上に海風が吹いていて寒い!
それでも変態元気なライダーたちは除雪されたコースをかっ飛んでます。
(写真はクリックで拡大)

IMG_6749_20130109115732.jpg

北海道スーパーモタードチャンピオンも走ってます!
IMG_4272.jpg
今年から赤ゼッケンに昇格した猫シャチョ-も走る
IMG_4252.jpg
寒いよね。指先がかじかむよね。
IMG_4234.jpg
IMG_4268.jpg
IMG_4263.jpg
IMG_4230_20130109114417.jpg
IMG_4355.jpg
IMG_4369_20130109114723.jpg
そのジップロックはかなりの効果と見た
IMG_6748.jpg

IMG_4326.jpg
IMG_4429.jpg
IMG_4508.jpg
IMG_4385.jpg
IMG_4431.jpg
IMG_4544.jpg
IMG_4467.jpg
後ろでボクシングしてるw
IMG_4443.jpg

IMG_4271.jpg


冬でもバイクに乗りたくて我慢できない人たちなんですね。
こんな日に撮影に来る自分もどうかと思いますがw

地面は凍ってて転ぶと痛いのでケガ無く乗ってください。

少ないですがフォト蔵にアップしてます。




| エンデューロ | 12:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 年末年始 4

1/4 晴れ

昨日の吹雪はどこへやら。
朝から快晴で自然が呼んでいる。
今日は藻琴山に登るぞ。
午後から雲が出そうなので早めの行動だ。
朝食食べて車のエンジンを掛けようとしたら、掛からない。
セルは回るが掛かる気配もない。
えええ?
昨日は掛かったのに。さすがに今朝は冷え込んだがこんなことは初めてだ。

終いにはバッテリー上がってしまった。
そして他の車のバッテリーを繋いだり、重機のバッテリー繋いだりしてやっと掛かった。
DSCN0394.jpg

同宿の2人を乗せ、予定より1時間半遅れで出発した。
藻琴山は宿とは屈斜路湖の対岸にある標高1000メートルの山だ。
車を山の中腹に止め、スノーシューを履いて登山開始。

青と白の世界。
DSCN0409.jpg
遠くには斜里岳が見える。
DSCN0405.jpg
昨日の吹雪の影響を心配したが、風が強すぎたのかそんなに積もってはいなかった。
DSCN0416.jpg
去年登った時は風が強すぎて断念したな。

樹氷がきれいだ。
稜線を歩くときには雪庇に注意。
無事山頂に到着。1.5時間くらいか。
眼下には屈斜路湖、北にはオホーツク海も見える。
DSCN0425.jpg
やっぱり山はイイ!!
風が無い所で昼食。カップ麺にコンビニでもらったお湯を注ぐ。
気温はマイナス8℃くらいかな?寒いところでハフハフいいながら食べる暖かい汁物ウメー!


宿に戻ってからコタン温泉へGO!
夕日と白鳥を見ながらゆっくりとお湯に浸かる。最高だ。
DSCN0436.jpg
そして車の運転が終わったらビールが待っているw
DSCN0439.jpg

正月客は一気に減り、今日の宿泊は2人だけとなった。



1/5 晴れ

もうそろそろ帰らなくては。
車のエンジンを掛けようとしたら、また掛からない… バッテリーも上がってしまった。
冷えた時だけ掛からないならやっぱりグローかなあ…
任意保険に付いているロードサービスに電話をかけてみたらなかなか来そうになかった。
トヨタのディーラーに電話してみたら彼らも忙しそうだった。
「どんな原因が考えられますか?」
「燃料フィルターの底に水が溜まっていてそれが凍った可能性があります」
燃料の問題?
「じゃあそれを抜けばかかるんですか?」
「フィルターの下にドレンコックがついてるけど凍ってたら出てこないでしょう」
「じ、じゃあお湯掛けて融かせばいける?←もう必死w
「かも…」電話の向こうで苦笑いしてるのが分かる

「助手席の下側に缶コーヒーくらいの大きさの黒いものがあってその上に押したら戻るボタンがあります」
DSCN0454.jpg

一旦電話を切って作業開始。燃料フィルターにお湯を掛けて、
しばらくして底のドレンコックを開けて上の黒ボタンを何回か押すとピュッピュッと燃料が出てきた。
おお!これで掛かるか?
キュキュキュキュキュキュキュ…ダメだ。

バッテリーを充電しつつ何度もトライするとやっとエンジンが掛かった。
2時間かかった。一旦掛かれば快調なのに。
やっと出発できる。

快晴の中快調に走る。
IMG_6696.jpg
阿寒の山もきれいだ。

7時間ほどドライブしてやっと苫小牧に帰ってきた。
そしてそのままディーラーへ直行。
たぶんグローが悪いということだった。
修理をお願いして歩いて家に帰った。

ふう、やっと一息つける。まずは水落とししてたので復活させなきゃ。
ん?水が出ない。水落とししてたのに凍っちゃったか!
それどころかトイレの水も水タンクの中も台所の排水口の水も全て凍っている!

部屋の暖房を点け、たまたまあった六甲のおいしい水でお湯を作り、凍った蛇口を融かす。
バールとハンマーでトイレの氷を砕き、お湯を注いで融かす。
徒労感が半端ない。

そして忘れた頃にやっと水が出た。
まさか室内の水が全て凍るとは!


最後はバタバタだったけど、今回も楽しく年末年始が過ぎて行った。


| 未分類 | 12:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013 年末年始 3

1/2 曇り
(写真はクリックで拡大)

今日は鶴とオジロワシのバトルを見に行こう!
同宿の人を誘って釧路方面へGO!
途中虹別で国道から小道へ入る。そして町外れの木の上に彼はいた。
IMG_3621_20130108024855.jpg
野生のフクロウだ。かわいいなあ。なんとも愛嬌のある顔だ。
大きさは25センチくらいで殆ど動かずじっとしている。
バシバシ写真を撮ったがみんな同じだw

あ、動いた!
IMG_3648.jpg
あ、目ェ開けた!
IMG_3653.jpg

IMG_3662.jpg
ポツポツと人が来て遠目に写真を撮ってすぐに去っていく。
ここは結構知られた場所なのだろうか。
30分ほど写真を撮らせてもらって次へ向かった。
「またな」
IMG_3712.jpg

去年撮った塘路湖へも行ってみたが残念ながらフクロウはいなかった。
こればかりは自然相手だから仕方が無い。

コンビニで昼飯を買い、釧路郊外の「国際鶴センター」へ行く。
そこにはもうたくさんのカメラマンが大砲みたいなカメラをずらりと並べて写真を撮っていた。
IMG_6688.jpg
IMG_3717.jpg
IMG_3725.jpg
IMG_3803.jpg
鶴は優雅だなあ。
IMG_3771.jpg

そして午後2時。みなさんお待ちかねの時間がやってきた。
IMG_3872_20130108030932.jpg
鶴たちに魚を与える時間だ。
おじさんが給餌を始めると遠くの高い木から見ていたオジロワシがシューっと飛んできた。
IMG_3860.jpg
大きな羽を広げて滑空し、上空を旋廻し始めた。そう、魚を狙っているのだ。
IMG_3910.jpg
ギラリと目が光る。
IMG_4058.jpg
そして鶴たちの隙を突いて急降下!
バシャシャシャシャシャシャシャシャ!と、あちこちで高速連写の音がする。
IMG_4051_20130108031924.jpg
だが鶴たちも負けてはいない。長い足でアタック!
IMG_4098.jpg
オジロワシはカラスに追いかけられたりもするw
IMG_4133.jpg
でもオジロワシはカッチョエエんだわ。
IMG_3973_20130108032320.jpg
バトルは30分も続いたろうか。オジロワシが引き揚げたところで終了した。
やっぱり見応えあるなあ。



1/3 晴れのち大荒れ

今日の天気予報は朝から下り坂になり、昼には暴風雪になるらしかった。
朝食を食べてのんびりしているとだんだんと風が強まり、雲が多くなってきた。
そして昼には外は吹雪いて真っ白状態。
明日は4日で仕事が始まる人もいる。
紋別に住む友人夫婦は吹雪の中帰って行った。大丈夫か。
DSCN0362.jpg

こんな日はどこにも行けない、というか出れない。
宿のランチを食べるしかない。

オムシカ。名前はナウシカのパクリみたいだが、そうらしいw
ふわふわオムレツに鹿肉のシチューがかけてある。ウンメー!!
DSCN0372.jpg

しばらくして紋別夫婦が戻ってきた。美幌峠は吹雪が凄く、しかも事故で通行止め。
引き返して来たら宿のそばで吹き溜まりに突っ込んで身動きできなかったらしく、歩いて辿り着いたらしい。
ヴィッツを取りに行かねば。
完全防寒して車を押すがFFヴィッツはびくともしない。
そこでオーナーが運転する宿のミニブルドーザーが登場!
DSCN0379.jpg
これなら無敵だ。
しかしヴィッツの車体下部に牽引用フックが付いていないとは!
後で調べたらフロントバンパーの小窓を外して取り外し式フックをねじ込むだと!
今の車はデザイン優先なのか…

そしてようやく夕方には風は収まった。やれやれ。
自然の前には人間は手も足も出ない。

紋別の友人夫婦はもう1泊決定w










| 未分類 | 03:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。