2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012 日高2デイズエンデューロ 参戦 後編

日曜日

昨日の豪雨はどこへやら。2日目の朝も晴れていた。

まだ薄暗い内から日高のマーシャルはバイクでコース確認に出発した。
あれだけ降ったんだ。コースはどこもかしこもツルツルだろう。
特にあの牧場のエンデューロテストは大変だろう。

かなりの悪コンデションが予想されたが今日のタイム設定は昨日と変わらずA。マジですか。
今日は全日本クラスが3周、全日本ウーメンクラスと我々承認クラスが2周。そして最後にファイナルクロスがある。
IMG_5299_20121216170613.jpg

今日のスタートは朝7時。早っ!
今日は長距離林道と国道向こうの林道&川渡りが無くなってコース長が短くなり(30キロくらい?)、
1周目から計測されるのでちょっと慌しいか。
コースの説明をする春木さん
IMG_5278.jpg

この地図の南側の林道が無くなった。
日高day2


体と気持ちがまだシャキッと起きてない感覚を引き摺りつつ2日目をスタートした。
1545465121348645431_20121216170854.jpg
1545468341348645626_20121216170853.jpg

コースマーク通りに林道を走ると突然エンデューロテスト入り口が現れた。
テストもやや短くなりウッズと牧場部分のみ。
おおおお、やっぱ滑る滑るw 
キャンバー走行部分はズリズリと落ちていく。
そしてフロントからツルッドテッと転んでしまった。もう踏ん張りも何も効かない。
昨日はアクセル開けて走れた所が今日はラインから外れないように走るだけで精一杯だ。
しかし昨日の内にコース補修が入れられているのでこんなもんで済んでいるのだろう。
ペースが遅いレディスライダーに追いつくと抜くのも一苦労だ。

三上さんはいつもなんかいじってる
DSC00866.jpg
いつもなんかやらかすZIPの北村社長は今年はなぜか順調w
DSC00868.jpg

しかしタイムチェックでは昨日と同じかそれ以上に時間の余裕があった。
タイムチェックを出て林道を走ると突然の河原走行になった。
ここは夏の日高フリーライドの時玉石ゴロゴロで距離が長くてとても苦労した所だ。
こんなとこを走らせるなんて気が抜けんなあ。

河原を抜け舗装路を少し走るとすぐにクロステストに着いた。
やっぱり荒れ荒れグチャグチャ。コースを良く見ながら、止まらないように走ることが第一だ。
パドックに戻り給油して2周目に突入。

154433152_org1348643973.jpg
RUNARUNAさん

この周で最後だ。日高のコースを噛み締めながら走る。
今年の開催は9月の下旬ということで紅葉は見れなかったがそれでも日高は充分に美しいコースだ。
5速で吹け切る高速林道、
山深い砂利道、
爽快な牧場、
クネクネウッズ、
川渡り、
色んなシチュエーションが楽しめる。やはり日高が走っていて一番楽しいコースだ。
今年は去年以上に爽快なコースだった。天気も味方したこともあるが参加したライダーはみんな「日高最高!」と思ったのではないだろうか。
そんなことを考えながらエンデューロテストを走っていたらまたもりりんに抜かれてしまった。

タイムチェックで通過の準備をしているともう3周目の赤ゼッケンがやってきた!早っ!
DSC00874.jpg

そしてクロステストに着くと、マーシャルの黒田さんが前方に立ちふさがり大きくXマークをした。
「クロステストはキャンセルになりました!」
ええ?キャンセル?走れないの?
首を傾げながらパドックに戻ると横のキャンプ場が見えた。
キャンプ場のこんなそばをバイクがたくさん走っているんで苦情でも入ったのか?
公道を走るレースなので社会と折り合いを付けなければならない。
我々は暴走族ではないといってもバイクがエンジンを吹かしながらたくさん走っていたら、そう見える人もいるかもしれない。とにかく最後のクロステストは走れないことになった。
突然のレース終了だった。

プレフィニッシュで他のライダーたちと「なぜキャンセルだったんだろうね?」と話しても誰も知らない。
そこへ実行委員長の春木さんがやって来た。
「クロステストキャンセルしたのはすぐ後ろに全日本クラスのライダーがやって来ていて、予想外に荒れたクロステスト内で不公平が出る可能性があるからです。」と説明した。
ん?それって遅い我々承認クラスとレディスクラスがテスト内でスタックして後続の全日本クラスライダーの走行の邪魔になるからまとめてキャンセルしたってこと?
それってタイム設定に無理があったってことじゃないの?

社会の迷惑問題は杞憂だったが、最終のクロステストを取り上げられた我々は納得いくようないかないような顔でプレフィニッシュを通過した。
バイクに異常は無し。少しだけ給油して午後のファイナルクロスに備えた。

ぞくぞくと3周目を終えた全日本ライダーたちが帰ってくる。

IMG_9066.jpg
IMG_5302.jpg
IMG_9060.jpg
IMG_9083.jpg
あ、この人は違いますね。酒飲ませたら国際A級ものですがw
IMG_9077.jpg

RUNARUNA「あ!もっこすさん!イシゲさんと写真撮って」ガシッ
イシゲ「えーマジすか」ヤレヤレ
IMG_9086.jpg
「ニッ」いい笑顔ですね
IMG_9087_20121216173155.jpg



午後に日高高原荘前が活気付いてきた。高原荘前に展示されていたビンテージバイクたちに一斉に火が入ったからだ。
巻き上がる白煙。パリンパリンとした2ストの甲高い音。
IMG_9110.jpg

今から日高高原荘横のスキー場の特設コースでビンテージモトクロスが始まるのだ。
去年はここから歩いて10分の別な場所であったことを考えるとかなり観戦しやすい。バイクに興味が無い人でも観に来やすい。
IMG_9115.jpg

古いからかなかなかエンジンが掛からないバイクもある。
しかし非情にも彼らを置き去りにしてレースはスタートした。
おお、走る走る。古いバイクと侮ってはいけない。乗り手も上手いのだろうが充分に速い。
だが速いなと感心する前に、そんなにエンジン回して大丈夫なのか。壊れないのかなと心配してしまうのが先立ったw


ファイナルクロスはC1,C2クラスから始まった。
レースを見たいがパルクフェルメでバイクを受け取らなくてはいけないので観に行けないのが残念だ。

Cクラスのレースは盛り上がったようだ。さあ、次は我々の番だ。
最高に盛り上がるこのファイナルクロスが楽しみで毎年日高に来ているようなものだ。
2日間ちゃんと完走しないと走れないファイナルクロスなので喜びも大きい。

それまでの成績順にゼッケン番号を呼ばれ、好きな場所にスタート位置を選ぶ。僕はややイン側を選んだ。
スキー場の斜面に設けられた特設コースだ。滑る草地な上にターンの半分は完全なキャンバー走行になる。

日章旗が振られスタート!眼下の右コーナー目掛けて一斉に全車突っ込んでいく。
反応は良かった。が、真ん中からスタートした川村真理子選手+ファンティック250がロケットのように突っ走っていく。
速すぎる!と同時にイン側からもりりん+2ストYZ250がスルスルと抜け出していく。そして川村真理子選手のラインに当たりそうなほど強引に割り込んでいく。
1545208011348688606.jpg
RUNARUNAさん
1545208221348689256.jpg
RUNARUNAさん
1545208491348719509.jpg
RUNARUNAさん
1545211181348689256.jpg
RUNARUNAさん
1545214491348689256.jpg
RUNARUNAさん

僕は4位?で右コーナーを回った。川村選手がトップだがもりりんとの差は殆ど無い。
レコードラインを走ろうとする川村選手のインにリヤをロックさせながら強引に割り込むもりりん。無理なライン取りは立ち上がりスピード差が出て抜くには至らない。
「なんてやつだ」と思いつつ後ろを追っているととうとうもりりんは川村選手を抜いてしまった。
僕も彼女に並びかけるが抜けない。去年秋の菅生EDのファイナルクロスで彼女と争ったのが思いだされる(あっさり抜かれたけど結局彼女が自滅したが)。
1546254781348723340.jpg
楽さん

下りの右コーナーでアウト側に並んだ時に突然彼女は僕の目の前を横切り、一直線にコースアウトしていった。
「おわあ!なんだあれ」
マシントラブルか。あの様子じゃアクセル戻らなくなったか?

1546257901348723564.jpg
楽さん
1546258191348723584.jpg
楽さん

もりりんは段々と離れていく。速ええ。だがそれどころじゃなく真後ろにKTMが2台迫っていた。
その内の1台はZIP社長+KTM350EXC-F!
そして彼はコースの杭をなぎ倒しながらwインから抜いていった。
350速っ!パワーが物を言う今回のコースでは2ストニーゴーや350に完全に置いて行かれる。
彼ら2人は段々と小さくなっていった。

コース脇にはレースを終えたライダーたちやたくさんの観客がいて大声で声援を送っている。
今までライダーは孤独に山の中で自分と戦っていたがここには仲間がいる。
彼らの大きな声援がライダーを後押しする。頑張れ頑張れ。アクセル開けろ!負けるんじゃない!

これがファイナルクロスの魅力だろう。

結局単独3位でゴールした。


続いて全日本ナショナルクラスのレース。
僕はバイクを置いてすぐにカメラを構えた。
IMG_9136_20121216175252.jpg
IMG_9143.jpg
IMG_9160.jpg
IMG_9196.jpg
IMG_9212.jpg
IMG_9225.jpg
IMG_9265.jpg
IMG_9269_20121216175411.jpg


そして最後は全日本IAとIBの混走レース。
もう完全に次元が違います。
IMG_9302_20121216175601.jpg
IMG_9308.jpg
IMG_9330.jpg
IMG_9339.jpg
IMG_9340.jpg
IMG_9417.jpg
IMG_9419.jpg
IMG_9432.jpg
IMG_9462.jpg
IMG_9474.jpg



もう全部終わったなーと思ってたらスタート地点になんかバイクが集まりだした。
よく見るとマーシャルさんたち。
急遽マーシャルさんたちのカウカウカップ?が行われました。
IMG_9484.jpg
IMG_9487.jpg
IMG_9489.jpg
IMG_9491.jpg
IMG_9495.jpg
IMG_9500.jpg

彼らも走りたくてウズウズしてたんじゃないかな?
やっぱり彼らもバイク好き。
素晴らしい日高を参加者たちに楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってきます。

そして表彰式。
僕は承認B1クラスで3位。
もりりんは承認B2クラスで優勝。
IMG_9512.jpg
チームSPEEDはチーム賞頂き!
IMG_9528_20121216181458.jpg
レディスは川村真理子選手が優勝。
せえこちゃんはフッキーさんを下して2位!
IMG_9545.jpg
エンデューロ初挑戦のモトクロスIAの釘村忠選手はぶっちぎり
IMG_9581.jpg
イシゲさんも調子良かった
IMG_9597.jpg
鈴木健二選手は強かった!
IMG_959700.jpg

全てが終わるとトップライダーたちが伝説とも言える神保さんに感謝の握手を求めにいった。
IMG_9610.jpg


戦い終わったバイクと
思い出を積み込んで
彼らは帰っていく。
IMG_9611.jpg

また来年も会いましょう。
リザルト
全日本クラス
承認クラス


2日間というレースだが終わってみるとあっという間だった。
素晴らしいコース、楽しいレースをありがとうございました。



写真は
yoshiさん
楽さん
RUNARUNAさん
動画はXPRESS JAPANさん
ありがとうございます。

スポンサーサイト

| エンデューロ | 18:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012 日高2デイズエンデューロ 参戦 前編

もう記憶が怪しいけど日高のレースを思い出しながら書いてみた。
また長くなったw

2012 9/22~23に行われた日高2デイズエンデューロに参加してきた。

金曜日

金曜日の15時頃に会場の日高高原荘に着いた。
パドックとなる駐車場はもうほとんどテントで埋めつくされていた。本州からエントリーしているライダーたちはフェリーが着く時間が早いので必然的に会場入りも早い。
IMG_5274.jpg

道内参加のチームはまだチラホラ見受けられるだけだ。
車からバイクを降ろし、燃料とタイヤの空気圧をチェックして車検を受けに行く。
去年は車検渋滞が起きていたが今年は混雑することもなかった。
去年はサイレンサーがうるさ過ぎたのでデフュザーを取り付けなくてはならなかったが
そのために高回転のパワーが落ちてしまった。
今回はサイレンサーインナーのグラスウールを交換してきた。静かになった気がするw これならいいかな・・・
車検長の藤井さんはちょっと顔をしかめたがなんとかOKとなった。やれやれ。
DSC00805.jpg
DSC00808.jpg

バイクをパルクフェルメに入れたらもうやることはなかった。
日が傾き始めた頃に、北海道エンデューロランキング1位の谷口さんに
「エンデューロテストの下見に行きましょう」
と誘われたので行く事にした。そういえばコースの下見なんてちゃんとやったことなかったな・・・。
IMG_5247.jpg

林道脇に車を止めて歩いて森の中のコースに入り、障害物や走行ラインの確認をする。
ちょっと間違うとずっぽりハマるトラップ満載だw
だが注意深く見ると隠れたラインがあるのが見える。
ここはエンデューロテスト終盤のV字谷。急坂を延々下り、ドスンと5メートル下って5メートル登って左に折れて下っていく。
IMG_5253.jpg

難所でもこんなとこも走れることが分るとずいぶんと気持ちが楽になった。やっぱり下見してよかった。
もうお互いの顔も見えないほど暗くなった道を車まで戻る途中で、懐中電灯を携えてこれから下見に向かう全日本トップライダー3人とすれ違った。こんなに暗くなってからも行くんですか!
そばには熊用の仕掛けまであるんですよw
IMG_5250.jpg

パドックに戻るともうみんな宿に入ったのか暗く閑散としていた。

6時15分から高原荘内で開会式が行われた。
IMG_5255.jpg
IMG_5258.jpg

日高町内のそば屋さんで夕食を食べ、コンビニで買物をしたらもう今日はやることは無い。
寝るには早過ぎるので楠井さんのテントに突撃。
毎回4連休で日高に来るのに今日は昼まで仕事しなきゃならなかったと憤慨していたw
高見道の人達が来るのは深夜になってからだ。場所取りは終わってるからもう寝よう。
星がきれいだ。明日は晴れそうだ。
IMG_5260.jpg


土曜日

夜は冷えた。快晴の土曜日。
最近まで記録的な残暑が続いていた北海道だがやっと気温も平年並みに下がり、ようやく秋がやってきた。
起きたらいつの間にか高見道のピットが出来上がっていた。
猫シャチョーは今回はサポートに専念。いや、ホントは出たかったんでしょw?
氷が張りそうなくらいに冷え込んだ朝。排気ガスで手を温める逸見君。
DSC00813.jpg

朝からの車検に臨むライダーも多い。
昨日谷口さんは車検よりもコースの下見を優先したので朝から車検だ。余裕といおうか、動じませんな。
IMG_5263.jpg

日高day1

今日は1周55キロ。全日本クラス3周。僕が走る承認クラスも3周。いい天気なので当然Aのタイム設定。
オンタイムエンデューロはタイムチェックからタイムチェックまでの時間が決められていて、
それより早過ぎても遅過ぎてもペナルティを受けてしまう。
そのタイム設定は腕が違うクラスの差やコースコンデションに応じて予め数種類が用意されていて、
当日の朝マーシャルが試走してどのタイム設定が妥当か判断されて、発表されるのだ。
みんなそれから自分の到着予定時刻をたくさんメモする作業に取り掛かる。
青空の下8時15分に全日本クラスIAの最初の3台にスタートの旗が振られた。
DSC00816.jpg
ワーキングエリアでスタートを待つ「姉さん+GASGAS EC200」
DSC00820.jpg

だんだんと自分のスタート時間が近づいてくる。

同時スタートは「居酒屋よちゃん」さん+KTM125EXCとファンティック50のライダー。50!50ccですか!原付ですか!
そして旗が振られた。慎重に冷えたエンジンに火を入れる。そして数度空ぶかししてゆっくりと走り出した。
1年振りの日高2デイズエンデューロ。また来たよ。今回も楽しませておくれ。
1543347891348454947.jpg
yoshiさん
1543347711348478756.jpg
yoshiさん

高原荘を出て、砂利の林道をちょっと走るといきなりの川渡り。
また砂利道を走ると突然牧場に出た。
青い空と緑の牧場。「おおおおおおお!めちゃ気持ちいいやんか!」
最高の天気と最高のコースに思わず顔がほころぶ。
これは主催者からライダーたちへのプレゼントだろう。
154338484_org1348478963.jpg
yoshiさん

牧場を抜けるとまた林道になった。今度は長いぞ。
深砂利の道は山深くを縫うように走りどんどん高度を上げる。
すると突然エンデューロテストの入り口が現れた。
最初の1周目はタイム計測はしないので下見しながら走る。
森の中の細い道を抜けるとまた牧場に出た。
所々ある谷間のぬかるみを用心しながら通過する。昨日下見しておいて良かった。
ギャップだらけ、キャンバー走行だらけの牧場を抜けたらまた森の中に入っていく。
暗く湿った一本道をどんどん下っていくと難所が現れた。
ガクンと5m下り、ギュワーと5m急坂を登る。しかも一番下の谷はぬかるんで轍が掘れている。登り切ったら左に曲がりながら下っていくので左のラインを選んでしまいそうだが斜面は谷底へと傾いているので失敗したら怖い。
すでに2台がスタックしていた。
ふっふっふ。ここは昨日の下見でぬかるみの中に金網を敷いてあるのを確認しているので僕は安心して右側のラインを選択し、すんなりクリアすることが出来た。
するとすぐにエンデューロテストのゴールだった。
1周55キロのコースの中にタイム計測区間が設けられていてそこでのタイムが成績となるのだ。
移動区間のルートはそこそこに走り、タイム計測区間は気合を入れて走る。
オンタイム制エンデューロはメリハリと冷静さが求められる。

そして目の前にはタイムチェックポイントがあった。通過予定時間まで15分以上の余裕があった。ふう、一安心。
これだけの余裕があれば次の周はもっとゆっくり走れる。
ここにKTMのピットサービスがあって、KTMライダーだけではなく、すべてのライダーに水やコーヒー、お菓子にバナナなどの食べ物が用意されていた。これはありがたい。
DSC00823.jpg
DSC00822.jpg
「KTMミネラルウォーター」なんてゼッケン番号書いてとっておいてくれます!

みんなドリンクやチョコレートなどを頂きながらあそこのコーナーはどうだった、あのラインはヤバイ、楽しい!などと歓談している。これもタイム設定にかなり余裕があるからだろう。
去年は雨が降ってコースが悪化し、5分くらいしか余裕が無く、落ち着く暇もなくすぐスタートせねばならなかった。

いきなり寝てる!と思ったフリーライドマガジンの三上さん。あ、フォークのダンピング調整ですかw
DSC00824.jpg
フッキーさんはいつものようになんかやらかしてるw
DSC00826_20121216142649.jpg
ファンティック50のライダーは遅れちゃったか。

オンタイムでタイムチェックを通過し、コースマーク通りに林道と舗装路を走ると一般国道に出た。
おお、日高で一般国道を走るとは。
そしてまた山の中に入っていった。ここは初めて走るなあ。
ここも気持ちイイ林道だ。「よちゃん」さんも楽しそうに走っている。
一山越えたら川に出た。コースマークは川の中を走れと示している。
深くは無いが石ゴロゴロの川を慎重に走り、ちょっと走ると第2タイムチェックポイントに出た。ここでも10分以上の余裕があった。
DSC00851.jpg

そこをオンタイムで通過するとコースは全日本クラスと我々承認クラスで別々になった。
我々は楽に国道を走って次のスペシャルテストへ向かう。
全日本クラスはさらに川を長々と走らされるらしい。コース難易度は最高のレベル4w。なんでもコース試走の時にマーシャルバイクが水没したとか…ガクブル

パドックに近い沙流川の橋を渡り、河原へ降りるとそこがクロステストだった。
玉石ごろごろのコースが林の中に入ると突然の湿地帯!目の前には早速深みに嵌っているライダーがいた。
「おお、そこが通っちゃダメなラインか」
ヌタヌタと川をグルグルと走り繋ぐとやっとテスト出口だ。

そこからパドックまではすぐだった。ふう、コースはこんな感じか。タイムチェックには15分くらいの余裕がある
。一部にやばい所があるけど天気も景色も良いし、走ってて最高だ!

さあ、2周目だ。今度はタイム計測があるのでテストは本気出していこう。
DSC00845.jpg
時間に余裕があるので気持ちがいい牧場ルートを堪能。
orgbin.jpg
楽さん
やっぱりここはウィリーが似合う景色だ!

エンデューロテストに突入。林道をかっ飛ばす!
暗いウッズをバタバタしながら抜け、スタックしている女性ライダーを横目に見ながら牧場を駆け抜ける。
また狭いウッズに入ると、やはり最後のぬかるむV字谷で数台がつっかえていた。
目の前にフリーライドマガジンの三上さん+KTM500EXCがいるが様子がおかしい。
坂の上で左手を大木に巻き付け、今にも坂の下にずり落ちようとしている。そして必死に堪えながらキックでエンジンを掛けようとしている。そんな無理な姿勢でエンジンかけなくても…
ずっと見ている訳にもいかないのでV字谷を越え、先を急いだ。

ジタバタしながら走っていると「パインパイン!」と2ストの音が聞こえた。「もりりんか!」
僕の1分くらい後にスタートしたはずだがもう追いついてきたか!
もうすぐテストのゴールだ。抜かれてなるか。(追いつかれた時点で完全に負けてるんだけどw)
来た!真後ろにいる。木古内もこんなだったなあ。そして右コーナーでエンスト。あー終わった。
ガックリきてタイムチェックに行くとそこにウシシとうれしそうなもりりんの顔があった。

KTMサービスでドリンクやお菓子を頂きながら15分ほど時間調整。時間が来たのでタイムチェックを通過。
DSC00847.jpg

そして舗装路と林道を順調に走ってタイムチェック2もオンタイムで通過し、最後のクロステスト。
そこはもう1周目とはコンデションがまったく変わっていた。
ツルツルの玉石。深い轍。底なしライン部分は早速の迂回路。
たくさんのバイクが湿った路面をこねくりまわすので端から端までグチャグチャ。

おーこれは「チーム居酒屋よちゃん」の2人。3人目の楽さんは日高直前に足を骨折で今回はカメラ。
1543439061348527625.jpg
yoshiさん

「もうこんなに荒れたのか!」止まらないように心がけながらなんとかテストを抜けた。ふう。
1543441311348753356.jpg
yoshiさん


あと1周。今日は無事に終わりそうだ。明日は牧場ルートや長距離林道は使われないのでしっかりと目に焼き付けつつ走る。よし、エンデューロテストだ。
スタート!したところでエンスト!もう前輪は光電管を越えている。あちゃー。
そんなときに限ってエンジンはかからない。
やっと掛かって林道をかっ飛ばす。オーバーランしそうな右コーナーを落ち着いてやり過ごすと
コース脇にポツンと赤ゼッケンの大田マサ選手が立っているのが見えた。
バイクは?
落ちた…?
エンデューロテストの牧場でまたもりりんに抜かれた。「速過ぎ!」

国道を走りタイムチェック2に向かうリエゾンで、川の中にいる一台の女性ライダーが見えた。
川の真ん中で止まっている?せえこちゃん?
そこは狭い走行ラインの真上だったので後続の「姉さん」が通過するのに苦労していた。
僕は別ラインを通って川を渡り、せえこちゃんに駆け寄った。
「どうしたの?」
彼女は手に工具を持っていた。なんと彼女は川のど真ん中で膝まで水に浸かりながらWR250Fの水没処理をしていた!
「重たくて動かせないの。もっこすさん、13…13…」
泣きそうな声で彼女が言った。しかし川の音でよく分からない。
「とりあえず岸まで上がろう。2人で押せば川から出せる」
川の中に工具や部品落としたらもう終わりだ。
DSC00852.jpg

岸まで押し上げたところで後続のもりりんと香高さんがやってきた。
彼女のチーム員が来たならもう安心だ。彼らに後を任せて先に進んだ。
すぐ先のタイムチェックにはなんとか間に合った。しかしもりりんと香高さんもタイムチェックの時間が迫っている…
時間が来たので(ペアライダーのよちゃんさんから声を掛けてもらわなかったらやばかったw)
もりりんたちの姿を確認することなく出発した。レースは非情だ。
(この時の状況は彼女もブログに書いてます)

最後のクロステストはどんどんコース幅が広がっていた。みんな端、端を狙って走るよね。
慎重に無難に走り抜けた。
これで今日のレースは終わりだ。
パドック手前のプレフィニッシュにはたくさんのバイクがいた。
僕もそこにバイクを止め、タイヤ交換のための下準備を始めた。
ウェストバッグから工具を取り出し、タイヤの空気を抜き、ビードストッパーのナットを緩め、リヤホイル周りの泥落とし。
もりりんたちが帰ってきた。ギリギリまでせえこちゃんを手伝ったらタイムチェックで1分も余裕が無かったらしい。
ああ、でも女の子一人でバイクの水没処理は無理だろう。
プラグ外さなきゃならないし、
エアクリーナー外して絞って、
キャブから水抜いて、
エンジンから水抜かなきゃならないし。
タイムチェックの指定時間から60分遅れまでは失格にはならないがそれでも無理だろう。
僕のCRF250Xはプラグ外すだけでまず燃料タンク外さなきゃならないし。

せえこちゃん、残念だったな…と思ったときバイクに乗った女性ライダーがやってきた。
「せえこちゃんだ!」「せえこが帰ってきた!」「ええ~!」拍手が沸きあがる。
みんな一斉に彼女に駆け寄った。
「おおー!間に合ったかー!」
帰ってきた。諦めずに頑張ったんだな。すごいぞせえこ!
感動の帰還もそこそこに彼女はプレフィニッシュを通過していった。
(後から話を聞いたら聖治さんの監督の下に水没処理の特訓をしてきたんだと!
タンクもYZ用だったので外す必要も無くプラグ交換出来たらしい)。
DSC00855.jpg

時間が来たので僕もプレフィニッシュを通過した。
今から15分間だけバイクの整備が許されているのだ。
僕は7分ほどでリヤタイヤ交換を済まし、各部のチェック。よし、順調だ。
少し時間は余ったが早めに1日目のゴールをした。
車検を受けてバイクをパルクフェルメニ入れるとやっと1日が終わる。
我々承認クラスは時間的に最後まで走っていたのでもう殆どのピットは後片付けまで終わり、パドックは少々寂しかった。昼間はあれだけ青空だったのに今は黒い雲が流れている。
IMG_5291.jpg

泥だらけのウェアを着替えてみんなで夕食を買いに行くと突然雨が降ってきた。かなり激しい。
しかしテントで雨を避けつつ焼肉だ!

高見道の逸見君は1周目にYZ250Fのウォーターポンプカバーを割り、1日目リタイヤ。
バイクを修理して明日の2日目に臨む。
菊池君は初のオンタイムレースに勝手が分からずオロオロしていたが結局60分以上の遅着で失格。
気を取り直して2日目を走る。

雨は酷くなったり弱くなったりを繰り返し一晩中降り続いた。
やっぱり日高は雨。ドライで走りやすい日高なんて物足りないw
「くっくっく。これぞ日高」
タイヤ交換して良かった~w

2日目に続く…

| エンデューロ | 14:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ももクロの夜

「ももクロ」ってなんですか?

宿の主人に聞いてみた。
テレビを見ない僕はネットで名前は聞いたことあるくらいなものだった。
なんでも、AKBとは違う、一生懸命さを応援したくなるグループらしかった。
夏頃から宿のブログに「ももクロ」がよく出るようになった。
そして彼はライブを観に武道館へ行き、翌週は香川へも行ったw
どんだけ好きなんですかwww

年末が近づき、彼が望むのは「ももクロ」が紅白に出場すること。
http://nisekoinfo.blog34.fc2.com/blog-entry-1208.html

ももいろクローバーZが紅白歌合戦に出場になったので
ニセコのとほ宿「旅物語」が1泊1000円になった。
http://nisekoinfo.blog34.fc2.com/blog-entry-1212.html

宿では早くからももクロのDVDが流れて、ももクロファンのお客さんがももクロ話で盛り上がっている。
みんなそれぞれの「推し」色のグッズまで着ている。ゴレンジャーみたいに色分けされてるらしい。
宿主さんは緑色のハッピを着ている。緑推しですかw
DSC01076.jpg


そして夕食の時間。素泊まりの金額かと思ったら食事付き!
食事中もももクロのDVDは流れてますw
DSC01066.jpg
紫推しですかw
DSC01056.jpg
ももクロの話で盛り上がってます。
「紅白出場決まった時泣いたよね?」
「泣いた」
「泣いた」

僕も含め一般客もいるけどまったく空気状態w

食事が済み、片付けが済むと宿主が
「そろそろ踊りましょうか」とテーブルと椅子を片付け始めたw
電気が消され、ペンライトが光ると始まった。
DVDを大音量で流し、歌に合わせてみんな踊り出す!
無題

外から見ると怪しさ満点w
無題2
みんな色違いの服着てるのに注目
DSC01091.jpg


ライブwが終わったらお酒の時間。
ここでも話は尽きません。
そして夜は更けてゆくのでした。
DSC01065.jpg
「旅物語」のブログ



※「旅物語」は普段は普通の旅人宿ですw





| 未分類 | 15:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

早くもパウダー?

予想より積雪が早いらしいので12/1にニセコにスキーに行ってきた。
ドピーカンな太平洋側の町を出て
DSC01036.jpg
美笛峠を越えると景色は一変!
DSC01038.jpg
スキー場はまだガラガラで、一人につきゴンドラ一台状態w
DSC01040.jpg
一部に草が出てるけどもう充分な積雪量。未圧雪部なんて30センチくらいパウダー残ってるし!
DSC01042.jpg
広ーいスキー場には殆ど人がいなかった。もうどこでも滑り放題w
DSC01049.jpg
予想外に雪が良かったのでもう足がガクガクなるくらいに滑った。

そしてとほ宿「旅物語」にチェックイン。
部屋は札幌の人と相部屋。
その人を乗っけて鯉川温泉へGO!

疲れた体には温泉ですよ!温泉もガラガラ!
DSC01053.jpg
もうふやけるぐらいに長湯。気持ち良かった~。

ぽっちゃりした体型の同室の人に聞いてみた。
「ひょっとしていびき掻いたりする?」
「えっ…」
「えっ」


そ、そしてメインイベントへと突入していくのであった…

| 雪遊び | 14:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シーズン終了

よく晴れた11月終わりの週末。寒い中バイクに乗ってきた。

DSC01024.jpg

彼が開発したという新ルートはハンドルも通らないようなクネクネウッズ。
こんなルートよく作ったなあw 熊や鹿でも通らないだろうw
見失わないように付いていくので精一杯。
DSC01026.jpg

すっかり見通しが良くなった森の中を走っていると黒い塊があった。
バイクでそばを通るとカラスが一斉に飛び立ち、そこには鹿の骸があった。
熊の仕業かハンターの仕業か。
我々が邪魔なのかカラスは上空をグルグルと旋回している。
ワイルド過ぎる北海道の森はもうすぐ白一色になる。

ザクザクな砂のルートをえいやっと登るともう真っ白な樽前山が見えた。
DSC01029.jpg
DSC01030.jpg


家に帰り
バイクを洗車して
エンジンから冷却水を抜き
キャブからガソリンを抜いて
バッテリーを外して
バイクは冬眠となった。
今シーズンもケガや大きなトラブルも無く
無事に終えることが出来た。

次は冬遊びのシーズンだ!

| ツーリング | 13:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。