2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

行ってきます

伊藤さん

今日からちょっくら美瑛に行ってきます。

3/1 日曜日は全日本スノーモービル選手権美瑛大会です。
もう最終戦らしいです。シーズン短いんだね・・・。
伊藤さんも竜さんもやってくれるハズ!!

美瑛の四季彩の丘。観戦無料・・・(和寒は無料だった)。
そんなに遠くないので時間がある人はGO!
美瑛2
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大荒れ週末

この間の週末は全道的に大荒れでした。2つの低気圧が合体して急速に発達!
金曜日の夜から雪と風が強まり、土曜日は多くの飛行機が欠航し、JR は運休し、高速道路も通行止めになり、一般道でも事故が多発しました。
こんな日は無理して外出せず、暖かい部屋でビールでも飲みながらじっとするのが1番です。
大自然の前に人間はどうすることもできません。
道路を歩く人はおろか、走る車もおらず外は風の音がするだけです。
駐車場の自分の車がどんどんと雪に埋もれていきます。
吹雪

土曜の夕方になってやっと雪が止み、天気が回復してきました。
ほどなくしてあちこちで雪かきをする音が聞こえてきます。外に出ると昨日とは全く違う風景になってます。30センチ近く積もりました。
雪山

明日も休みなので無理して今雪かきをする必要はないけれど、雪は時間が経てば経つほど重くなって雪かきが大変になります。
やっと雪かきが終わると1時間が過ぎていました。
部屋にこもって運動不足になったのとちょうどチャラでしょうか。
除雪

しかしよく降った。よし、明日はニセコでスキーだ!
日曜日は早く起きると、曇りで小雪が降ってる・・・。ニセコに着くとドンドコ降ってる・・・まだ降るの?
山の上の方は風が強いみたい。ゲレンデには膝までくる雪が積もってました。しかし気温が高いのでちょっと重たい雪。でも足への負担は軽く、気持ちよく滑れます。

去年はオーストラリア人がうじゃうじゃいたけど今年はあまりいません。半分くらいか?
絶対的な客の数も減ってます。

混雑する前に早めに昼食。なんかガラガラです。
レストランのメニューはどれも1000円以上!
まあおいしいけど、割引券を持ってなかったら来ることはないです。
スキー昼食
スキー昼食2

午後からは風が強くなってきてストップするリフトも出てきました。
またガスがかかってきてホワイトアウト状態でゲレンデで迷子になりそうだし、そろそろ足がガクガクきたので早めに切り上げました。といっても5時間みっちり滑れましたが。
ゲレンデ

夕方家に帰りつくとまた雪が積もってました。20センチ。また雪かきか。
雪が少ない太平洋側のこの町で2日連続で雪かきなんて珍しいです。

で、今日月曜日は晴れ。風も無く穏やかに晴れてます。
なんで休み終わってから晴れるんじゃ!
なんか損した気分なのは僕だけじゃないはず・・・。

雪に翻弄された週末でした。

| 未分類 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドカ雪エンデューロ 参戦

2/15に岩見沢ドカ雪エンデューロが行われました。

↑ 写真アップしました。http://picasaweb.google.co.jp/ezomox

1月のHOPスノーチャレンジエンデューロを皮切りに北海道ではぞくぞくと雪中レースが開催されています。雪の中走るなんてどんだけMやねん!て思ってましたがとうとう僕も仲間入りしてしまいました。
参加台数は60台近くいます。物好きが多いこと!

今回はれっどさんとAkkyさんとの3人チーム。マシンはれっどさんのカブ90。
小さいバイクだけど実は一番盛り上がるクラスです。
交代は疲れたらということで・・・というユルユルチームでの参戦です。

前日に雨!が降ったのでかなり雪が融け、ドカ雪というよりチョボ雪といったところか。
このレースは岩見沢ドカ雪祭りのイベントのレースなのでライダー紹介は本祭り会場で行われます。パドックから歩いていったら遠いのなんの。着いたころにはもう始まっていました。
IMG_3067.jpg
IMG_3119.jpg

みんなを見届けてまたパドックに戻るともうライダースミーティングが始まっていました。なんか忙しい。
スタートは懐かしいルマン式。バイクを並べたらライダーはぞろぞろとパドックに移動します。
10時半にスタート。みんな一斉に走り出します。モトクロスブーツで雪の上を自分のバイク目指してドカドカと走る姿はかなり異様です。そして次々とコースに飛び出していきます。
IMG_3135.jpg
IMG_3143.jpg
IMG_3146.jpg

ツルツルのコースなのにみんな速い!特に小さいバイクが足を出しつつ速い、速い!
そしてアチコチで転ぶ、転ぶ!変更されたコースはかなり短くなっていて次から次からバイクが来ます。集計も大変そう。
IMG_3235.jpg
IMG_3264.jpg
IMG_3309.jpg

僕は2番目に出走予定なのでのんびり写真を撮っていたら、いつの間にか3番目に走る予定だったれっどさんが走っていました。スンマセン
れっどさんと交代してコースイン。お、朝イチより走りやすいぞ。
気温も高めなので氷の轍は柔らかくなっていてかなり楽です。←転倒済み
オーバーランしてコース外に突っ込むと脱出も大変です。あれ?エンジンがかからない。
よく見るとエンジンが雪で見えません。プラグキャップ付近の雪を取り除くとエンジンは掛かりました。雪でミスファイヤしたようです。
コースはバイク2台が並ぶとイッパイなので結構繋がって走っています。そんな渋滞に拍車をかけるのがバギー。轍にハンドル取られながら巨体を揺さぶりつつフラフラ走るので抜けません。
それでも雪上スペシャリスト達は1列走行を縫うように前に出て、そして豪快にアウト側の雪を蹴散らしながら走っていきます。しかもカブやXR100がフルサイズマシンより明らかに速い!
IMG_3617.jpg
IMG_3449.jpg


30分ほど走行してAkkyさんにバトンタッチ。ふう、暖まった。不思議と疲れはありません。指先が冷たいくらいです。もう今日の走行は終わりかな?←ヘタレ
パドックではたくさんのアイシングを起こしたバイクの処置が行われています。
今度はライダー達を激写だ!
雪が融けてフルサイズマシン達のペースが上がってきました。コーナーで雪を蹴飛ばす量が違います。しかし彼ら以上のバンク角とコーナーリングスピードで、カブがドリフトしながら走っていきます。アリエネー。
IMG_3735.jpg

離れたところで写真を撮っていたらいつの間にかれっどさんが走っている?ということはもう1回出番が来そうです。残り30分で交代。
雪解けは更に進み、完全にアスファルトが出ているところもあります。スピードが出てコエー。
ビビリながら走っているとEZ-9が見事なフルカウンターで抜いていきました。速すぎる・・・。
泥の区間も現れ、いつの間にかみんな泥だらけになってます。よし、ラスト1周だ!
前を行くライダーをなんとか頑張って抜いていくとバギーに追いつきました。後ろは大渋滞。アウト側のラインを見つけて、一気にゴボウ抜きだ!とそこに突っ込んでいくとズボッ!と埋まりました・・・。
やっと抜いたバイク達がバンバン抜いていきます。バイクを引きずり出し、エンジンの雪を取り除いて再スタートするともうゴールは目の前。そしてレース終了~。お疲れ様でした。

ENDURO DAYSさんより
ENDURODAYS 3

久々のチーム走行は緊張しました。なんとかみんなの足を引っ張らないように走るので精一杯です。れっどさん、バイク提供ありがとうございました。
風が出てきて寒くなってきました。表彰式はまたまた遠い本祭り会場です。
みんな凍えながら駐車場の一角で表彰式。
入賞した方々おめでとうございます。
なんと3時間レースの総合優勝はTTR125です!周回数は61周!目が回りそうです。
我々のチームは入賞はできなかったけどそこそこイイ成績でした。

みんな雪道慣れてますね~。雪上レーススペシャリストがいるとは驚きでした。
3ヶ月振りのバイクはやっぱり楽しかったです。


レースの写真はもうすぐアップ・・・アップアップですが。

| エンデューロ | 02:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スノーモービル初観戦!

中澤選手

この間の日曜日、和寒で行われた全日本スノーモービル和寒大会を見に行ってきました。
初めて見たスノーモービルのレースは大迫力でびっくり!
あんな巨体がバンバン飛んだり、ガンガンぶつかったり、
ゴロンゴロン転がったりします。

いつものように写真を撮ったので、とりあえずアップします。
レポートは・・・?

ウェブアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/ezomox

| モトクロス | 21:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライセンス その2

免許証のネタが出て、昔のことを書きたくなった。
僕が大型バイクに乗ったのはアメリカでだった。
当時日本では中型免許だったが、国際免許にはバイクは中型、大型なんていう区分けはないので海外では堂々とナナハンやハーレーに乗ることができるのだ。
国際免許を受け取る時に免許センターの人は
「一応日本の免許が基本だからね、ね」と言ったような気がしたがwww。
24才の時にアメリカに行き、ロスアンゼルスで中古のDR600を買ってツーリングをした。

us002.jpg

ツーリングを終え、すぐ帰国する訳でもなかったのでアメリカのバイクの免許を取ってみた。
アメリカのバイクの免許は2種類しかない。125cc以下か(フリーウェイは乗れない)それ以上か。
DMVという陸運事務所みたいなところに行き、まずは学科試験。
○×式だったか選択しきだったかで50問。90点以上が合格。3種類があった。
全部英語だったがバイク屋さんで貸してもらった問題を見て(問題用紙はくれる)一夜漬けして臨んだ。
出来た人から試験官のところに答案用紙を持って行きその場で採点してもらう。
テスト用紙を手に並ぶ姿はまるで学校の豆テストみたいな雰囲気だ。
しかも外国人が多いアメリカ。辞書も持ち込みOKなのだ。
1回目は落ちた。試験官は「はい、また頑張って」と別の問題をくれた。
何度も受けることができたのだ。
2回目で受かった。そしたら次は実地試験だ。
試験の日を予約してその日に自分のバイクを持ち込んだ。
試験は駐車場で行われた。
スタートしてなるだけゆっくり2つのパイロンを8の字描いて戻ってくるだけだ。
僕は途中でエンストしてしまった。「もう一度」と試験官は言った。今度はうまく出来た。
そして合格のサインをもらった。
え?たったこれだけ?なんと簡単な試験!日本の試験がなんと難しいことか!
これだけで公道に乗り出せるというのはちょっと怖くもあるが。
結局30ドルくらいで免許が取れた。

まるで天国のようだと思った。

| 未分類 | 02:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライセンス

手稲免許センター

朝7時半の高速バスに乗り、札幌へ向かった。
そしてJRとバスを乗り継いで手稲の免許センターに着いた。

日曜日の午前9時半。
免許センターは自分と同じように免許の更新をしに来たたくさんの人でごった返していた。
各窓口には長蛇の列。怯みそうになったが並ばねばなるまい。
しかし思ったよりか列はすんなり進み、20分ほどで書類の提出まで終わることが出来た。
後は講習のみ。しかも優良講習なので30分で終わるらしい。
そしていつもの退屈な話を聞いたら金色に輝く新しい免許証を受け取ることができた。
これで免許証の住所も愛知県から北海道になった。
後5年はここに来ることはないだろう。←重大違反がなければww
1階に降りるとガラーンとしていた。さっきが一番混む時間だったのか。

試験コース

しかしここの周りには何もないなー。バスも1時間に1本だなんて不便過ぎる。
外は吹雪いてきた。誰もいない試験コースは寒々としている。
このコースにも各人様々なドラマがあることだろう。
自分がバイクの大型免許を取りに行き始めたのは高校3年の冬だった。
当時は自動車学校で取れるのは中型までだったので、家からハスラー250で2時間かけて
福岡の免許試験場に通っていた。
合格率5パーセント。かなり厳しい。オンボロのCB750でやる事前審査すらクリアできなかった。
センタースタンドが上がらなかったのだ。
帰りの寒い2時間が辛かった。5回受けて5回落ちた。全部事前審査で。
ナナハンに乗ることはできないのか・・・。
乗るのはオフロードバイクばっかりだったので別に不自由はなかったが。

それからかなり月日が経って7年後にやっと大型二輪免許を手に入れることができた。
これでXR600に乗れる!と思ったものだ。←やっぱりオフロード

| 未分類 | 11:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。