2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バーガーツーリング

全日本MX菅生大会写真アップしました。

今朝はスッキリと晴れてとても清々しい朝だった。
今日はバイクの整備をやるつもりだったがとてもじっとしていられない(笑)。
早めに出発して早めに帰るということでご勘弁。←誰に?←バイクに。

家から20分で林道の入り口に着いた。北海道は林道が豊富でいい。
自らが発光しているかのような新緑の森の中を縫うように道は走る。
固く締まった砂地の林道で、やや多めにXR600のアクセルを開けるとズリズリズリと後輪が流れ始め、フラットで見通しが利くコーナーでは気持ちよく走ることができる。
実際に速いかどうかは別にして楽しい。楽しいからバイクに乗るのだ。
緑色が流れていく。僕は木立の林道が大好きだ。

林道を走り抜けると海沿いの国道に出た。ちと肌寒いが辺りは緑の牧場が続き、馬の親子が走り回っている。白老の町に着いた。ここにはおいしいパン屋さんがある。店は開店したばかりでまだ商品を棚に陳列している最中だった。どれもおいしそうだ。
今日ちょっと遠回りしてこの店に来たのはお目当てがあったからだ。もう何度も来ているが既に売り切れだったり、発売の曜日が違っていたりして目にすることが無かった。
今日は、あった。しかも山積みされていた。
その名は「白老牛バーガー」。白老牛は赤身と脂身のバランスが素晴らしいらしく(高級肉←食べたことありません)、それを使ったバーガーはおいしいという評判なのだ。
店内にテーブルがあったので我慢できずに食べてみた。白い包みを開けると、ヨモギだろうか緑色のパンが目を引くがそれ以外は普通のハンバーガーだった。いや、具がはみ出るほどのボリュームがあるわけではないので「これで379円?」と肩透かしを食らった感じだ。P5280106_2.jpg
P5280107_2.jpg

パクリ。「・・・!!!」。初めての食感。柔らかい上下のパンの食感のままちぎれてしまうのだ。スカスカというわけでもなく、緻密でそして柔らかい。マ○ドナルドの硬いゴムのようなパテの食感とはまったく違う。そして口の中には肉のうまみが一気に広がる。臭みはまったく無く、脂が多すぎることも無くとても上品な味だ。赤身と脂身のバランスとはよくいったもんだ。マヨネーズソースの酸味がほど良く効いてとてもおいしい。せっかくなので店を出るときにもう一つ買った(笑)。

P5280108_22.jpg

また林道に入り込み、清流のほとりで休憩。ここで持ってきた竿を振ってみるが全くアタリは無く、またやたらラインが絡むのでヤメタ。
川を眺めながら今度はロースカツサンド221円に喰らいつく。
「ん?」ロースカツといっても、噛み切るのが大変なほど硬い豚の薄切り肉のカツが挟まっているだけのバーガーだった。これは失敗。

また同じ林道を走って帰路につく。色んな枝道があったがガソリンが心細いので冒険は止めておく。
家に帰ってから整備を始め、暗くなってきたので終了。
気がつくと午後7時!日が長くなったなあ。

なんか林道ツーリングの話というよりハンバーガーの話になってしまいました(笑)。
スポンサーサイト

| ツーリング | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全日本モトクロス菅生大会の撮影記

↓全日本MX菅生大会の写真アップしました。

先週は菅生で行われた全日本モトクロスに行って来ました。
レースのレポートはたくさんのサイトで行われていて今さらなので、僕はちょっとプレスの現場をレポートします。

今回札幌郊外に住む世界GPモトクロスカメラマンの佐藤敏光さんも菅生に取材に行くということなので同行させてもらうことになりました。
仕事の休みが取れたので木曜日のフェリーで19:00に苫小牧から仙台に出発。平日なのでガラガラ。同じ船にモトクロス国際A級の源治さんもチーム員と共に乗っていました。
船に乗れば後はもう風呂に入ってビールを飲むしか。プシュプシュプシュ!かんぱーい。当然飲むのはサッポロクラシック。敏光さんは船の中まで仕事を持ってきていたけど早速もう無理状態。
モトクロスの話で盛り上がり(何を話したかは覚えてないけど)気が付けばもう消灯。

源治さんと敏光さん
敏光さん

金曜日
翌朝は快晴の仙台に着き、走りにくい街中を抜け昼頃菅生サーキットのモトクロス場に着きました。
金曜日の今日は受付と車検の日なので、各メーカーではテントやパドックの設営を行っているだけでのんびりとした空気が流れています。
着くなり、敏光さんはやり残していた仕事を始めました。その他、時間がある金曜日にライダーの取材とかコマゴマしたものを行うそうです。

菅生のプレスルーム 無線LAN完備
プレスルーム


僕は何もすることがないのでブラブラするだけです。コースを見るといくつかのチームが下見をしています。僕も菅生のコースを歩いてみます。スタート地点は、ユンボで耕すという表現が当てはまるほど掘り起こしてその後に散水しています。
2コーナーを曲がった後には「えっ、あれ登るの?」というような「大坂」が立ちはだかっています。カチカチの斜面にはタイヤのブラックマークが黒々と付いています。ホント歩いて登るだけでも大変です。

大坂
菅生

コーナーコーナーではライダー達が本番を想定してどんなラインを通るか入念に下見しています。コース全周ブルが入っているので少々歩きづらいですが、コース幅も広く、アップダウンも激しく、またかなりスピードが出そうで明日のレースが楽しみです。

夕方FMXの人たちの練習がありました。いったいどうやって着地するんでしょうか
FMX.jpg

夜は敏光さんの知り合いのパドックにお邪魔して暖かい鍋をご馳走になりました(ゴッチです)。

予選日
さあ今日からレースが始まりました。朝早くからブァンブァンブァンとエンジン音が響きます。天気は曇り・・・。ちと肌寒いです。いつの間にかパドックはトランポでびっしり埋まっていました。
朝一から敏光さんは取材に出かけました。僕も撮影開始。といってもパドックをブラブラするだけですが。やはりワークスマシンはピカピカでとても美しいですね。ついつい写真を撮ってしまいます。

各クラスの予選ヒートが行われ、特にIA1の新井選手がとても速く、小島庸平選手にピッタリつけて自滅させ、さらに成田選手も煽るほどで土曜日の話題の的でした。
土曜日のスケジュールが終わるとワークスのパドックはガラガラと店を閉じてホテルへと帰っていきました。プレスの方々はプレスルームにてMFJとのミーティングが長々とありました。

その後ひと仕事終えた数人のプレスの人たちと温泉&夕食!菅生から30分程走ったYOU GOT A ONSENに行きました。いえ、遠刈田温泉だそうです。英語の温泉かと思いました。熱うございました。
そして居酒屋!確実な運転手がいるので安心して飲めます。そしてMXINGの木田さんお奨めの「タラの芽の天ぷら」が出てきました。
でかっ!想像を遥かに上回るその大きさと量!サクサクとした天ぷらの奥から淡~い新芽の味が湧き上がってきます。その他のメニューも巨大&ウメー。

タラの芽の天ぷらx3人分
タラの芽

やっぱり話すのはモトクロスのこと。「今日の新井はヤバかった」「タカセが本気出した」「カツヤ速過ぎ」などなど。みんな酔いが回ってくるとモトクロス界の未来や業界の現状など色んな話が飛び出します。
まあ、バカ話が殆どでしたが。

満足して店の外に出ると、夕方霧雨だったのが小雨に変わっていました。明日のレースはどうなるのかな。

決勝日
雨は小雨で降り続いていました。気温も低くて寒い!パドックは昨日以上の喧騒で、フリー走行を走り終えたバイクがすぐさま洗車場で洗われています。
この寒い中観客もたくさんやってきました。ワークスが陣取るパドックの一等地にカッパを着て、各ブースで貰った赤や青の旗が背中のザックから飛び出ています。
そしてメーカーのキャンペーンガールの皆さんも登場!!!!やっぱり彼女達がいると会場は一気に華やかになります。

やっぱり彼女らがいないと
CG3.jpg

雨は少しづつ小降りになってきているようで、レースはマディになることもなく、いや最高のグリップ状態に落ち着いてきました。IA1もIA2も序盤動きはあったけどそれ以後は変化の無いレースになりました。レディースクラスは1周目からトップを走り続けた益春菜選手をいつものようにスタートで出遅れた鈴木沙耶選手が猛烈に追い上げ、ラストラップの、残り1/3周で抜き去りました。
鈴木選手スゴすぎ。まるで横綱相撲見ているようです・・・あっ、変な意味はありませんよ。

IA2小島タクマ選手は安定して速かった。転倒なければ・・・
935.jpg


土曜日の話題をさらった新井選手
331.jpg


でもやっぱり成田選手は速かった
1.jpg

IAとIBに北海道から源治さんのチームの2人が来ていました。彼らが乗るバイクはKTM。まだまだ台数は少ないけれどオレンジ色のバイクはとても目立ってます。IBのタクヤは常に上位を走り、今回もIB2クラスでトップグループを走行!4週目くらいに一気に勝負をしかけた下りの左コーナーで痛恨のスリップダウン!あ~あと声が出ました。
IBオープンではスタートに出遅れて最後尾。しかしどんどん追い上げて結果7位!速さが成績に結びつかないようです。しかし他のライダーとは違った、まるでエバーツのようなライデイングを見せる彼が優勝するのはもうすぐでしょう。

イケメンタクヤ
タクヤ

IA2のマサキは予選転倒→鎖骨ポキッで終了でした。
カツヤ


すべてのレースが終わるともう皆一斉に撤収です。パドックが大きいワースクですが慣れて手際がいいのか人が多いのかどんどん片付いていきます。しかしここから始まるのがプレスの方々。
撮った数千枚の写真をパソコンにダウンロードし、ピックアップして、レース中につけていたメモ読み返し、インタビューのレコーダーを聞き返して原稿にしていきます。
書くとたった2行だけどここまで終えるのに朝までかかります。朝ですよ!徹夜ですよ!数人の方が朝日を迎えました。僕はプレスルームの片隅で寝袋でスヤスヤと寝ていましたが。

月曜日
晴れました。皮肉なものでレースの土日だけ雨が降ったようです。仙台に戻った後は僕は友人と会って牛タン、フカヒレ、カキを食べてきました。でも観光客向けの店だったようで、お試しできる価格設定とそれなりの味でした。←モトクロスとはまったく関係無し

フカヒレラーメンと牛タン丼とカキコロッケバーガー
牛タン丼


夕方仙台港から苫小牧行きのフェリーに乗り込みます。風呂から上ればやっぱりプシュ!なんか飲んでばっかり。翌朝快晴の苫小牧に着きました。

プレスの方々はレースだけでなくてその前後も含めて大変なんだなと思いました。レース中は重たいカメラを肩に下げ、尚且つレースの進行もメモらないといけないし(僕は写真撮っているときは順位はまったくワカリマセン。月曜日にホームページで知ります)、しかも日曜の夜は徹夜が当たり前なんて・・・。
好きじゃないとやってられないと思いました。

レースの翌日にインターネットで結果を見られるのはみんなプレスの方々の徹夜のおかげです。
プレスの皆さんいい記事をたくさん書いてくださいませ←他力本願

写真はホームページにアップ予定←あくまで予定?←やっとアップしました。

| モトクロス | 01:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

驚愕のオートフォーカス

ガルルカップエンデューロの写真はコチラ

去年の秋にキャノンEOS40Dを買った。初めてのデジタル一眼レフ。
今はこのカメラに慣れるために機会があればレースなどに赴き、バシバシ撮って練習中だ。

この間栗丘で行われたガルルカップエンデューロレースに行ってバシバシ撮った。
パソコンでピクセル等倍に拡大して写り具合を確認すると、殆どが失敗作だが(泣)僅かに残ったまともな写真の中に1枚スゴイのがあった。←自分でいうな

EOS40DはAFフレームが9個あってそれは全部有効にしたり任意の1個を選択したり出来る。
しかも一度合わせたら被写体が移動していてもずっとピントを合わせ続けてくれる頭の良さ!
走ってくるライダーを縦位置で大写しで撮る為に、端の1個を選択してそれをライダーのヘルメットに合うように狙って(厳密にはゴーグル。気持ちはその奥の目)撮影していた。

ライダーを強調するために被写界深度をかなり狭める設定にしていたのだが、走っているライダーを流し撮りしているにもかかわらず、ゴーグルの奥の目にピントが合っているのだ!

トリミング無し
スケテツさん
こちらがアップ写真
IMG_1787_2.jpg


凄すぎる。まるで自分の腕が上達したのではと勘違いしてしまいそうだ。←バイクと一緒

今週末は菅生に全日本モトクロスを見に行ってきます!
(夕張は日程が変わらなかったら行ってたけど←残念)

| 写真ネタ | 09:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜並木

静内に行って来た。
ここには全国的に有名な直線7キロの桜並木がある。
例年5月の連休後に桜が満開になるのだが今年は春の訪れが早く、連休中に満開になってしまった。
ということは周辺は大渋滞必至なので今日行って来た。

テレビのニュースで4日前に満開になったそうだが一昨日は風雨が強かったのでかなり散ってしまっていた。
桜並木は茶色く、所々に白い桜が咲いているが、残っているのは一割ぐらいだろうか。遅かった・・・・。

静内
ちょっと寂しい桜並木

二十間桜並木ならぬ二十間葉桜並木だ。町の桜まつり自体は5/11まで開催されるがその頃にはもう何も残っていないだろう。
そんな寂しい桜だが平日にもかかわらず結構な客がいた。大型バスもやってくる。団体の多くは中国人グループだった。
桜
やっぱりキレイ

車からMTBを降ろしてのんびりと自転車道を走る。青空と緑の牧場と競走馬。やはりこの日高地方は外国のような雰囲気がある。まるで映画「シービスケット」の世界だ。
道端の草地ではお弁当を広げている人たちが多い。

露店が集まっている一画を覗くと「ギョロッケ」があった。知ってはいたがいつも行列だったのでまだ食べたことはなかった。1個200円也。僕も道端でコンビニ弁当と共にお昼にする。
表面サクッ中はプリプリでうまい!ギョロッケは魚のすり身をフライにしたもので、薩摩揚げのフライという感じだ。鮭ザンギも買った。北海道は鳥の唐揚げのことをザンギという。
まるで鶏肉みたいな味。しかし後味はやっぱり鮭だった。
ギョロッケ
左が鮭ザンギ、右がギョロッケ

ちょっと物足りなさを残しつつ桜並木を後にする。しかし今日の目的はこれだけではないのだ。
日高地方は全国一のサラブレッドの産地。そして春は出産のシーズンなので牧場にはかわいい仔馬がたくさんいるのだ。
広々とした牧場で草を食む親馬の周りを体高1メートルくらいの仔馬が元気に走り回っている。
おーおー、かわいいなー。萌え~。
仔馬

思わずバシャバシャと写真を撮ってしまう。風が強くカメラがぐらぐらと揺れてしまうので少しでも風の影響を少なくするためレンズのフードを外し、牧場の柵の上にカメラをのっける。簡易手ブレ補正だ。
気が付くと130枚・・・。恐ろしやデジタル一眼。

んで、気に入ったのは2枚・・・・・・orz。

| 未分類 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガルルカップエンデューロ

追記 ガルルカップ第1戦の写真をホームページにアップしました。

昨日は栗丘で行われたガルルカップに撮影に行ってきました。
家を出たのは午前9時。ガルルカップはスケジュールがのんびりしているので楽です。まだ値上がりしていないガソリンスタンドがあったのでとりあえず満タンにして栗丘を目指します。栗丘自走
おわー、なんとセロー250で自走してレースに参加です。
もしバイクが壊れたらどうするんでしょうか。僕も昔はやってましたが。

その栗丘ライディングパークは白く霞んでいました。ええ、ホコリです。
まともに目も開けてられません。凄まじいホコリと風で車は真っ白、バイクも真っ白、ライダーも真っ白です。おまけに観客まで真っ白です。散水しててもまったく追いつきません。栗丘スタート2
スタートを待つライダー達

レースは予定を30分程過ぎてスタート。たくさんのライダーが一斉に走り出すともう何も見えません。
こんなところで写真を撮ったらカメラもホコリだらけになるので林の中に避難。栗丘スタート
スタートだけは散水してあります。

ふう、やっと落ち着いて撮影できます。
写真を撮って、移動して、また撮ってを繰り返します。瞬間を切り取る狩人になった気分(笑)。
撮ったらすぐカメラをホコリがかからないようにジャケットの内側に隠します。それでもカメラはだんだん茶色になってくるけど(泣)。
栗丘林
栗丘林2


1時間ほどして車に戻って休憩。撮影しているだけでも大変なのにライダーはもっと大変だろうな。肺のフィルターは詰まらんかいな。
栗丘ホコリ
フカフカのホコリ。他の写真と全く色が違う(笑)

昼飯食べてまた撮影再開しようと思ったけどあまりのホコリにうんざりし、用事があったこともあり早めに切り上げました。ライダーの皆さん頑張ってください。←薄情

朝入れたスタンドでまたガソリンを入れておこうと思ったらもう値上がりしていました・・・。

んで、早速撮った写真を見てみた。 ん・・・・当たりもあるけど、外ればっかり。
撮った数は350枚!デジタルデータだから枚とはいわないか?
実質1.5時間で350枚だなんて以前は考えられなかった数字です。
全日本モトクロスを土日で見に行って、36枚撮りフィルムを土曜5本、日曜5本ぐらいが精一杯で、それでも現像の時には1万円近いお金が飛んでいきました。
それで写りが良ければいいけど、ピンボケやブレブレの写真だった日には・・・・orz。
デジタルは便利ね。でもバシバシ撮れる分、一枚一枚がなんか希薄になっているような気がするのは僕だけでしょうか。
今回は350枚中気に入ったのは3枚ほど。
なんと成功率0.9%!言い換えれば失敗率99.1%!
ホント下手な鉄砲も数打ちゃ当たる・・・って殆ど当たってないんですけど。

そんな写真は近日公開!期待はしないでください。

↑公開しました。

| エンデューロ | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の林道

今日は昨日以上の晴れ!なので当然バイクに乗ってきた。

今日は家からバイクで出発し、近場の林道を目指した。
ガソリンを入れたいなーと思いつつ走っていると、んん!リッター131円!のガソリンスタンド発見!他は軒並み160円/L近い値段が付いているのにここはまだ値上がりしていなかった。
「ハイオク満タンお願いします」
ガソリンを入れてくれたお姉ちゃんに
「いつまでこの価格なの?」
「ん~、もう、もうすぐ変わります・・・」どうやらスタンドのタンクが空になるのは時間の問題のようだ。しかしガソリン税復活と同時にすぐに価格を上げたスタンドが多い中でこんな良心的なスタンドがあるとは。苫小牧市の糸井近くのエネオスです。

海沿いは空気が冷たかったが山に向かうと暖かくなった。青空と新緑の林道を気持ちよく走る。
飛ばしてもゆっくり走っても楽しい。
緑の山の中にチラホラとピンク色の山桜が見える。
川のせせらぎの音が心地いい。魚もいそうだ。今度は釣り竿持って走りに来よう。
春になって熊が出てくる可能性があるのでちょっと多めにエンジンを吹かしながら走る。春の林道


路面には一台のバイクの跡があった。「へー珍しいな。しかもトレールタイヤだなんて・・・」「何?トレールタイヤ!それってこのバイクのタイヤじゃん!」
迷った・・・・・・。
同じところを走っているらしい。さっきの分岐からすでに30キロは走ってるぞ。ヘタすると山の中でガス欠するかも?しかも道端には鹿の足の骨なんて落ちてるし。
鹿の足

慎重に自分のバイクのタイヤの跡を後戻りする。景色を見ると方角は合ってるようだ。やっと見覚えがある所に出るとほっとした。
林道を走り抜けると白老の郊外に出た。
ここで休憩しよう。

ここから雪が見える遠くの峠へ行くと帰るのにかなりの遠回りになるな。白老の町に出て舗装路で帰ってもつまらないので今来た林道をまた引き返すことにした。春の林道2

ただしガソリンが少なくなったのでかなりゆっくり、景色を見ながら走って、家に戻ってきた。

全走行距離100キロの内70キロがダートの手頃な林道ツーリングでした。
どお?本州に住んでるアナタ、北海道はダートもたくさんあるデヨ。

| ツーリング | 00:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のパノラマライン

連休の北海道は晴れマークが多かった。
札幌や内陸部では20℃、25℃なんていっているが僕が住む太平洋側ではイマイチ天気がスッキリせず気温も10℃くらいで肌寒いのであまり出掛ける気にならない。
しかし連休をバイク整備にだけ使うのはもったいない!
ので冬季通行止めが解除されたばかりのニセコパノラマラインへ行って来た。

出発時はやはり薄曇で肌寒かったがニセコ20℃という天気予報を信じて、
バイクを車に積んで出発←ヘタレ。

ニセコの道の駅でバイクを降ろしているとおお、汗ばんできた。海側とまったく違うな。
引きつりつつ値上がったばかりのガソリンを入れて、ニセコの素晴らしい景色の中を走り出す。
山にはまだたくさんの雪が残っているが下界はもう緑一色だ。
春の羊蹄山

あー気持ちえ~!やっぱ北海道はヨカ!
おっ桜が咲いてる。今年初めて見た。春が来たことをようやく実感。

パノラマライン
パノラマラインは冬季通行止め解除されたばかりなので当然道路以外にはたくさん雪が残っているが日本海から吹く風は暖かかった。
山に残る茶色く汚れた雪に、まるで消滅する雪を惜しむように真新しいスキーの跡が見える。
爽快にパノラマラインを走った後は羊蹄山が見える公園で桜を見ながら昼食。
そしてまた車に戻りバイクを積んで帰って来た。

休みも残り少なくなってきた。明日はどこへ行こうかな。

| ツーリング | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。