| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7D試し撮り

たまたま市内の体育館でバスケットボールの試合があるということで写真撮りに行ってきた。

想像はしていたがやっぱり体育館は暗かった。
IMG_0565.jpg

速い動きのバスケットボールを撮るには速いシャッタースピードで撮りたい。
ああ、でもF2.8のレンズを使ってもスローシャッターしか切れない。
仕方なくISO感度を上げていったら6400!
当然黒いところはノイズ出まくりw
もう画質は諦めるしかない。
IMG_0686.jpg

IMG_0777.jpg

IMG_0814.jpg

AFエリアもどれを使えばいいかイマイチ分からんし、やっぱりフィールドが違うと難しいね!
いい刺激になりました。



スポンサーサイト

| 写真ネタ | 22:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CFカード

IMG_4576.jpg

カメラがEOS 40D から 7D に変わったことで写真1枚当たりの画素数が1200万から1800万にパワーアップした。
で、今まで使っていたCFカードでは撮れる数が激減してしまった。
40Dでは2ギガのカードで500枚強撮れていたが(ISO100のJPEGのみ)7Dでは300枚も撮れない。
一日撮影すると1000枚近く撮っていたので2ギガ2枚で足りていたのだが、このままではまったく足らない。

で、アマゾンでポチッた。
IMG_45760.jpg
これで8500枚近く撮れることになる。

これだけあればもう秒8コマの連写で撮りまくっても無くなる心配はないだろう。
ただ撮った写真のチェックが大変になるw



驚いたことに3年前に買った2ギガのカードと、
この間買った32ギガの値段が同じだった。
アマゾン凄いわw

カードがイカれないことを祈る…

| 写真ネタ | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

買っちゃいました♪

最初出た時はふーんくらいにしか思ってなくて、今のEOS40Dでいいやと思っていたけど、
これでもか、これでもかと詰め込まれた新機能を知るにつれ急速に頭の中を占め始めた。
「こりゃすごい…」

近々新型が出るらしく価格も大きく下がり最初の半値以下!!
もう我慢できんw
IMG_6764.jpg
(レンズは付いてません)

さあこれでまたバシバシ撮るぞ~!
まずは300ページ近い取り扱い説明書を読まなきゃw


結局最後は撮る人次第なんだけどね。

| 写真ネタ | 13:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デジイチ好みのコンデジ

去年の秋にニコンのコンデジを買いました。
これで3台持ち。いや、カメラって知らない間に増えるんですw
その前はフジの300万画素。スマートメディア!
IMG_6183.jpg
(写真はすべてクリックで拡大)


5年前に一番奥のオリンパスミュー 29800円
10メートル防水で耐衝撃なので天気や場所を気にする必要が無く、ツーリングライダー御用達なカメラだった。
しかし800万画素だし写りももやっとしているので単なる記録用として使っていた。
シャッター押してから写るまでのタイムラグも大きく止まったものしか撮れないし。
P5010104.jpg
こんなツーリングの時には便利
P7080122.jpg
この穴にカメラを突っ込んで水中のオオサンショウの卵が撮れた!
P7080123.jpg



1年前にソニーのサイバーショット 1万円ちょっと
新しいコンデジが欲しいなと物色していたところカメラ屋さんに型遅れ?で1万円くらいで売ってた。
これって半年前には3万以上だったような…?で、即買い。
さすがに新しい上に1600万画素は細部までくっきり写る!
まるでガラス越しだった視界が窓を開放したようなすっきりさ!
DSC00734.jpg
DSC00897.jpg

ただ、新しいだけあって(おせっかい)撮影モードがたくさんあり、それをいちいち呼び出すのがかなり面倒。
早く言えば細かい設定を変えたい時にやりづらいのだ。
完全おまかせモードにしとけばシャッターさえ押せば(予想以上に)キレイに写るのだが、
普段デジイチを使っている身としては写真撮ったという実感がまるでない。


それで去年の秋にニコンのP310ですよ。1万8000円くらい
いいなあと思ってたけど3万5000円くらいしてたのでスルーしてた。
そしたら新型が出るということで値段が半額近くまで下がったので買いました。
モードはシンプルで
絞り優先、 シャッタースピード優先、 マニュアル。あと、シーン別オート。
デジイチ使っている人は撮る時に絞りとシャッタースピードの組み合わせしか考えないから
ダイヤルもシンプルでイイ!
IMG_6186.jpg
しかもレンズはf1.8なんていうとても明るいのが付いている(広角側)。
少々暗くても大丈夫そう。
そしてf1.8レンズが作り出すボケもイイ。
DSCN0342.jpg
なんとマニュアルフォーカスまであるのでピント合わせはカメラ任せではなく、
自分で確認して撮れるので接写も安心。
これなら登山の時に大きく重い一眼レフ持っていかなくていいじゃないか。
DSCN0084.jpg
これはイイゾ!
仕上がり具合がなんかすっきりしてなかったので(ニコンの味?)
少しカチッとなるように補正したら好みになった。
思ったより大きくてポケットの中で嵩張るのと、防水じゃないのが気を遣うところだが
これからガンガン使っていこう。

カメラは次から次に新製品が出てくる。値段の下がり方もハンパない。
このP310も1万円切るか?店頭から消えるか?
買うタイミングが難しいw

今カメラ界はミラーレスモデルがたくさん出てきた。
撮像素子がデジイチと同じAPS-Cサイズで、レンズも同じものが使えるので写りはデジイチと同じだ。
見た目には大きなレンズにタバコの箱がくっ付いている感じ。
でもそれって結局ポケットには入らないじゃん。
値段もデジイチと変わりない。
んじゃもう「写真を撮る事」に徹したデジイチ買った方がよくない?

と思うのでした。





| 写真ネタ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超望遠レンズ・・・

IMG_2120_20120122163101.jpg


オジロワシと鶴のエサを巡ってのバトルが見られる、釧路郊外の「鶴センター」。
ここにはその戦いを撮ろうと多くのカメラマンが超望遠レンズを担いで集まってくる。
着いた時には同じ宿に泊まっていたプロカメラマンの人が
大砲みたいなレンズをゴツイ三脚に装着してその時を待っていた。
EOS1D+EF500mmF4x1.4倍テレコンバーター=約700mm!
でかっ!レンズだけで100万エン! 総額で・・・車が買えるwww
IMG_2121_20120122163153.jpg


今回、僕は張り切って望遠レンズを持ってきたはいいけれどファインダー覗いてみてガックリ。
IMG_2379444.jpg
200mmでは全然足りない(35mm換算では300mm)。

「ちょっと覗かせてください」
30m先にいるエサを食んでいる鶴はどのくらいの大きさに見えるのだろう。
彼は「自分のカメラを装着してごらん」とレンズからEOS1Dを取り外して僕のEOS40Dをカポカポンッと装着してくれた。
35mmフルサイズCCDのEOS1Dと違ってEOS40Dは一回り小さいAPS-CサイズのCCDなので
画角は35mmサイズの1.5倍になる。
ということは700mmx1.5倍=1050mm!!!!
IMG_2061.jpg
大きい!鶴がフレームからはみ出さんばかりに大きく写る。
鶴の表情が読めそうだ。

ピクセル等倍にしてみるとこんだけ違う。
200mm(35mm換算300mm)
IMG_237922.jpg

700mm(35mm換算1050mm)
IMG_211622.jpg

ファインダー明るいし、ピント合うのも速いし、被写体がくっきりしてる。
特殊な雲台が着いた三脚は飛んでくる鶴も自在に追うことができる。
これだけ機材がすごいと当然重量もかなりのものになり、カメラを載せる三脚も
その重量に見合った大きくてガッシリとしたものになる。
三脚と雲台(三脚とカメラを繋ぐ部分)だけで原付バイクが買える・・・

殆どはアマチュアカメラマンですか・・・みんなスゲエエエエエよ!
IMG_2127.jpg


最高機材に触れてちょっと欲しくなってしまった鶴センターでした。
ヤバイヤバイヤバイヤバイ・・・ムリムリムリムリ・・・


| 写真ネタ | 16:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lの世界

key-visual_20100809234934.jpg
僕は今主に↑のレンズを使っています。以前から欲しかったので目をつぶってヤフオクでポチッた物です。
このレンズの写りは素晴らしく、友人からは白レンズってそんなにいいの?と聞かれることも多いです。
言葉で「良かです!」と言ってもいまいち伝わらないので記事にしました。
下の黒いレンズはボディをを買った時に付いていたキットレンズ。
「L」の文字が付くか付かないかで値段はかなり違うけどこの写り具合を比較してみます。
key-visual2.jpg

今年の4月に行われたHOPフリーライド。
偶然に同じようなカットをそれぞれのレンズで撮ってました。
まずは黒い方。
被写体はBTMの春木編集長。
ピントもバッチリ合ってよく撮れています。
IMG_0497_20100810000234.jpg
しかしこれを大きく拡大してみると、なんかモヤッとした感じになりました。
ヘルメットに貼られた名前のステッカーは文字がつぶれています。
IMG_049700_20100810000233.jpg

そんでLレンズ。
よくぞ同じような写真を撮ったもんだww
カチッとした雰囲気になりました。
IMG_4810_20100810000234.jpg
そんでこっちも拡大してみると・・・!
もう隅々までピントが合ってます!
名前のステッカーもくっきりだし、それが破けてるのも分かりますww
IMG_481000_20100810000233.jpg
さすがLレンズ!
分かって頂けましたかね?
まあこれだけアップすることは普通ないし、安いレンズでも充分にキレイに写ります。
その微妙な差に4倍ものお金を出すか・・・?

ついでに他の写真も・・・
特別ゲストの田中太一選手。いやー走りも凄かった!
IMG_4769_20100810001609.jpg
んで拡大してみると・・・
グローブの右手の親指破けてるやん!
IMG_476900_20100810001609.jpg


でもね、やっぱり大口径レンズのボケの大きさと画像のシャープさが造り出す
「時間が止まった」雰囲気が好きなんです。
IMG_8999.jpg



「その場の空気まで写るレンズ」・・・価値あり!と思います。
買って良かったです。

| 写真ネタ | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陽炎(かげろう)

2008年の12月号のフリーライドマガジンを見ていた。
記事には三橋淳が新型フサベルに楽しそうに乗っている写真があった。
小さなバンクでベタ寝かし&フロントアップ!僕はその写真を見て驚いた!
彼の走りもスゴイが、僕が驚いたのはフサベルの排気ガスが写真に写っていたことだ。
排気ガスだけではない。なんとシュラウドの排出口からラジエターの熱気がゆらゆらと吐き出されているのだ。
その写真からは、三橋淳がフサベルのエンジンをブン回し、エンジンがチリチリにヒートしている姿が生々しく想像出来た。こんなものが写るのか・・・。当然2ストの白煙とは全く違う。
撮ってみたい。しかしどうやれば撮れるのか?

佐藤敏光カメラマン聞いてみた。
「排気ガスって写るんですか?」
「・・・写るよ。目に見えるんだったら写真にも写るよ」
と彼はニコニコして答えた。
「色々試してごらん」
まるで雲を掴むような話だ・・・。

季節は初冬。北海道はもうバイクシーズンが終わっていた。
しかし冬はスノーモービルのレースがある。
豪快な走りをするスノーモービルの後姿を狙って撮ってみたが、背景が雪だと写っているのかいないのか分からなかった。
季節は春になり、バイクシーズンがやって来た。そしてこの間のHOPフリーライド。
400枚ほど撮って、いつものようにピクセル等倍で写り具合を確認していたら、!!! 
これは!この陽炎のようなゆらゆらは排気ガスじゃないのか?
伊藤さん
伊藤さん2

他の写真にもかすかにそれらしいものが写っている。他に?他にはないのか?
去年の夏和寒で行われた全日本モトクロスの写真を見てみた。
1000枚近く撮った中に3枚ほど写っていた。
narita.jpg
narita2.jpg
suda.jpg
suda2.jpg

カメラの優秀性と白レンズの描写力に驚いた!
しかし排気ガスが写るにはいくつかの条件が必要なようだ。
だからどうしたと言われればそれまでだが、写真オタクには重要なのだ。
偶然の産物だったが、今年は狙ってみよう。

最後に今入院中らしい林さんが早く回復するようカコイイ写真を・・・
林さん
林さん2

| 写真ネタ | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/100の失敗

HOPフリーライドの写真です。 http://picasaweb.google.co.jp/ezomox

HOPフリーライド。
僕は参加しつつも「みんなの熱い走りを撮るんだ!」と走行の合間を縫って撮影もしていました。

普通僕は望遠ズームを効かして被写体の前後をぼかし、そしてシャッタースピードは1/500秒で被写体を止めるという感じで撮っています。
ライダーの目を写したいので正面からというのが多いですが、そればっかりだとワンパターンになるので、スピード感が出るように横に走るバイクを流し撮りでも撮りました。
流し撮りなら背景はより流れた方が効果的なのでシャッタースピードは1/100秒まで遅くセット。
それでいくつか撮ったけどイマイチだったのでまた正面から撮りました。

1/100秒 F16 ISO100 黒執事は速かった
流し撮り

そしてしばらくしてから「ハッ!」と気付きました。
「シャッタースピードを元に戻すのを忘れてた・・・。
約100枚がパアになりました。

その失敗例 
1/100秒 F10 ISO100 ブレブレですね。情けな。
1_100.jpg

そして1/500秒に戻して撮った写真 アベさん、カッコヨス。
1/500秒 F5 ISO100
1_500.jpg
写真がビシッと安定します。

「イカンなあ~」と思いつつもこの失敗、よくやらかすんです。
オートフォーカスのスイッチを切ったまま撮っていたり
とんでもない露出設定になっていたり
ISO感度間違ったり
AFモード間違ったり
カメラのバッテリーの充電忘れたり、etc

ただ、ブレブレの写真でも偶然にライダーの顔にピントが合った時は不思議な写真になります。
狙って撮れればいいけど、これはマグレ100%

1/100秒 F11 ISO100 フッキーさん、パネェ!
流し撮り2

熱いライダーの走りや恍惚の時間は戻りません。
瞬間は一期一会。
もっともっと注意して撮らなきゃと思ったフリーライドの日でした。



| 写真ネタ | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイスピードシンクロ

この間の日曜日、海沿いのモトクロスコースに行ってきました。
砂のコースは難しいけどとても楽しく、調子に乗って走っていたら3速全開で宙を舞いました。
痛かったです。そんなことはどうでもいいです。

バイクで走るだけじゃなくていつものように一眼レフカメラを持って行きました。
それとこの間買ったスピードライト。昼の撮影にストロボを使用してみました。

普通はストロボを使うシンクロ撮影時はシャッター速度はカメラによって
1/125秒とか1/250秒に設定されています。
それ以上速くすると写真の下半分が光が当たらなくて暗かったりと失敗写真になります。
ところが!この間買ったストロボはもっともっと速いシャッタースピードでもちゃんと写るそうです。
普通の発光は一瞬だけど、断続的に光るパルス発光なんてのをやるらしいです。
んで試してみました。

快晴の昼間、逆光気味。普通に撮ればこんな風になります。まあ、見た目通りの写り具合です。
1/500秒 F9.0 ISO400 ストロボ無し
IMG_5492.jpg

そしてこちらが「ハイスピードシンクロ」。
1/500秒でもちゃんと画面全部にストロボの光が届いています。
1/500秒 F8.0 ISO400 ハイスピードシンクロ
IMG_5484.jpg

普通明るい日中で1/250秒だと、適正露出で撮る為に絞りはかなり小さくなります。
すると当然被写界深度は深~くなり、写真の手前からずっと奥までピントが合ってしまいます。
それはそれでいいんですが、被写体の前後をボカして強調したい時には使えません。
これを使えばシャッタースピードは速くして被写体をビシッと止め、
絞りは大きく開いてボケも使えます。
ただストロボの光が届く距離がかなり短くなるのでもっともっと
バイクに近寄らなきゃならないけど・・・。
その他に逆光で人物の顔が黒くつぶれる時でも絞りを開けたまま
ストロボを光らせることが出来ます。
問題を一気に解決する製品があったんですね。
スゴイストロボだ・・・。え?常識?知らんかった。


これは、また写真の表現が広がるぞ・・・。←妄想

| 写真ネタ | 11:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘い冷奴

買っちゃいました。スピードライト。いわゆるストロボです。

スピードライト

RUNARUNAさんが最近スピードライトを買って写真が激変したのに触発され、
負けてはおれん!と買っちゃいました。
光量を表すガイドナンバーは43!
今まで使っていたカメラ内蔵ストロボはガイドナンバー13でした。
これはかなり強力・・・!
しかしデカイです。頭でっかちで予想外に重たいです。電池を入れるとさらに助長―。
んで、チーズケーキがあったので早速撮ってみました。

まずはストロボ無し 1/8 F10 ISO640
チーズケーキ2

ストロボ直射 1/250 F10 ISO640
チーズケーキ

天井に光を反射させたバウンス撮影 1/60 F5.6 ISO640
チーズケーキ3

まったく写真の質が変わりました。
これは物撮りも楽しくなる予感。

もっともっと撮るゾ~!

なんか冷奴みたいに見えるのは撮り手がヘタクソなだけです。
このチーズケーキ自体はまるで泡みたいにフワっとしていてしつこくなく、
そして上にかけるハスカップソースの酸味がアクセントになっていてすごくおいしいです。
「食わず嫌い王」にも出たそうな・・・。
ご近所のブログで盛り上がったこのスイーツ、千歳空港で売っているのを発見して手に入れました。
1個だけ欲しかったけど売っているのは3個セットのみ。1365円・・・。
スイーツって高いのね・・・。
一気食いは止めときました。

チーズケーキ4

| 写真ネタ | 10:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。